2017年JKパンチラ記事アクセス数ランキングベスト10!


こんばんゎ、ムラサメです。
年末なので、なにかランキング企画をやりたいなーと思い、色々と模索していました。
売り上げランキングはこの間やったし、ザーメン放出量ランキングでも良いのですが、
今年は販売中止になった作品があまりにも多すぎて、モチベーションが上がりません。

 

そんなわけで今年は、記事のアクセス数ランキングを行うことにしました。
当サイトに数ある記事の中で、最も読まれていたのは、果たしてどの項目なのか。
人気の出た作品と、当サイトの記事のアクセス数の間に、関係性は見られるのか。
結論から言うと、そこに明らかな因果関係は、一切見られませんでした。

そう。これはあくまで、検索エンジンからの流入が強く関与してくるランキング。
皆さんのようなマニアではなく、ライトユーザーの意向こそが色濃く反映されています。
しかしこれには、世の中の『JKのパンチラ』に対して趣を持つ者が、どんな点に着目し、
惹き付けられているのかが如実に表れており
、これはこれで興味深いものがあります。
きっとこの結果の中には、皆さんが意外だと思われる記事も含まれているはずです。

 
2017年もあとわずか。数あるJKパンチラの名作の記事を押しのけて、
当サイトのメインコンテンツを担っていたのは、果たしてどのページなのでしょうか。

 
 

第10位:【DIGITENTS】JKにもJCにも見える若いスカートの中に見る未成熟な肢体【カメオ@太郎さん】 23,818PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

さて、第10位は、早速意外なところから、カメオ@太郎さんの記事がランクインしました。
こちらは氏にはめずらしい正統派パンチラ作品で(意味深)、その点には納得がいくものの、
こうした炉っこい被写体は、当サイトのユーザー様の嗜好にはやや合っていない気もします。
と思いつつ、記事を下の方にスクロールしてみたところ、なるほどそこには・・・

 

界隈に大きなインパクトを与えた、夢の国作品のレビューが添えてありました。
そう。今年の界隈の大きなテーマの一つには、この『夢の国』もありましたよね。
今やSNS上であまりにも話題になりすぎているパンチラスポットへ、プロが潜入して撮影を行い、
こうした作品が登場したことに、Dヲタ(と言うらしいです)はどんな思いを馳せているのか。
一時期、そんなヲタの正義化も懸念されましたが、大した火種にはなりませんでした。

これはまだ、DIGITENTSがPcolleに取って代わられる少し前にリリースされた作品ですね。
そして今でも、デジは運営の得体が知れないことによる、秘匿性の高さ(?)が評価され続け、
やわいものはPに、いかついものはDに、という構図が出来上がったような気がします。
今年はもう一つ、夢の国にまつわる偉大な作品もありましたが、そちらはなんと選外でしたw

 

第9位:Vineで見られるJKのトイレ動画まとめ 25,243PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第9位には、運営のサービス終了によって、今や完全にオワコンと化してしまった、
Vineのまとめページがランクインしました。しかもパンチラではなく、トイレの。
全盛期には多くのJKによって楽しまれていたVineですが、動画投稿は敷居が高すぎたのか、
今は完全にインスタに取って代わられ、彼女たちの流行り廃りの早さを改めて認識させられます。
むしろ最近のJK1ぐらいになると、もはやVineの存在すら知らないのではないでしょうか。

かつて『Vineで見られるJKのパンチラ動画まとめ』は、当サイトのキラーコンテンツでした。
しかしそれも続々とリンク切れを起こし、今や見るも無残な穴だらけの状態と化しています。
拙者がその記事の中で常々糾弾してきた、SNSにあられもない姿を晒すことに対するリスクが、
彼女たちの間に少しでも浸透してくれたのだとしたら、こんなに誇らしいことはありません。

 

