【PPS】結婚相手を選ぶなら、容姿だけでなく、排泄時に表れる『本性』を確認するべきである【arakiさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
ここをご覧の皆さんは、相当な『盗撮』についてのリテラシーを備えているでしょうが、
時として、そのせいで生きづらく感じたりすることはありませんか?
恐らく出先のトイレでオナニーする時は、亀の有無を確認するでしょうし、
電車で対面から向けられたスマホに、被害妄想を膨らませることもあるでしょう。

実は先日、こんなことがあったのです。
とある銭湯で、拙者が体を洗っていた時のこと、一人の男が拙者の隣に座りました。
おかしいなと思ったのはその時、他の洗い場がガラガラであったにもかかわらず
男があえて、拙者の隣の席を利用し始めたということです。

そしてその持ち物には、意味深な『カゴ』が・・・
無論、シャンプーや洗顔料などの入った、どこにでもあるような物なのですが、
ひょっとするとひょっとして、その隙間から、あらぬモノが覗いていたり・・・
頭を洗うフリをしながら、さりげなくその辺りを睨みつけていると、
さっとカゴに手をやり、方向を変える、その男。

これは普段、街で鳥師を見掛けるのとはワケが違います。
なにせ自らのあられもない姿が、記録に収められている恐れがあるのですから。
しかもこのご時世、それが『個人的な趣味』に止まる保証はどこにもなく、
幾年かの“熟成”を経た後などに、広く公衆にばら撒かれる危険もあります
こんなおっさんの汚らしい裸体など、需要が無いようでありながら、
意外とそうでもないことを、拙者は誰よりも良く知っています。

 
ここで捕まえなければ、取り返しのつかないことになってしまう。
心なしか、男が挙動不審になったようにも感じられました。
しかし「そのカゴ見せてもらえますか?」などと言う勇気は毛頭ない。
逆上されたら怖いですし、もちろん空振りする恐れだってあるわけです。
であればと、拙者は男の前から早々に立ち去ったのですが・・・

 
なんとなく、『される側』の心理が分かった気がします。
皆さんは普段、何気なく対象にまとわりついているのでしょうが、
彼女達の側からしてみれば、それはもう気味の悪いものに違いありません。
そして最善にして唯一の選択として、『立ち去る』ことを選ばざるを得ない。
皆さんが「どうせ大丈夫だろ」なんて、鼻歌を奏でている裏では、
きっとえも言えぬ緊張や、焦燥を抱かれているものなんですよ。
反省してください。

 
さて。水曜日はトイレの日。と言うことで、
今夜はPremierPeepSelectionより、arakiさんの最新作をレビューします。


今冬最後の傑作になりそうです。美女10名のマンホール参拝

収録時間:30分38秒
収録人数:10名

 
こちらはトイレ界の期待の星・arakiさんが、先週末に出された作品。
かつての鳥師の良い部分を踏襲しつつ、より高い次元へと昇華させている、
トイレ界のクリ●ネとも言うべき方で、マニアの注目を独占されています。
商品解説文によれば、氏はあまり多くの作品を出されないようですが、
クオリティの低いものを乱発されるより、むしろ好感が持てます。

 
(過去記事)当サイトのarakiさんのレビュー一覧は、こちら

 
本作も、どこぞの若い女子ばかりが利用する厠より、10名を収録。
いずれもarakiさんの審査をクリアした、高いレベルをキープしていますが、
今夜はその中から、拙者の琴線に響いたシーンを3名分、ご紹介します。

 

8人目 インスタ映えJD

やはり本作を語る上で、彼女は外せない存在となるでしょう。
サムネにも掲げられており、事実上今回の最注目株となるであろうモデルです。
こうした着飾っていて、女子力が高そうで、値段も高そうな御令嬢の、
エッグい和式排泄が見られるのですから、良い時代に生まれたものですよね。

顔撮りはこの通り、個室上の隙間から、大満足の20秒超収められており、
こうした勤勉さこそが、arakiさんが人気を博している所以と言えるでしょう
髪もメイクもバッチリ決めて、この後は楽しみなデートの予定でもあるのか、
それとも、太パパにショッピングにでも連れて行ってもらうのでしょうかねぇ。

