【DIGITENTS】会うたびにどんどん可愛くなっていくJKの進化の速さは異常www【ピンクの時計さん】


こんばんゎ、チキンナイフです。
今夜は月に一度のお楽しみ、ピンクの時計さんの最新作をレビューします。

コンピューターの発達と同じように、JKも異常な速さで進化してゆきます。
入学したての頃は、まだ芋くさくてどこか喰えなかったようなJKでも、
卒業する頃には、一人前のレディへと成長し、食べごろを迎えているもの。
それは体型やスカート丈など、体つきや服装といった外見の変化だけではなく、
その内面、考え方や価値観、そしてこの三年間に積み上げて来た人生経験により、
彼女たちは一皮も二皮も剥け、しっかりと女として『仕上がって』くるのです。

 
(参考記事)入学から卒業まで、3年間ストーキング盗撮され続けたJKの成長記録

 
今夜ご紹介するのは、まるでそんなJKの『仕上がり』を感じ取れるような作品。
ちょっと野暮ったくて、街で見掛けてもスルーしてしまいそうだったはずのJKが、
土下座してでも一戦をお願いしたくなるほどに、見違えるまでの成長を遂げ、
我々に対してJKの進化の速さを証明する、極めて珍しい作品となっております。

digitentspinkw600
part35【前髪パッツンマスクちゃんとの再会。バレもあり!】奥義スカートめくりパンチラ

収録時間:05分21秒
収録人数:3名

 
と言うわけでこちらは、月に一度Gとデジに新作を発表される、時計さんの最新作。
前回出されたJK作品は、モデル質が好みでなかったことから華麗にスルーしていた中、
続く今作には、計3名のJKが収録されており、どこかに落としどころを見付けられそうです。
やはり時計さんの奥義スカートめくりシリーズでは、複数名のJKを見たいところですよね。

それほどまでに、氏の近況報告によれば、生Pの収穫が激減していたとのことですが、
最近はむしろ豊作とのことで、今後行われるであろうそれらのリリースにも期待が持てます。
これから寒い冬が訪れるわけですが、果たして本当にJKの生率は上がっているのでしょうか。
見た目や内面の進化が速いように、トレンドの移り変わりも異常に早いのがJKの特性ですから、
ともすればスカート内のムーブメントも、定期的に入れ替わっているのかもしれませんね。

 

1人目

digitentspinkw601

さて。まずは早速、今作のトップバッターを務めてくれるJKちゃんから。
芋っこい顔立ちに反して、スカートはなんとも攻撃的なミニ丈。アンバランスです。
チェック模様で、いたずらに人目を引いてしまいそうなド派手な配色のスカートには、
痴漢や盗撮犯を呼び込んでしまわないかが不安になるほどの可愛さ、訴求力があります。

 
digitentspinkw602

ああ・・・お芋ちゃんのくせして、こんなに短い丈にして・・・
きっと彼女の通う学校では、総じて学生たちがスカートを捲り上げているのでしょうね。
でなければこんな真面目そうな子が、これほどまで生脚を露出させるはずがありません。
そして目の前にこんな光景があれば、いくら真人間でさえ間違った気を起こすでしょう。

あ、本レビューにおいては、適宜スカートの色を白黒に加工しています。
特に深い意味はありませんが、購入した方のお楽しみと言うことで(笑)

 
digitentspinkw603

ぺろーん。

当然、時計さんはめくるわけです。するとなんということでしょう、
芋っこいはずの彼女からは、ゴージャスなレースをあしらわれた水色サテンを獲得。
一見大人びたデザインではありますが、、見ようによってはおしめのようにも見えますね。
JKになったことで、一応周囲に合わせてテカリのあるパンティは召してみたものの、
安心感のあるフルバックで、大切なところを守っておきたいという意思が感じ取れます。
Pの生地もかなり分厚く、攻めたスカート丈に反して内面はまだまだ未熟なようです。

 
digitentspinkw603-2

そしてこの後、時計さんは異変を感じ取った彼女に後ろを振り返られてしまいますが、
すぐさま録画を中断し、右側の車線からそそくさと彼女を追い越して行くことでやり過ごします。
その後に、冒頭の顔撮りのシーンへと繋がるわけですが、一切不審がっていないところを見るに、
やはり一人前のリテラシーが備わっていない、危うさ真っ盛りのJK1と見ることができます。