第8位:【Pcolle】精子なんて見たこともない清純真面目JKに驚異のザーメンビーム、そしてパンチラ【NINJAさん】 26,353PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第8位には、Pcolleに産み落とされた怪童、NINJAさんのデビュー作の記事が入りました。
被写体への精液ぶっかけ。その行為は、変態性への耐性が強いマニアたちにも衝撃を与え、
Pcolle内における各ランキングの中でも、さり気なく物凄い伸びを見せていました。
そんな氏の記事が、多くの人に必要とされていたことには、合点が行く気がします。

思えばPの初期には、同じく先鋭的なアイデアが魅力だった“いたずらっ子”な方の姿もあり、
草創期のマーケットらしく、今よりもアングラな空気感が漂っていた気がします。
その中で、一度は姿を消しつつも、再び現れて息を潜めながら活動されている氏は、
やはり『忍者』と呼ぶにふさわしい、隠密のような方であることを思わせます。

なお残念なことに、本ランキングでPcolleの記事が入るのはこれが最初で最後ですw
それほどにライトユーザーにとっては、まだまだ名の知れていないマーケットなのでしょうが、
そこに最も労力を割いてきた拙者としては、色々な意味で複雑な思いです(苦笑)

 

第7位:Gcolleのヤラセパンチラ業者のキャスティング力が大変なことになっている件 27,316PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第7位には、2015年にしたためた、こちらの記事がランクインしました。
かつて『Gcolleの洗礼』とまで言われていた、そうそうたる顔触れを特集した恐ろしい企画で、
いつGcolle運営に消されてもおかしくないと、様々な方面から心配されていた記憶があります。
言わずもがな、Gcolleの作品はすべてヤラセですので、何ら問題はないはずなのですが・・・
彼らの名前を検索エンジンに入力すると、もれなくこのページがトップに表示されるため、
通常の11倍の導線があったということも、上位へのランクインに寄与していると言えそうです。
それほどに誰にもレビューされていないということも、ちょっとどうかと思いますがw

思えばサイト開設当初のモチベーションは、このイレブンを引きずり下ろすことにありました。
なけなしの資金を、顔に藻がかかった詐欺動画に騙され、怒り心頭になった若き日の拙者が、
勢いのままにキーボードを叩き続けて来た結果が、今の当サイトの姿であると言えます。
そうした意味では、アクセス数の増加も含め、拙者は彼らに感謝すべきなのかもしれません。

今、ヤラセパンチラ動画は、数多の投稿者様によってどんどんその精度を上げています。
そしてそれはマーケットのセーフティーネットとなって、界隈を安泰に導いています。
しかし我々は忘れません。その起源には、伝説となった「お乳首店員さん」がいたことを。

 

第6位:【Gcolle】被写体本人に盗撮バレ!呼び止められて背筋が凍る戦慄の映像【なめこさん】 29,480PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第6位には、これも意外な記事がランクインしました。
恐らくは3カ月と売っていなかったであろう、なめこさんによる盗撮バレ作品のレビューです。
バレ作品は数あれど、これは極めてレアな当事者バレ。しかもそこに正義君が絡む併せ技で、
現場を知る方にとっては背筋凍結不可避の、血の気が引くような映像(音声)でした。

はっきり言って、通常のオカズとして機能させるには、まずもって困難な作品のはずですが、
こうも多くのアクセスを稼げたのは、やはりユーザーの怖いもの見たさによるものでしょう。
盗撮風作品には、撮れ高は二の次で、それ以上にスリルを求める層が一定数いますが、
そうしたマニア達にとっては、この上なく需要の高い作品だったのかもしれません。

残念ながらとっくに販売終了しているため、今となっては入手不可能ですので、
ここは潔く諦めましょう。少なくとも年の瀬に見るようなものではありません。

 

第5位:【Gcolle】紙袋にiphoneを仕込んで逆さ撮りした映像、仕込みの方法も売ってますw【ロキソ人さん】 32,596PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