 

しかしいくら彼氏だろうと、彼女のために何十万と注ぎ込んだ太パパだろうと、
こうして排泄シーンに立ち会うことなど、まずもって許されないでしょう。
決して風俗店勤務などとは縁がないであろう、温室育ちとも言えそうな彼女が、
今、窃視癖を患ったマニアだけに、その恥部を披露してくれるのです。

 

まずは手撮りのスマホによって、降下するアワビをナイスキャッチ。
ほう・・・なんだか彼女、顔面だけを見るとお高く留まっていそうでいて、
局部の周辺を見ると、案外生活感があって、親しみやすそうな様相を呈しています。
それは彼女が、局部の周辺のヘアをきっちり刈り込んでいるにもかかわらず、
恐らくは見えない部分、底面の側の処理が、おざなりになっているからで、
一見、女子力の高い女にも、こうした粗野な一面があることを確認します。

 

そして、その飛散も、お世辞にも『おしとやか』などとは言えず・・・
この点は、“つき方”に由来するのでしょうから、先天的なものとは言え、
それこそに本性が表れていると思うと、妙に説得力がある気がします
SNS映えする女ほど、SNSの外では、気が抜けてしまうのでしょうか。

 

そしてarakiさんの勤勉さを象徴するもう一つが、この2カメ体制
手持ちスマホとは別に、定点にも亀を置き、ハイブリッドで迎え撃つ周到性。
高女子力インスタ映えJDの処理の甘いアワビほか、ヒクつく菊門も確認できます。

 

9人目 けつ黒子

おや、彼女は・・・
その清楚系ルックに、涼しげな表情、そして近代的な赤リップは、
かつてaraki作品に2度出演している、けつ黒子ちゃんではないですか。

既にこれまで、2作品・3度の排泄を見せてくれている彼女は、
今回もサービス精神旺盛で、さらに2度の出演をしてくれました。
今やミスaraki、ひいてはミスPPSと言っても過言ではない女優さんです。
なおこの『けつ黒子』というキラーワードは、拙者が考えたのではなく、
arakiさん自らが作中にそう表記されており、鬼畜性を垣間見ました。

 

彼女はパンティも、なかなかにイイ物をお召しなんですよね。
しかし、そんなもので満足できる我々ではありません。
なぜならこれは、ヤワなパンチラ動画などではなく・・・

 

トイレ動画なのですから。
ぐっ・・・けつ黒子ちゃんのしっかりアワビ・・・45454545・・・・
近代的で清楚で、我々に5度も見せてくれている、天使のアワビ454545・・・・・

 

拙者、結婚するなら、先のインスタ映えJDよりも彼女の方がいいですね。
向こうは、短期的に火遊びをするのであれば打ってつけかもしれませんが、
関係がなあなあになるほど、ガサツな本性が馬脚を現す恐れがあります。
対してけつ黒子ちゃんは、露骨なセックスアピールこそ無いにせよ、
醸し出す堅実さや清潔感、そして安心感は、長く付き合う上では重要であり、
恐らくは結婚後にも、家事をサボらず、美味しい食事を作ってくれそう。
それは他ならぬ彼女の、おしとやかで慎ましい放水に表れています。

 

10人目 ストリート系JD

最後は、ラストに登場する彼女をご紹介しておきましょうか。
arakiさんのこの洗面台撮影シーンで、しばしば見られるのは、
彼女達が鏡に向かって、キメ顔を作っているところなんですよね。
メイクの乗りや、前髪のコンディションなどを確認しているのでしょうが、
つくづく彼女達が、(男を惑わすべく)そうした部分を追求することに余念がなく、
また自身のポテンシャルの高さに、一定の自負があることを窺わせています。
女がしばしば、互いに「カワイイ~」という見え透いたお世辞を吐き合うのは、
それが最も喜ばれることを知っており、また自分にもそう言われたい欲があるからです。

彼女は、先の2人と比べると、一枚見劣りするのですが、
まずまずのルックスと言えますし、こうした作品とは縁遠そうなギャップも良いです。

 

