【そふといちば】帰ってきた伝説!絶対にAVになど出ない真面目なJKにスカートめくり4連発!【ひよこさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
およそ1年近く沈黙されていたひよこさんが、新作を引っ提げて帰還しました。
最近Pcolleを見始めたような方には、あまり馴染みのないお名前かもしれませんが、
氏はGcolleの頃から、スカートめくり界の風雲児として一世を風靡した作者様です。

 
(過去記事)当サイトのひよこさんのレビュー一覧はこちら

 
初期の頃は、顔撮りもなく、ただ闇雲にめくっていただけの作風が、
ユーザーの希望を採り入れつつ、幾度とないブラッシュアップを重ね、
気が付けば、2カメ声かけなどのギミックが盛り込まれるようになりました。
スカートめくり、ひいてはJKパンチラの近代史における重要な人物であり、
作品そのものの、先鋭的でいて飛び道具的な魅力もさることながら、
そうした氏ご自身の勤勉さこそが、強く支持されていた作者様です。

活動を休止されたり、改名されたりした理由は・・・
あまりの重ねの多さに、エタってしまったという説が最有力ですが、
それだけに止まらず、中の人が入れ替わったという噂もあります。
撮影者が映らない特性上、我々にその真相を確認する術はありませんが、
以前の作品で、映像の中に助監督の姿が確認されたことを鑑みても、
“ひよこさん”の名の下に、複数名が関与しているのは間違いないでしょう。

そうなって来ると、気になるのは技術の優劣もさることながら、
かつてはイキの良いギャル系も見られた、その選球眼ですよね。
本作の撮影者が、何代目なのか、はたまた全員同じなのかは分かりませんが、
その辺りにも注視しつつ、注目の最新作を紐解いてゆきましょう。


【no2】小生意気なJ達をめくりまくり!スカートめくりパンチラ

収録時間:05分21秒
収録人数:4名

 

1人目

のっけから、なかなかに個性的なJKをぶっこんできました(笑)
髪を真っ金金に染めて、夕暮れ時の駅のホームでひときわ異彩を放つ彼女。
eggとかチョベリバの名残のある、どぎついクソギャル・・・かと思いきや、
その表情には柔和さがあって、いかにも今風のパギャルという雰囲気。

そんな彼女に、ひよこさんは例のごとくお尋ねをしているのですが、
慣れないながらも真摯な対応には、やはりその金髪が『虚勢』であり、
実のところは、素直でスレていない、お利口さんであることが窺えます。
何と言うか、所属する組織の風土などによって、なし崩し的にこうなった、
ある意味では「気の毒」とも言える境遇にあるJKなのかもしれません。
鞄にぶら下げた大きなダッフィーにも、心なしか“こけ威し”感があります。

可愛いか可愛くないかで言えば、人それぞれだと思いますが、
古き良きクソギャルを想定されている方のの欲求には適わないでしょう。
拙者ですか?うーん、そうですねぇ・・・
性格は良さそうなので、妹として隣に置いておきたいJKではあります。

 

そんなイイ子ちゃんな彼女に・・・忍び寄る手は悪魔の手。
ひよこさんは、こうして胸元の位置から撮影しているカメラとは別に、
スマホで(撮影しながら)ライトを当てるという、抜け目のないスタイル。
その動きは一様に同じで、ややもするとマニュアル化されているようでもあります。

 

ぺろーん。
スト履きゆえに、拙者的には受け入れかねる内容でしたが、
このバカ目立ちした被写体に対して、しっかりと耐え忍ぶ胆力はお見事。
この後には、スマホからの映像も収録されています。

改めて、我々が普段、何気なく利用しているような場所で、
こんな奇行が行われていことが、つくづく信じられません。

 

2人目

続く2人目は・・・これまた、普通っこい・・・
しかしなぜでしょう、普通っこいはずの彼女に、チンピクしてしまうのは。
彼女が、無自覚にオーラでも放っているのでしょうか、それとも・・・

