【DIGITENTS】偏差値55ぐらいの量産型JK3名の王道純白パンチラ【オーダーメイドさん】


こんばんゎ、チキンナイフです。
ボケーッと、ネットに落ちていた肝炎の動画を見ていたんですが・・・
久し振りに見ると、改めて凄い作品であったことを思い知らされました。

被写体が若いという優位性に驕らず、徹底した凌辱でやり込める様が凄い。
映像の知識など何もないであろう、ずぶの素人が撮ったにもかかわらず、
商用AVの何十倍も抜けてしまう理由は、そんなアドバンテージに頼らずに、
撮影者たちが欲望を剥き出しにし、その鬼畜性を存分に開放しているから。
お万個に食べ物を挿したり、精液をクスコで流し込むような描写は序の口で、
本当に凄いのは、いわゆる撮影者による執拗な『言葉責め』の数々。
突きながら、「彼氏いるの?」とか、よく考え付くよなぁと思いつつ、
名前まで言わせて、「ケンイチとはこういうコトしたことないの?」とか、
人としては本当に最低なんですが、それこそに私などは興奮を覚えたものです。
そしてそのような質問に、軽はずみに答えてしまう被写体の脇の甘さ、軽率さ、
Kという世代のそうした脆さは、普遍的なものであったことを実感しました。

彼女たちの多くは、親に金目当てで売られたのだそうです。
そして今、彼女たちと同じ世代にある少女たちは、自らに値を付けて売っています。
かつての円光という文化を踏襲し、まるでその灯を絶やさず守り続けるかのように、
スマホというあまりにも身近なツールを使って、己の若さを換金しているのです。

JK。それはあまりに脆く、したたかな生き物。
“性”というものと密接な関係にあり、それを象徴する『記号』のような存在です。
ミニスカートから伸びる生脚、そこには金銭と、男の欲望が纏わりついており、
いつの時代にも、我々大人たちと“切っても切れない”関係にあり続けています。

 
・・・などということをですね、こういうフツーっぽい子たちに話した時に、
どのくらいドン引きされるのかを、この身をもって感じてみたいものです。

digitentsordermade100
【フルHD】JKのローアングルから見るパンチラ_part2

収録時間:05分22秒
収録人数:3名

 
と言うわけでこちらは、DIGITENTSにリリースされたオーダーメイドさんの作品。
転売に毒されたマーケットにおいて、にわかにオリジナリティが窺えたことから、
応援したい気持ちを込めて、ポチっとカートに入れてみました。
ここ最近は、ちらほらと新人様の名前が出てくるようになりましたね。

通し番号を付けられたタイトル、そして丁寧に作り込まれた商品解説文に、
ゴミを転がすことしか能のない転売ヤーには無い、きめ細かさを見ました。
果たして氏が最初に放った制服作品の内容、そして股間的訴求力のほどは?
期待と不安の入り混じる中、恐る恐る、再生ッ・・・!

 

1人目 1分37秒

digitentsordermade101

本作には、計3名のJKが収録されています。
そのうちトップバッターを飾るのは、こちらのショートボブが可愛らしい彼女。
逆さとは別に用意された亀(スマホ)によって、そのお顔が捉えられています。
やや化粧っ気はあるものの、濃紺のベストからは理知的な印象が窺え、
学業を疎かにし、自身の顔面の装飾に余念のないギャルどもとは一線を画しています。
それを裏付けるように、見ている商品が文房具というのが微笑ましいではありませんか。
これこそが学生。学校に通い、勉強や部活を頑張る、等身大の彼女らの姿です。
クソミニはシャーペンを選んだりしません。なぜなら文字が書けないからです。

冗談はさておき、この顔撮りに向けられた意識は、やはりありがたいです。
時間は短い(正味2秒程度)ですが、非常に意義のある配慮と言えます。
もはやこれが無い作品は、過去の遺物として取り残されてゆくのでしょうね。
被写体のキャラクターに想像を膨らませられない作品は、正直言って厳しいです。

 
digitentsordermade102

そしてお待ちかね、逆さアングルになりますが・・・
おお、何だ、この画質は。
靴です。靴カメです。画面隅に時計があるのを見るに、スパイ系の機材でしょう。
とすれば、チリチリザラザラとした時代遅れと言わざるを得ない画質がお約束ですが、
氏の機材は、確かに映像に粗さはあるものの、色味が物凄く鮮明で理想的です。
店内の逆光をものともせず、彼女の“攻めた丈”の奥にあった純白を確認。
なに・・・なんなの、この機材・・・ ほしい。

昨日ちらっと触れたコス生さんもそうでしたが、鞄亀全盛の昨今、
靴カメユーザーもしっかりと息衝いていたことを証明するようでもあります。
むしろ安全面で軍配が上がるのは、圧倒的にこちらの方でしょうし、
こっそり現場に出向かれている方には、まだ愛用されているのかもしれません。

個人的には、断固靴カメよりも鞄カメの映像を支持しますが、
背後に鞄がぶら下がっただけで、明らかに警戒心を向けられるようになった昨今、
そこまで有名になりすぎていない靴の方が、合理的と言えるのかもしれません。

 
digitentsordermade103

飛行(と言うより歩行?)は終始安定しており、最後はお友達とこんなショットまで。
決して一朝一夕ではない、熟達した“靴使い”であられることを確認しました。

 

2人目 2分49秒

digitentsordermade104

続いて登場するのは、奇しくも似たような髪型をしたこちらの彼女。
やはりスマホでちらっと捉えたものを、スローで引き延ばしています。
この点にはもう一声を望みたいところですが、そんな要望はさておき、
こちらの彼女には、先ほどの子よりも、いくらか頭の良さそうな印象があります。

 
digitentsordermade105

しかしその中身は・・・アウチ、喰い込みTバック状態に。
その上なんと、冒頭では映りませんでしたが、隣には彼氏がいるようです。
ふーん、真面目そうなナリをして、やることはしっかりやっているんだね。
その彼氏の名前は、何て言うんだい?

