【Gcolle】JKのスカートをめくりまくって無理矢理パンチラ奪取、よい子はマネしちゃダメヨ!【ひよこさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
以前にレビューした、Gcolleのひよこさんが、
非常に気になる作品を出されています。
 
 
(過去記事)第二のスカートめくり隊!?駅のエスカレーターでJKのミニスカをめくってスマホで撮りまくる映像
 
 
その商品解説文には、氏の作品に目を付けていた方であれば、
誰もが目に留めるであろう一文が。

私ひよこは今回もがんばりました!なんと、part4にしてやっと姿撮りの許可を得ました~!

許可!?というツッコミはさておき、ついにやってくれました!
正直、物量やアイデアは凄いけど、被写体のポテンシャルを掴めないことには・・・
なんて思っていた拙者にとって、これはこの上なく喜ばしい報告です。
痛快なめくりにより、生Pをばっさばっさと乱獲されている以上、
ある意味、姿撮りを最も待ち望んでいた投稿者様だったかもしれません。
 
めくりについては、既に確かな技術をお持ちでしたから、
そこに顔や姿が含まれれば、神懸かり的な映像となるに違いありません。
果たして今作は、そんな期待に適う作品となるでしょうか?
 
【JK25人めくり+姿撮り】奥義スカートめくりパンチラpart4
【JK25人めくり+姿撮り】奥義スカートめくりパンチラpart4
収録時間:10分21秒
収録人数:24名+おまけ(OL2名)


こちら、ひよこさんが、先週末に出された最新作。
次回作は1ヶ月後とのことで、前もって告知いただけることもありがたいのですが、
あまり量産されてこないところも、なんとなく品質に信頼が置けますよね。
一度に大量放出されてくる投稿者は地雷や転売が多く、どうせ長続きしません。
 
で、今作も、その収録人数は大量(JK24名+おまけのOL2名)なのですが、
うち、姿撮りが収録されているのは、4名(+OLが1名)です。
どんな具合かと言うと、恐らくはパンチラ時と同じスマホによって、
バッチリ完璧に・・・と言うよりは、
ガクブルしながら、辛くも撮られた映像になります。
ただ、それについて不満を申し上げるつもりは一切無く、
むしろ収録(許可?)していただけたことへの感謝が勝り、何よりリアルです。
 
gcollepinkw201.jpg
 
この状態から・・・
 
 
gcollepinkw202.jpg
 
顔を収めるべく・・・
 
 
gcollepinkw203.jpg
 
回り込むッ!(ただしブレブレw)
 
 
 
だが、それでいいのです。
これだけでも、ただ坦々とスカートがめくられる映像より、何十倍も臨場感がありますし、
きっとスマホで姿を収めようとした場合、こんな風になるんだろうなと共感できる部分もあります。
このシーンは恐らく、通話中であるように装って、
スマホを耳に当てて撮られているのでしょうか、そんな映像です。
そして何より、これらの被写体のリアリティから、
氏の作品に対してほんのり抱いていた、●●セへの嫌疑も限りなく薄まりました。
 
 
今作のお勧めポイントは、氏自ら商品解説文で挙げられていますが、
拙者的にグッと来た3名も、ここにご紹介しておきます。
 
 
 

1人目

gcollepinkw204.jpg
 
まずはこちらの、忌まわしき鉄壁ケツリュックです。
通常の撮り師であれば、あまりに勝てる見込みがないことから、まず見送られるところでしょう。
しかし、ひよこさんには、『技』があります。
 
 
gcollepinkw205.jpg
 
これ、乱暴にガバッとめくっているように見えるじゃないですか。
違うんです。むしろ恐る恐る、スカートのヒダを1枚1枚丁寧にたくし上げています。
この手つきによって、少しずつ露になるパンティがなんともエロティックで、
その先に捉えられた、可愛らしいハート模様にも大満足。
 
 
 

2人目

gcollepinkw206.jpg
 
お次は、姿撮りのあったこちらの彼女。
非常にロリい感じのJKです。
 
 
gcollepinkw207.jpg
 
しかしこちらも、ご多分に漏れずケツリュック・・・
お嬢ちゃん。無駄な抵抗はよして、
おじさん達に、かわいいおぱんちゅを見せてごらんなさい。
 
 
gcollepinkw208.jpg
 
えっ・・・これは衝撃、まさかのテカテカサテン!
確実に綿を疑わなかったのに・・・昨今のJKは、分からないものですね。
きっと、クラスメイトに感化されて購入した、比較的新しいパンティなのでしょうが、
等身大のキミが見たいっていうおじさんも、少なからずいると思うんだ。
 