いけないよ。周りの先輩たちがみんなクソミニにしてるからって、マネをしたら危ないよ。
彼女たちにはしっかり、後方の気配を感じ取ることができる能力が備わっているんだからね。

 

2人目

digitentspinkw604

続いて登場するのは、これもまたあどけないルックスのこちらの彼女。
しかし1人目ほど芋っこくはなく、お化粧もうっすらと施している模様。
先ほどが入学したてのJK1なら、こちらは少しだけ学校に馴染んだJK2でしょうか。
アイドル系と呼ぶにはちょっと及びませんが、普通っぽくて十分に可愛いJKです。

 
digitentspinkw605

そしてあどけないくせして、このスカート丈ですよ。
エスカレーターでガードも無しでこれだけ脚を剥き出しにして、無防備極まりありません。
白黒に加工してしまいましたが、赤色が混じった可愛らしいチェックのスカートは、
まるでAKBを彷彿させるデザインで、世の男たちをあざといまでに迎合しています。
そんなアイドル予備軍とも言うべき彼女のスカートを、やっぱりめくり上げると・・・

 
digitentspinkw606

テカテカテカテカテカ・・・・・

時計さんが照射するスマホのライトが、彼女のシャンパンゴールドのサテンを輝かせます。
こちらも1人目同様使用感に乏しく、大人の仲間入りをするために買った新品のPと言えそうです。
そして生地の厚みからは、やはり1人目同様、まだ“済ませていない”ことが窺えます。
脚の付け根に生じた二本のシワが、『(>_<)』みたいに見えて可愛らしいですよね。

 
digitentspinkw607

スマホ撮りもあります。より接写で、よりビビッドな色相にて。
この2カメ体勢を平然とやってのけてしまう氏は、いよいよもって職人の域に達しています。
飛行に非の打ちどころはなく、被写体をド真ん中に据えられる技術は、もはや極まっており、
つくづく、氏がこの異常な撮影を行える唯一無二のお人であられることを思い知らされます。

 

3人目

digitentspinkw608

さてお立会い、今作のメインモデルは、こちらの彼女。
なんと以前、既にピンクの時計さんによってめくられた、出演歴のあるJKのようで、
今回、運命的な出会いを果たしたことで、二度目の登場となったようです。
あれ、こんな子いたっけな?と思い、気になったのでpart15を見返してみると、
確かにいたのですが、そこまで私の印象に残ったJKではなかったようで・・・
と言うか、それほどにこのpart15は、良JKの飽和した名作だったんですよね。

その証拠に、時計さんによる商品解説ページや、当サイトのレビューを見ても、
彼女は端折られており、少しだけ気の毒に感じてしまった次第です(苦笑)
確かに少し“遊んでる感”はあったものの、顔立ちが若干野暮ったく見え、
より垢抜けていた他のJKたちに、見せ場を持って行かれてしまったのかもしれません。

しかし、今作で再会を果たした彼女は・・・

 
digitentspinkw609

可愛い。もはや完全に別人。十分に主役を張れる。
少し怪訝そうに時計さんを見る彼女は、アイドルルックと呼べるJKに進化しました。

コンピューターの発達と同じように、JKも異常な速さで進化してゆきます。
入学したての頃は、まだ芋くさくてどこか喰えなかったようなJKでも、
卒業する頃には、一人前のレディへと成長し、食べごろを迎えているもの。
それは体型やスカート丈など、体つきや服装といった外見の変化だけではなく、
その内面、考え方や価値観、そしてこの三年間に積み上げて来た人生経験により、
彼女たちは一皮も二皮も剥け、しっかりと女として『仕上がって』くるのです。

何が変わったでしょうか。髪型?化粧?
確かにその両方が変わっており、髪は女子力が高まる流行のショートボブ、
メイクも困り眉が見えるほか、アイプチにカラコンとケミカルに事欠きません。
そして何よりも変わったのは、彼女の内面、すなわち考え方や価値観でしょう。

 
digitentspinkw610

JKの進化が加速した要因には、何よりもスマートフォンの普及が挙げられます。
今や掌の上から、24時間インターネットと接続した状態になった彼女たちは、
その日その時の最速のトレンドを、いち早く取り入れられるようになりました。
そこで得られる情報をもとに自身を飾れば、誰でも同じように可愛くなれるのです。