 

ぬるっと・・・そこに手を掛ける、ひよこさん。
やはりね。このね。我々の健常な精神を幻惑するチェックミニ。
それは過去にひよこさんの作品に、幾度となく登場したものでもあります。
付け焼刃の金髪よりも、取ってつけたような鞄の飾りよりも、
オフィシャルのユニフォームの訴求力が強いとは、これいかに。

 

ぺろーん。
ンン~、ちょっと色気に欠くボーダーPで、個人的には残念。
こうした極彩色のチェックには、シンプルで光沢のあるPが最も映えます。
それを歴史の上で体現してきたものの一つが、ひよこさんの作品でもあるだけに、
ここはライトの照射にビカビカと輝く、つややかなサテンが見たかったところ。
ちなみに本作では、彼女に対してのみ、声かけは行われていません。

 

3人目

3人目は、打って変わって、箱入りっぽい雰囲気です。
これまでの2人が、粗雑に放し飼いされた感じであったのに対して、
こちらはお嬢様私立にでも通っていそうな、いかにも学生然とした容貌。
本来であれば、彼女達の年代はすべてがこうあるべきなのですが、
そこに化粧を塗りたくり、スカートをいたずらに捲り上げることによって、
今日のように、女学生のイメージが歪曲されてしまったんですよね。
そんな、模範的な4人組集団に対しても、お尋ねを敢行するひよこさん。

ターゲットとなったのは、向かって左のデコ出しポニテの彼女で、
キム・なんとかっていう名前の、韓国女優のような雰囲気があります。

 

なぜ集団の中で、彼女がターゲットになったかと言うと・・・
深い意味などなく、ただ単純に、一番後ろに立っていたから。
そうして稀代のめくり鳥師のモデルになったことは、幸か不幸か。

 

ぺろーん。
Pは、予定調和とも言うべき、柄入り綿ぱんですね。
学業に専念しているからこその中身であり、彼女に関してはこうあるべきです。
そこにサテン地が光る日が来るのは、恐らく卒業してからでしょう。

 

4人目

そしてラストに登場するのが、ひよこさんをして太鼓判を押された彼女。
ふむ・・・なるほど・・・たしかに・・・ね。
はつらつとしており、邪気がなく、声かけへの対応も真摯で・・・

ひよこさんのモデルって、拙者は自分の好きなギャル系ばかりを取り上げますが、
実のところ、芋・真面目っこい方が多く、また氏の嗜好も恐らくそうなんですよね
仮に『中の人』が複数いるのであれば、今回はきっと『初期の頃の人』と思われ、
大衆を迎合せず、その選球が一貫していることには、ポリシーを垣間見た気がします。

まぁお察しの通りで、拙者的には専門外のモデルさんなのですが(苦笑)、
芋・真面目好きな方にとっては、主要になることは間違いないでしょう。
なお、ひよこさんの地域の芋は、化学調味料の加味された芋になりますので、
生粋の芋がお好きな危ない方々には、少々のコレジャナイ感もあるでしょう。

 

ここはスマホ撮りのみ。
もう既に、ぺろーん済みのようですが、
対象をしっかりと中央に捉えると・・・

 

そこには、芋JKの代名詞・イヌーPがお目見え。
ここは採光にも恵まれ、画質が本作中、最も火を噴きます。
この、綿の繊維質とか、こんもりと膨らんだ恥部の立体感などに、
炉利紺の皆さんが、激しく陶酔されている姿が目に浮かぶのでした。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、拙者的に最も与しやすかったのは、(間違った方向を向いていない)都会感がいくらか見受けられた、2人目のチェックミニちゃんですね。と言っても、際立ったギャル性やアイドル性が見られるわけでなく、またPもこの感じのため、実用性の面では残念ながら伸び悩むものがありました。サテンの光沢に目がバカになっている我々からすると、本作のPはいずれも生とするかにも疑義が生じるところなのですが、こと嗜好の対象年齢が低めに設定されている危なっかしい方々には、尊いものがあるのではないでしょうか。ようやく重い腰を上げられたひよこさんが、忘れかけられた『めくり』というコンテンツに再び息を吹き込むことになるのか、今年はそふといちばで孤軍奮闘する、氏の動向にも注目していきたいところです。