 
 

3人目

gcollepinkw209.jpg
 
ラストは、これもまた姿撮りありきから。
つくづく、その重要さを再確認させられますね。
そしてまたまた、彼女も忌まわしきケツリュック着用。
もしかして・・・ケツリュック=油断している=生P率が高い?
 
 
gcollepinkw210.jpg
 
そんな仮定を裏付けるかのように、
リュックの下から、真っ赤な食い込み生パンティをゲット!
ひよこさんの作品は、生P率が異様に高いのですが、
同じくらいリュック率も高く、これは学会に発表し得る、新たな法則と言えるかもしれません。
 
 
 

◆総評・本日のベストカット

gcollepinkw208.jpg
 
と言うわけで、本日のベストカットには、2人目に挙げた、意外性のあったサテンパンティを選びます。にわか盗撮犯の氾濫によって、JKのスカート内の守備は極まったかのように見えましたが、『蓋をしている』と勘違いしている愚かな彼女達の中には、こうした“お宝”が、今も眠っているのかもしれません。きっと彼女達からすれば、リュックの堅牢性は疑いようがないでしょうし、まさかめくってまで撮られることなど、想定の範囲外でしょう。しかしながら、その生脚を必要以上に晒して歩いている以上、そこに安全など許されるはずがなく、彼女達の考えた浅はかかつちょこざいな防御策は、より狡猾な大人の悪知恵によって、無に帰されてしまうのでした。そんな、皆さんが日頃抱いているであろうジレンマを、常人離れした『技』によって、見事に超越して見せた、痛快な映像です。
 
 
【JK25人めくり+姿撮り】奥義スカートめくりパンチラpart4
【JK25人めくり+姿撮り】奥義スカートめくりパンチラpart4

 女の子  ★★★★
 パンツ  ★★★★★
 画質  ★★★★
 耐空時間  ★★★
 実用性  ★★★★

願わくは、姿に加えて『顔』の強化、
そしてめくりシーンでは度々見受けられる、『ギャル系』モデルのそれです。
また、姿撮りの件に終始しましたが、めくりの技術も着実に進化しており、
行為の前に、後方からではありますが、姿を舐めるような配慮も見受けられました。
相変わらず、手で払われるようなスリリングなシーンもありましたが、
いくらか減ってきているため、“上手に”めくれているのかもしれません。
そのためか耐空時間にもノビが見られ、満足度は前作よりも格段に上。
しっかりと進歩の軌跡が見られるだけに、次回作へさらに期待したいところです。
 
 
 
gcollepinkw211.jpg
▲ちなみに、ロリいJKの綿パンティと言えばやっぱこれ。しましまです。未だに使えます。(レビューに飛びます)

4 Responses to “【Gcolle】JKのスカートをめくりまくって無理矢理パンチラ奪取、よい子はマネしちゃダメヨ!【ひよこさん】”

  1. サンタリスト より:

     
    初めまして。
    サンタリストと申します。
    いつもブログ楽しみに見ております。
    ガチ物JK中心の立ち回り非常に参考になります。
    これからもちょくちょくコメントさせて頂きますので
    面白い記事期待しております。

  2. ムラサメ より:

     
    > サンタリストさん
     
    初めまして、コメントありがとうございます。
     
     
    > ガチ物JK中心の立ち回り非常に参考になります。
    > これからもちょくちょくコメントさせて頂きますので
    > 面白い記事期待しております。
     
    なにぶん、性癖に偏りがあるもので・・・
    ちなみに、ガチと言いつつ、当然●●セなのですが(苦笑)
    最近の●●セ映像は、非常にリアルに作られているため、ありがたいものです。
     
    今後とも、よろしくお願いします。

  3. ジャックポット より:

     
    やっぱり姿と顔撮りがあると格段に違いますよね(^^;)
    「可愛いファッションだね~、じゃあちょっと中身を見せてもらおっか」とか「可愛いお顔してエロいパンツはいてんだね~」とか妄想を膨らませやすいですもんね。
    とくにめくり作品だと、陵辱する征服感もありますから、モデルさんのキャラクターを想像しやすい姿撮り、顔撮りはとてもありがたいてすね。
    願わくば、小生意気ギャルJKのクソミニを豪快にめくり上げて、お尻を包む派手なパンツを公開されるというあられもない姿を見てみたいものてすね、と妄想。