しかし可愛くなるためには、当然にお金が必要になってきます。
そこで活躍するのが、ここでもまた彼女たちの掌にある『スマートフォン』です。
いつでも最先端の情報にアクセス出来る、ある意味では便利すぎてしまうそのツールは、
若い彼女たちを、闇の世界へと引きずり込む『入り口』へと、容易に姿を変えます。

“普通の子が普通に頑張っています!”
“特別なことができなくても、普段のお給料の10倍稼げますよ♪”

大人であればすぐに気付くであろう、そんな罠にまんまと引っかかってしまう危うさが、
JKと呼ばれる彼女たちの世代には、まだあるのです。

 
digitentspinkw611

続けます。そこで出会った人、経験したことは、彼女にとって衝撃的なものばかり。
普段は真面目に働き、家では貫禄すらある『父親』という存在、
そんな父親と同じぐらいの歳の男たちに、自身が向けられている好奇の本質を知り、
大人の男と言うのが、信じられなく、と同時に“簡単な”ものであると悟りました。

やがて自身の価値を認識し、それを切り売りする適正な価格も指示を受けます。
友達が一ヶ月のアルバイトで稼ぐような収入を、ほんの数十分で獲得してしまう自分、
そんな不条理に、初めのうちは罪悪感にさいなまれていたものの、次第に・・・
・・・って、時計さん、彼女は鞄でガードしてます。めくれませんよ?

 
 
digitentspinkw612

ちょ

 
 
digitentspinkw613

当然、こうなります(苦笑)
これ、彼女は気付いていると思います。なにせ鞄が急に軽くなったわけですからw
しかし振り返れないのは、恐怖心が先行するからか、いつもの事と諦めているからか、
それとも、これだけ短くしている自分が悪いのだと、負い目を感じているからなのか・・・

 
digitentspinkw614

ならばと時計さんは、彼女の鞄が横に逸れたのをいいことに、
まるで馴染みの居酒屋の暖簾に手を掛けるかのごとく、かなり雑にめくってみせます。
もはや抑揚もへったくれもありません、恐怖心が完全にマヒしている人の行動です。
JKの進化が異常な速さなら、時計さんの進化もまた異常と言えるでしょう。
このシーン、時計さんの「ほらよっ」という声が聞こえたような気がしました。

 
 
digitentspinkw616

なお彼女とは、別日にさらに三度目の再会があったようなのですが・・・
ここは機材が整っていなかったのか、スマホから慌てて撮ったような映像になります。
撮れ高としては、オマケ程度に考えておいた方が無難かと思われますが、
3日揃って生Pを披露してくれた彼女の気概には、素直に拍手を送りたいところです。

 

◆総評・本日のベストカット

digitentspinkw614

極まった技術の応酬。デビュー当初は顔撮りもなく、めくりの衝撃こそあったものの素人がスマホで撮影した域を脱しなかったピンクの時計さんの作品ですが、いつの頃からか声かけまで始め、2カメ化し、機材を刷新し、ただの一度も同じ状況などあり得ないフレキシブルな対応が求められる異常性を極めた撮影手法のはずなのに、もはやマニュアル化したかのような動き・手さばきによって、短くて魅力的なスカートを坦々と暴き続ける。完全にプロの仕事です。「あー、肝心なところが暗いよ」とか、「そこはもうちょっと粘ってよ!」とか、日ごろ逆さで抱きがちなフラストレーションがことごとく解消されており、スリルのある作風のはずなのになぜか安心感を抱いてしまう異常事態に陥っています。収録人数はかつてよりも減ってしまいましたが、それに見合うだけのハイパフォーマンスな仕事ぶりを見ることができるため、素人から末期患者玄人にまで幅広くお勧めすることができる作品です。

