【Pcolle】どこにでもいる普通のJK、ミニスカで歩き、秘密を暴露されてしまう【ぱんつみる夫さん】


こんばんゎ、ムラサメです。
2月になり、いよいよLJKを見る機会が少なくなってきましたね。
彼女たちは今、ごく一部の受験を控えた真面目っ子たちを除いては、
自由登校の名の下に、ゲーセンにカラオケにと遊び呆けています。

特にやることのないJKは、卒業すると大学に進学します。
そこでサークルに誘われ、新勧コンパで先輩とセックスします。
学力が及ばないJKは、とりあえず専門学校に入ります。
美容系などはイケメンが多いので、やはり先輩とセックスします。
家庭の事情で進学が厳しい場合は、なんとなくフリーターになります。
仕事のできる先輩はかっこいいので、もちろんセックスします。
セックス、セックス、セックス・・・
皆さんが毎朝の電車で顔を合わせていた、お気に入りのあのJKも、
巣立った途端に貫通してしまう恐れがあります。お気を付け下さい(何を?)。

さて、一通りJK達の未来に欝々とさせられたところで、
今夜はGcolleより、ぱんつみる夫さんのJKパンチラ作品をレビューします。

※本作はレビュー当時Gcolleのみの販売でしたが、現在はPcolleに移管されています。
【股下何cm!?Part86】うわっ…私のスカート、短すぎ…?-娼婦丈の女の子の女子事情-
【股下何cm!?Part86】うわっ…私のスカート、短すぎ…?-娼婦丈の女の子の女子事情-
収録時間:05分10秒+ハイライト
収録人数:1名

 
こちらは、金曜日の変質者・ぱんつみる夫さんが、先ほど出されたばかりの最新作。
自粛ムード漂うGcolleにおいて、揺るぎない定期的なリリースには頭が下がります。
氏はすでに、現行の4K作品以前に撮られたHDシリーズの放出を終えられており、
我々は毎週、この高画質作品にありつけるようになりました。ありがたいことです。

 
gcollemiruo1901

さて早速、今回被写体になってくれたモデルさんを見てまいりましょう。
みる夫さん曰く『娼婦丈』だそうです。なんてことを言うのでしょう。
クソミニと言うにはやや長く、平々凡々とした出で立ちは至って『普通の』JKです。
言うに事欠いて娼婦だなんて、彼女が聞いたらきっと心の底から悲しむでしょう。
しかしショート丈ソックスによるご覧の生脚ですから、露出狂の気はあるかもしれません。

 
gcollemiruo1902

そんな彼女が、放課後に一人でぶらぶらしているところを、
あまりの短さに欲情したみる夫さんが、かなり長時間にわたって尾行します。
顔撮りはこの程度。Pの撮れ高と比べると物足りなさは禁じ得ません・・・が、
それでもしっかり捉えんとする姿勢には、率直に感謝したいところです。

お顔も、普通・・・でしょうか。
きっと卒業し、制服の魔力が消えたら、群衆に埋もれてゆくでしょう。
なんとなく始めたコンビニバイトで、5つ上のフリーターと恋に落ちる。
気が付けば結婚し、子供を授かり、そうやって人生のスパイラルに巻き込まれる。
しかしそんな平凡な彼女の人生には、一つだけ奇抜な経歴が刻まれます。
そう、Gcolleという変態の巣窟で、自身の下着姿が晒されてしまうのです。

 
gcollemiruo1903

まずは電気店にて。特に目的もなくぶらついていたのでしょう。
放課後に寄り道をするなとは言いませんが、この露出は危険すぎます。
都会には変質者が溢れていますから、こんな丈で出歩くのは自重すべきです。
案の定目に留めてしまったみる夫さんは、スィ~と亀を滑り込ませ・・・

 
gcollemiruo1904

黒の柄Pの淵にレースが付いた、ちょっと何だかよく分からないPをゲット!
何なんでしょうコレは、生Pと言って差し支えないでしょうが、はっきり言ってです。
これがイケてると思って履いているのであれば大間違い、ちょっと色気がありません。
順当にサテンを選べばよいものを、間違った方向に目覚めてしまったのでしょうか。