これまた意外なGcolleのレビュー記事です。しかし、理由は明確に分かりますねw
当サイトには、『逆さ撮り 方法』などの検索キーワードで流入されてくる方が大勢います。
ご承知の通り、拙者はそんな知識は持ち合わせていませんし、間違っても経験などありませんが、
こちらのあからさまな釣りとも言える記事タイトルに引っ掛かった方が、大勢いたようです。

通常の逆さと併せて、その方法を情報商材として販売されていたロキソ人さんのレビュー記事で、
こうしたものがアクセスを集めてしまうことには、当サイトの来訪者達の闇の深さを見ました。
なおロキソ人さんが販売されたこちらの『スパイ紙袋の作り方』は、現在もまだ売られています。
5,000円もするようですが、こうした情報を喉から手が出るほど知りたい方もいるのでしょうねぇ。
有名鳥師様は、引退したら情報商材でもうひと儲け、なんてのもアリかもしれません(ナシです)。

 

第4位:Gcolleのご紹介【応用編】 ~絶対避けたい3大地雷『ゴミ』『ヤラセ』『詐欺』~ 33,800PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

こちらは個人的にも思い入れの強い、Gcolleのガイドページがランクインしました。
地雷に騙されて涙を呑みまくっていた拙者が、憎しみの限りを込めて書き殴った記事です。
検索エンジンでGcolleと入力すると、高い確率でこのページが上位に表示されることには、
皆さんがそれだけしっかりとこの記事を読み込んでくださっていたことに感謝するとともに、
それが少しでも地雷設置者の吊るし上げに寄与できていたとすれば、変態冥利に尽きます。

個人販売のマーケットプレイスに、地雷設置者は付き物です。
そしてそれは、現在では洗練された感のある、Pcolleにすら言えることです。
貴重な資金を奪われないためにも、ぜひ時々読み返して気を引き締めていただきたい記事です。

 

第3位:JKのとっても恥ずかしいハミ毛画像をまとめてみた 43,567PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第3位にはなんと、無料画像のカテゴリから、こちらのハミ毛特集がエントリー
莫大な労力も資金も掛かるレビュー記事と比べて、拾い画像だけで構成する簡素な代物ですが、
こんなものが上位にランクインしてしまったことには、いよいよもって複雑な気分です。
ただ、それほどに『ハミ毛好き』が多かったということには、強いシンパシーを感じます。

当サイトには汚パンティという人気カテゴリもありますが、それを上回る集客数のようで、
ハミ毛人気の高さと、動画より鮮明な『静止画』の訴求力を改めて思い知りました。
もう少しこうした拾い画像の記事で、お茶を濁しても良いのかもしれませんね(伏線)。
なお拙者は、ハミ毛も好きですが、やはり経血付きが最も好きです。

 

第2位:DIGITENTS(デジテンツ)のご紹介 ≪総論≫ 54,927PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

第2位には、今や押しも押されぬ巨大マーケット、DIGITENTSのガイドページがランクイン。
まだトイレとゲイしかなかった頃に書かれたため、先行者利益もあって検索では上位に出ますが、
これは非常によくないことです。最近のDIGITENTSは、当時とは明らかに異質なものです。
いいですか皆さん、当サイトにアレな商品を推奨する目的はさらさらありませんからね。本当です。
おいやめろ!勝手に人の部屋に入ってくるな!!あっ、そのフォルダは・・・・・

ただ、マーケット名を単一で検索してトップ表示されるようになったことには、
これまでの血の滲むような更新作業が評価されている気がして、嬉しいところではあります。
これからも、『Pcolle』で検索上位表示ぐらいは目指していきたいものですね。

 
さぁ、続いてはいよいよ第1位です。
700近い当サイトの記事の中で、最も多く読まれて来たのは・・・これだ!