で、こちらは、諸々の条件が噛み合ったのか、
arakiさん史上最高とも言える光量に晒され・・・

 

このように右向きに拡散される放水を、しっかり捕捉。
拙者はこれまでに、恐らくは1000人以上の放水を見てきましたが、
こうしてきれいな一本線にならない方が多数派という統計があります。
それにしても、彼女はちょっぴり散らかしすぎな気もしますが(苦笑)、
それほどに彼女は、あけすけで、裏表のない性格なのかもしれません。

我々は、生涯の伴侶を決めるにあたって、
まずは容姿から入り、徐々に内面を見て選別することになりますが、
その本性・真髄を理解するためには、まだまだそれだけでは足りません。
このように、排泄時のディティールや、そこに向き合う姿勢から見極めて、
『地雷』を掴まされることのないよう、気をつけたいところです。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、本日のベストカットには、ミスarakiこと“けつ黒子”ちゃんの、降下する尊いアワビを選びます。彼女のファンであれば当然にマストバイ、araki作品が初めてと言う方には、モデル質がより高く作品としての密度も濃かった、前作の方をお勧めします。紹介しきれなかった前半部分にも、ルックスレベル平均点以上のJD風が多く見られ、うちフロントは2名、黄金は1名(但しフロント側)を捕捉しています。いずれにしても、これだけポテンシャルの高いモデルの排泄をこの精度で見られることは非常にありがたく、またこれだけの非現実的な光景を現実のものにしてしまったarakiさんには頭が下がります。次回作は春になるようですが、どうかクオリティを落とすことなく、また“けつ黒子”ちゃんの成長記録も届けていただきたいものです。

 

今冬最後の傑作になりそうです。美女10名のマンホール参拝

▲この精度、アブノーマル。(Premier Peep Selectionに飛びます)


【CM】今冬最後の傑作になりそうです。

▲こっちは無料サンプル。顔面偏差値の高さを確認せよ。(Premier Peep Selectionに飛びます)

4 Responses to “【PPS】結婚相手を選ぶなら、容姿だけでなく、排泄時に表れる『本性』を確認するべきである【arakiさん】”

  1. 淫欲の壺 より:

    排泄なんてどーでもいいからぱんの耳氏の配給品の友達云々に言及してください。

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ぱんの耳氏の配給品の友達云々に言及してください。
       
      拙者にはパンチラマニアたるもの、女性に縁のないキモヲタであるべきという固定観念があります。
      そういう意味で、デート中パンチラとか声かけとか、はたまた同伴者連れとか、
      そうしたものに違和感を覚えるということを、この場でこっそりぼやいておきます。

  2. 無法松 より:

    私も盗撮ファンで生命拾いしたことありますね。
    某駅のトイレに小便のフリをしながら、自身のチンコにスマホを添えて隣のチンコを撮影する、ホモが出没していたんですよ。
    私は一目でピンと来たんですけど、他の皆さんは気にも止めず、屠殺場の羊のごとくカリ首を差し出していました。同好の士(?)として気持ちは分からぬではないので止めませんでしたが、結局数ヶ月後に、学生風の男にバレ、駅員室でお縄にかけられていました。という訳で、皆さんも、ホモに気をつけましょう!

    • ムラサメ より:

      > 無法松さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 某駅のトイレに小便のフリをしながら、自身のチンコにスマホを添えて隣のチンコを撮影する、ホモが出没していたんですよ。
       
      これは!最も出現率が高いやつではないですかね!
      やっぱりいるんですね・・・ホモの闇は深いですね・・・
      一定の嫌悪感を抱きつつ、容易にオカズをゲットできる羨望も少しあります。
       
       
      > 同好の士(?)として気持ちは分からぬではないので止めませんでしたが
       
      なんだか、そっとしておきたくなる気持ちも分かる気がしますw
      いずれ、自分ではない誰かによって、最期を迎えるんだろうなぁって。
       
       
      > 結局数ヶ月後に、学生風の男にバレ、駅員室でお縄にかけられていました。
       
      恐らくは同じ場所で、漫然と撮っていたのでしょうね。
      やはり、狩り場固定というのは危険を伴うんですねぇ・・・


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