 
 
gcollemiruo1905

続いて追い撮りです。今回はかなりの距離を追っています。
彼女、歩くペースが速いので、みる夫さんも必死で喰らい付いていきますが、
ひらめくスカートによって遮断され、パンティはチラッ、チラッと覗く程度。
ムチムチ動く尻肉を捉えるにはあとひと突っ込み必要ですが、それには膨大なリスクを伴います。

 
gcollemiruo1906

時折ちらちら見えるP。
それはそれとして、彼女がちょっと変わったお尻をしていることに気付かされます。
よーく見てください。通常の尻肉の上に、もう一段、線があるのがお分かりですか?
まさに二重あごならぬ二重ケツ。決して太くはないと思うんですけどね・・・

 
gcollemiruo1907

個人的に気に入ったのは、その後に続くエスカのシーン。
立ち止まっているところの下段を確保したため、ここはかなり攻めるんですが、
ご覧のように、クロッチ部が太ももの肉によって絶妙に隠されているところへ、
みる夫さんの亀が、左サイドからそろーっと回り込み・・・

 
gcollemiruo1908

来ましたこのアングル、お万個付近のきわどいところをゲット!
そして二重になるケツの線が、ここでも存在感を主張しています。

 
 
gcollemiruo1909

ラストは別のエスカにて。今作は本当に長い時間を追われています。
スタスタ歩く彼女に、人目もはばからず間合いを詰めて・・・

 
gcollemiruo1910

いかがでしょうか、この肉付き。
拙者はこのぐらいがベストと思います。太すぎず細すぎず、丁度いい。
一番揉みしだきたくなる、間に顔を挟みたくなる塩梅だとは思いませんか。
女の子同士の会話で、「細いよね~」は嫌味に聞こえてしまう肉感でしょうが、
多くのJKマニアは、このぐらいの肉感を望んでいるのではないでしょうか。
みる夫さんのモデルでは、拙者はミーハーくそビッチぐらいの太さがツボです。
そう言えば、作者様は違いますが、あの子はかなり細かったですよね。テカ・・・

 
gcollemiruo1911

最後は超接写!二重ケツをドアップで拝んだところでフィニッシュ。
いやはや、模範的に良く撮れている映像です。
アップになることで、またも露わになってしまう彼女の二重ケツ。
でもおじさん、お嬢ちゃんのそれ嫌いじゃないから。気に病むことなく自信を持って!

 

◆総評・本日のベストカット

gcollemiruo1908

と言うわけで、本日のベストカットには、もはや安定感を帯びてきたみる夫さんの長尺の中でキラリと光るエグみが見られた、こちらのシーンを選びます。キワ、キワ、キワとしつこく申しておりますが、やはりただ布地が見えるだけでなく、こうして局部付近の危ういところが見られないと、拙者はいまひとつ燃えられないんですよね。性器が見えるか見えないか。その微妙な駆け引きの中にこそ、パンチラ作品のカタルシスを見出すことができます。そして彼女のきっと本人すら知らない秘密、二重ケツ。パンティのセンスが良くないこともさることながら、この恥ずかしいお尻が4Kカメラによって晒されてしまったことこそが、彼女の十人並みな人生にポツンと浮かんだ汚点でしょう。すべては短いスカート丈で歩き回ってしまったことが悪いのです。目には目を、歯には歯を。露出狂には逆さ撮りを。

 
※本作はレビュー当時Gcolleのみの販売でしたが、現在はPcolleに移管されています。
【股下何cm!?Part86】うわっ…私のスカート、短すぎ…?-娼婦丈の女の子の女子事情-
【股下何cm!?Part86】うわっ…私のスカート、短すぎ…?-娼婦丈の女の子の女子事情-

女の子 ★★★
パンティ ★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★

女の子は、顔撮りの乏しさはさておき、やや華に欠けるでしょうか、
しかしそうした普通のJKにこそ萌えるという方にはお勧めできます。
ギャル寄りとも芋寄りともアイドル寄りとも言えない、ザ・ニュートラル。
唯一異端な点は、その極限まで露出された生脚、そして二重になった尻肉です。
今後のリリースがますます楽しみなみる夫さん。品女もFも良いですが、
拙者的には、こうした派手なチェックミニをもっと見たいところです。

2 Responses to “【Pcolle】どこにでもいる普通のJK、ミニスカで歩き、秘密を暴露されてしまう【ぱんつみる夫さん】”

  1. クラン より:

    なんだこのパンツは…抜けません買いません

    このjkがこのパンツをくれるのなら、巻き巻きして使ってあげなくもないです。

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > なんだこのパンツは…抜けません買いません

      いいじゃないですか、彼女はこれがオシャレだと思って履いているのです!
      だのに抜けないだなんて・・・うん、色気が足りませんよね。
       
       
      > このjkがこのパンツをくれるのなら、巻き巻きして使ってあげなくもないです。
       
      そうですね。デザインが残念でも、裏地は裏切りません。
      JKが一日履けば、そこにはいろんなシミなどが残りますからね。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

“それ”が見えたら、終わり。

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