 
 

第1位:JKがSNSに上げたパンチラ画像まとめ 75,102PV


▲画像クリックで当該ページに飛びます

出ました。最後の最後も拾い画像の記事。まさかこんなことになっていたとは・・・
しかしこれこそに、JKのパンチラに趣を持つライトユーザーの志向が表れていますよね。
SNSにお気軽に上げた痴態。それがネットで収集できるという時代を反映しています。
つくづく、JK達のITリテラシーの低さが恐ろしく、また嘆かわしくなります。

実はこの記事は未だに検索での流入が多く、常時1~2名は閲覧しているほどの状態で、
一日当たり500名近いユーザーが、『JKがSNSに上げたパンチラ』を見るために来訪しています。
もちろんその99%以上は、適当に画像で興奮した末にどこかへ行ってしまうのでしょうが、
残った1%の人に、少しでもPcolleなどに興味を持ってもらえたら、それもまた誇らしいことです。

当サイトの掲げる目標の一つに、『JK パンチラ』で検索1位表示というものがあります。
そのためには、こうしたライトユーザー向けの記事をもっと増やすべきなのかもしれません。
そして目的が果たせた時、得られるものは何だと思いますか?答えは、破滅です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。JKのパンチラに趣を持つライトユーザーの脳内が、当サイトのアクセスを通して浮き彫りになったように思います。逆さ撮りの手法などを検索していることには恐怖を覚えつつ、やはりJK自身が放った、彼女たちの体温が伝わるような画像に人気が集まっていることには、『JKパンチラ』の本質がやはりJKそのものにあるということを再確認しました。個人的には、流行ると確信して世に送り出したものが意外と反応が悪かったり、逆に狙っていなかったもののアクセスが増えたりすることには、いつもながらジレンマを感じずにはいられませんでしたが、何が流行るか分からないということは、まるでJK達のブームと同じようです。来年は一体、何がトレンドの中心になるのか。その答えを知っているのは、JK自身なのかもしれません。

2 Responses to “2017年JKパンチラ記事アクセス数ランキングベスト10!”

  1. 玉三郎 より:

    Vineが流行った当時は「Vineだよ~」といって晒される破廉恥な姿のJKやキャバ嬢・お姉さんたちにお世話なったものでした。そしてVineが廃れ、インスタグラムなどの台頭に時代の流れを感じます・・・・そして今自分がこんな風になっているのも不思議なもんです(謎)・・・というか宿命みたいなものかもしれません。

    学生時代から孤独で大学では居場所がなく便所飯という言葉が流行る前から便所飯野郎の筆頭を務めさせていただいておりました。そんな奴が正常な性癖を育めるはずもなく歪みに歪み今に至ります・・・よくまだ生存してるなと・・・・。

    おっと・・・年末になると何かと振り返ってしまいます・・・とにかく僕が言いたいのは「ニュースになってる盗撮犯ほぼエスカレーター+スマホ説」ということです。また警察24時が放送されるそうなのでしっかり勉強して馬鹿な行為はやめていただきたいです。

    • ムラサメ より:

      > 玉三郎さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > Vineが流行った当時は「Vineだよ~」といって晒される破廉恥な姿のJKやキャバ嬢・お姉さんたちにお世話なったものでした。
       
      やってましたよねぇ~。「Vineだよ~」「Vineかーいっ!」
      それに対して「バーカ」と思いながら、拙者も股間をまさぐっていたものです。
       
       
      > 学生時代から孤独で大学では居場所がなく便所飯という言葉が流行る前から便所飯野郎の筆頭を務めさせていただいておりました。そんな奴が正常な性癖を育めるはずもなく歪みに歪み今に至ります・・・よくまだ生存してるなと・・・・。
       
      なんだかシンパシーを感じますねぇ。拙者も便所の中で、好きな女子の縦笛に精液を擦り付けていた身。
      ただ、我々の性癖は極めて平和で牧歌的なものですから、その点は救いと言えるのかもしれません。
       
       
      > 「ニュースになってる盗撮犯ほぼエスカレーター+スマホ説」
       
      そうですね。まさに、飛んで火に入る夏の虫というやつですよね。
      しかしそれだけの出来心を誘発している女どももまた罪深いと言えます。
      早く何らかの規制が設けられ、狂気的な露出が制限されることを願って止みません。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

あなたにおすすめの記事

このページの先頭へ