 
digitentspinkw600
part35【前髪パッツンマスクちゃんとの再会。バレもあり!】奥義スカートめくりパンチラ

女の子 ★★★★
パンティ ★★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★★

つい時計さんの進化に目が行ってしまいましたが、肝心なのはJKの進化。
野暮ったかったはずのJKが見違えるように垢抜けた様には、思わず目を見張ります。
JKという女の絶頂期を生きる、彼女たちの進化の速さを再確認させられるとともに、
彼女がお互いを高め合える、美意識に優れた環境にいることが、微笑ましくなりました。
そんな中で今作、唯一惜しむらくは、パンティが総じて綺麗すぎたことで、
すべて厚手の生地のため、いまひとつPの下にある体温を享受することが叶いません。
シミやハミ毛、お万個付近のキワが際立つエグみまでとは言わずとも、
もう少しスケ感とか、多少の『危うさ』は求めたかったところです。

とは言え、達人の安定した仕事ぶりが見られる秀作。
氏の『奥義』は、いよいよもってただのビッグマウスではなくなってきました。
次回のJK作品のリリースは12月20日予定とのこと、素晴らしい一年の締めに期待しましょう!

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

極悪パンチラマーケットへの入口

logo_digitents4

pcollelogo
  • Pcolleガイド(執筆中)

logogcolle


今日、パンチラ作品が展開されている素人投稿型マーケットプレイスは、上記3サイトに集約される。しかしかつて隆盛を極めていたGcolleは昨年、制服JK作品の新規受け入れを停止したことにより、実質的にオワコン化。やがて流民たちはDIGITENTSへ漂着したものの、使い勝手の悪さやホモ作品の混在、そしてバカ高い販売手数料によって、投稿者を中心に消耗が始まる。やがて業を煮やしたかのように立ち上がったPcolleが、格安の手数料をエサに人気投稿者を囲い込み、今、新しい時代が幕を開けようとしている。

本当に売れてるパンチラ動画

【HD顔出しJK008】夢の国でアイドル系JK!集合写真撮りましょうか?同業者も狙うスカートの中身。
【HD顔出しJK008】夢の国でアイドル系JK!集合写真撮りましょうか?同業者も狙うスカートの中身。
新たなるパンチラスポットとしてSNSを中心に注目を集めている、通称『夢の国』。そこへ女性を同伴させて撮影を敢行したという大問題作が登場。安心感ゆえの隙だらけな被写体に、思う存分突っ込みます。メルヘンなロケーションとは裏腹に、そこで行われている所業は鬼畜でしかありません。(レビューはこちら

part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
近代パンチラ界のスーパースター、スカートめくり界の星・ピンクの時計さんが過去最高セールスを記録した作品がこちら。収録されている4人全員において、パーフェクトのめくり芸を達成された贅沢な一本。サムネの真面目っ子に惹かれた方はマストバイ。(レビューはこちら

digitentskameo100
【4K撮影】計6人のJKパンチラ!おすすめです♪
夢の国内において、自撮りに興じる無防備なJKから、ひたすらパンチラを狙った意欲作。驚くべきはその画質で、まるでお父さんが子供の運動会を撮るようなクオリティで得られた盗撮風映像には、一見の価値があります。(レビューはこちら

[HD]JKお裾分けvol.21
[HD]JKお裾分けvol.21
都会で時々見かけるキレカワなJK。モデルでもやっているの!?とても素人とは思えない、JK離れしたJK。触りたいけど、声を掛けたいけど、そんな願いが叶うはずもなく・・・。しかしそんなJKのスカートの中が、思う存分拝めるとしたら?最もポテンシャルが高いJKの、最も新鮮なパンチラ作品。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
めっかわアイドル系美少女と、超絶光量・フロント撮り・透け毛でランデブー。拙者はこれでGcolleに引きずり込まれました(笑)数あるパンチラ動画の中から、まず初めに手に取っていただきたい一本です。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
上記がお気に召したのであれば、次に手を出していただくのはこちらと決まっています(笑)ただしギャル好き限定。お高く留まったギャルJKの、顔面見ながらフロントパンチラ!(レビューはこちら

15014356_img
【撮影バレシリーズPart8】次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
可愛いJKのパンチラを撮って鼻の下を伸ばしていたら、隣にいた友達にバレてた!ツカツカとカメラの前を横切った彼女が、変質者に対して吐き捨てた屈辱の言葉とは?(レビューはこちら

このページの先頭へ