 

【no2】小生意気なJ達をめくりまくり!スカートめくりパンチラ

女の子 ★★★
パンティ ★★
画質 ★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★

上述の通りで、芋・真面目好きにあっては、この限りの評点ではないはずです。
声かけを含む顔撮りの精度も高く、この点には全盛期と変わらないものがあり、
すべてのパンチラ鳥師に、氏のような高い意識が伝播することを強く願います。
画質は最高品質に違いないのですが、あえて1点落としているのは、
スマホのシーンが、縦位置に回転してしまっているのを勿体なく思うことと、
胸元カメラの画質が粗く、個人的にあまり好みでないことに起因しています。
まぁ氏の場合は、特殊な仕込みを要するため、機材を選べないのかもしれませんがw

歴代の氏の作品の中から、あえてお勧めを挙げるとすれば・・・
個人的に好きなJKが収録されているのは、これこれとか。
『めくりバレ』などの面白いギミックを孕んでいるのは、これとかこれですね。
そして撮れ高が最も凄く、万人受けするであろう作品が、これです。
当時はイキの良いギャル系も多いため、専門の方はぜひご査収下さい。

8 Responses to “【そふといちば】帰ってきた伝説!絶対にAVになど出ない真面目なJKにスカートめくり4連発!【ひよこさん】”

  1. クラン より:

    これぞリアルってもんでしょうね買ってませんけど

    次回作に期待です!

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > これぞリアルってもんでしょうね買ってませんけど
      > 次回作に期待です!
       
      そう仰らず、レジェンドの作品を買い支えてあげてくださいです。
      次回は極彩色のチェックの中に光る、テカPを見たいところですね。

  2. パンチラドランカー より:

    ピンk・・・・・・じゃなくてひよこさん結婚しているみたいで草生えますよ。

    • ムラサメ より:

      > パンチラドランカーさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ピンk・・・・・・じゃなくてひよこさん結婚しているみたいで草生えますよ。
       
      お相手は、バレて引っ叩いてきた、あのお姉さんだといいなぁ・・・
      熟練の鳥師は、細かいスタイリングにも気を使われているんですよね。

  3. 56 より:

    指輪は声掛けの時に相手の印象を良くするためのダミーなのでは

    優良な撮り師さんが多い地域なので周りに迷惑かけない程度に頑張ってもらいたいものです

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 指輪は声掛けの時に相手の印象を良くするためのダミーなのでは
       
      なるほど、そういうことかもしれませんね。
      いずれにしても、女っ気の無さそうなキモヲタにできる芸当ではないということですね。
       
       
      > 優良な撮り師さんが多い地域なので周りに迷惑かけない程度に頑張ってもらいたいものです
       
      確かに、色々な意味で人気のある地域ですからねw
      氏に限っては大丈夫そうですが、安全に配慮して活動していただきたいです。

  4. したぱ より:

    買いました。
    抜きませんでした。
    下の万人受けする作品で抜きました。ア●ナちゃんで。

    次回作以降に期待してます。

    • ムラサメ より:

      > したぱさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 抜きませんでした。
       
      やはりモデル質・P質ともに、いまひとつでしたでしょうか(苦笑)
      もっとこう、かつてはまま見られた、身を乗り出すようなシーンに期待したいですね。
       
       
      > 下の万人受けする作品で抜きました。ア●ナちゃんで。

      ほう・・・ア●ナちゃんね・・・いけない人だ。
      やはり呼び掛けながらの方が、濃ゆいのが出ますよね。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