尺は3分近く、鞄亀であれば実現不能な粘着と言うべきですが、
いくら靴であっても、ここまで厚かましく粘着することは困難を極めるでしょう。
改めて、靴カメの可能性を考え直させられるようなシーンです。
話題の4Kカメラなどのように、クリアーで洗練された画質とはいきませんが、
採光の悪い環境下でもしっかりとスカート内を映し出しており、鑑賞には十分。

 

3人目 1分42秒

digitentsordermade106

と、氏の手腕を確認してきたところで、ラストに登場するのはこちら。
スカートが短く、ネクタイも緩めですが、やはり真面目さがこぼれています。
そう、氏の被写体は、都会のJKらしくスカートをグーンと短くしながら、
その実勉強は疎かにしていない、真面目で育ちの良いJKが中心
と言えそうです。
真面目なだけではただの芋ですが、しっかりとお洒落にも気を遣うことができる、
リベラルな彼女たちには、ある意味では芋以上に良い進路が待っていそうです。

 
digitentsordermade107

そして安定歩行によって、理想的純白の逆三角形を獲得。
ケツリュックやカーディガンガードを切り裂けるのもまた、靴カメの強みです。
しかし逆に、起伏が見られず冗長に感じられてしまうことが、致命的な弱み・・・

 
digitentsordermade108

などと思っていると、ここでは靴アングルからのお顔を確認。
そして・・・

 
digitentsordermade109

あろうことか、フロントの柄までをも確認。
これも凄い技術ですよね。いくら靴とは言え危険なフットワークです。

 
digitentsordermade110

そして最後は、こんな風に前かがみまで捕らえて見せます。
1人目、2人目が、やや冗長にも感じられる『静』の画だったとすれば、
こちらは『動』の画で、靴カメの可能性を考え直させられるものでした。
やはりこの方、しっかりと靴を『履きこなして』いらっしゃるようです。

なおこのシーンには、全編スロー処理が施されており、
個人的には不要だと思いましたが、素早い動きをゆっくり確認させてくれます。

 

◆総評・本日のベストカット

digitentsordermade110

ぶっちゃけ、靴カメの作品ってあまり好きじゃないんですよね(苦笑)先述のように冗長さが先行するほか、『スタッ、スタッ』というフットワークによってシーンがぶつ切りになり、どうしても作業的に感じられてしまう。鞄カメに見られる『行くの?行かないの?のドキドキ』とか、『ジーッと耐え忍んでいる間のヒリヒリ感』とか、『顔や姿、そしてスカート内を一連で回遊する機動力』とか・・・しかし氏の作品には、靴カメながらそうした要素も僅かながらに見ることができます。ともすれば、氏は鞄も一通り試された上で、結論として靴カメを採用されているのでしょうか。仮に自分が現場デビューすることになったら、こういう安全かつ高性能な機材で臨みたいものです。

 
digitentsordermade100
【フルHD】JKのローアングルから見るパンチラ_part2

女の子 ★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★

女の子は、どこにでもいるような等身大のJKが中心(ただしミニ丈)。
ケミカルさを欲する私としては、平均点の評価に甘んじてしまいますが、
こういう“普通っぽさ”を良しとされる方は大勢いらっしゃることでしょう。
画質は良いです。新カメ化したプルートさんと同等か、それ以上。
ややエッジが利き過ぎている印象がありますが、充分鑑賞に堪え得るものです。
実用性は、個人的に苦手な靴カメにつき、評価の割に一段落ちるのですが、
この画質、そして歩行技術でギャル系が押さえられたら、例外もあるやも?
引き続き見てみたい、他のJK作品も気になる投稿者様です。

2 Responses to “【DIGITENTS】偏差値55ぐらいの量産型JK3名の王道純白パンチラ【オーダーメイドさん】”

  1. 禁欲の壺 より:

    つい最近その肝炎についての話をリアルで聞いたばかりで
    これはシンクロシニティって奴ですか…嫌なシンクロですね
    話を聞いたその人は某法律が施行されるギリギリまで
    肝炎のコピーでガッツリ稼いだそうな…肖りたいもんです

    • チキンナイフ より:

      > 禁欲の壺様
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > つい最近その肝炎についての話をリアルで聞いたばかりで
       
      リアルでそんな話ができる相手がいらっしゃるなんて、羨ましいです。
      はぁ、最近のアイドルルックJKの肝炎、出ないかなぁ・・・
       
       
      > 肝炎のコピーでガッツリ稼いだそうな
       
      それはまた、随分ときな臭い商売をされていたのですね。
      最近もちらっと見掛けた気がしますが。デジなんちゃらとかいうサイトで・・・


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