  4. ムラサメ より:

     
    > ジャックポットさん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > やっぱり姿と顔撮りがあると格段に違いますよね(^^;)
    > 「可愛いファッションだね~、じゃあちょっと中身を見せてもらおっか」とか「可愛いお顔してエロいパンツはいてんだね~」とか妄想を膨らませやすいですもんね。
     
    仰る通りですね。
    誰のものか分からないパンティなど、誰のものかわからないお万個と一緒。
    同じ物体ではあるものの、充足感がまるで違うのです。
     
     
    > 願わくば、小生意気ギャルJKのクソミニを豪快にめくり上げて、お尻を包む派手なパンツを公開されるというあられもない姿を見てみたいものてすね、と妄想。
     
    そうそうそう、それなのですよ!
    今作を見る限り、対象は『何かあっても申し出られない、気弱そうな』JKに終始していたような気がします。
    小生意気クソミニギャルも、単体だと案外しおらしいということを、なんとか氏のお耳に入れたい今日この頃です。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

極悪パンチラマーケットへの入口

pcollelogo

logo_digitents4

logogcolle


今日、パンチラ作品が展開されている素人投稿型マーケットプレイスは、上記3サイトに集約される。しかしかつて隆盛を極めていたGcolleは昨年、制服JK作品の新規受け入れを停止したことにより、実質的にオワコン化。やがて流民たちはDIGITENTSへ漂着したものの、使い勝手の悪さやホモ作品の混在、そしてバカ高い販売手数料によって、投稿者を中心に消耗が始まる。そこへ業を煮やしたかのように立ち上がったPcolleが、格安の手数料をエサに人気投稿者を囲い込み、今、新しい時代が幕を開けようとしている。

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

本当に売れてるパンチラ動画

【制服】vol.166
【制服】vol.166
日本パンチラ協会(JPA)において最重要座りパンチラ作品に認定された、この界隈を代表すると言っても過言ではない一本。可愛い子の黒か、ちょいブサの生か。そんなマニアたちのジレンマに問い掛ける、哲学的な要素をも孕んだ作品。ほのぼのパンチラの決定版です。(レビューはこちら

part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
伝説のスカートめくり師・ひよこさんがリリースされてきた作品の中で、最も撮れ高が良く、万人受けするであろう作品がこちら。街で見掛けるJKのスカートをめくり上げ、あまつさえ声掛けまで敢行してしまう鬼畜な作品。これを見ると、他もどんどん見たくなる!(レビューはこちら

めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
かつてこれほどまでに鮮明に、美しく撮影されたパンチラ動画があっただろうか。ましてそれが、スカートめくりという奇術によって、よりスリリングになっているとしたら・・・?誰しもが目を疑うことになる、近代パンチラ界における究極の一本!(レビューはこちら

digitentskameo100
【4K撮影】計6人のJKパンチラ!おすすめです♪
夢の国内において、自撮りに興じる無防備なJKから、ひたすらパンチラを狙った意欲作。驚くべきはその画質で、まるでお父さんが子供の運動会を撮るようなクオリティで得られた盗撮風映像には、一見の価値があります。(レビューはこちら

[HD]JKお裾分けvol.21
[HD]JKお裾分けvol.21
都会で時々見かけるキレカワなJK。モデルでもやっているの!?とても素人とは思えない、JK離れしたJK。触りたいけど、声を掛けたいけど、そんな願いが叶うはずもなく・・・。しかしそんなJKのスカートの中が、思う存分拝めるとしたら?最もポテンシャルが高いJKの、最も新鮮なパンチラ作品。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
めっかわアイドル系美少女と、超絶光量・フロント撮り・透け毛でランデブー。拙者はこれでGcolleに引きずり込まれました(笑)数あるパンチラ動画の中から、まず初めに手に取っていただきたい一本です。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
上記がお気に召したのであれば、次に手を出していただくのはこちらと決まっています(笑)ただしギャル好き限定。お高く留まったギャルJKの、顔面見ながらフロントパンチラ!(レビューはこちら

15014356_img
【撮影バレシリーズPart8】次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
可愛いJKのパンチラを撮って鼻の下を伸ばしていたら、隣にいた友達にバレてた!ツカツカとカメラの前を横切った彼女が、変質者に対して吐き捨てた屈辱の言葉とは?(レビューはこちら)        

このページの先頭へ