【DIGITENTS】JKは夕方までに帰らないと、スカートめくりのお化けに襲われちゃうよ!【ふくろうさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
現在、JKパンチラの最後の砦・DIGITENTSにて、
無料商品を含むいくつかの作品が、凍結の憂き目に遭われています。
MIRUO⇒さんにBORMANさん、BIG-Aさんも、表示がされない状況です。

しかしながら、事態は思ったほど深刻ではないようで・・・
信頼できる情報筋の読みによれば、テキストファイルのみの販売がハネられている模様。
確かに上記3氏は、外部ロダからのダウンロードに導くスタイルでしたから、
凍結作品には一貫性がありますし、運営がそうする理由も理解できます。
(それが証拠に、動画ファイルを販売されている商品は、ちゃんと生きています。)

 
そもそも、高画質版を外部から落とさせる、Gcolleで勝手に根付いた文化が、
DIGITENTSでは受け入れられなかったという、それだけの話なのです。
確かにこの手法は、より品質の良い映像を入手できるメリットがある反面、
ネットに疎い人やスマホ勢が、置いてけぼりにされてしまうきらいがありました。
DIGITENTS運営に対し、そうしたクレームが殺到したのかは定かではありませんが、
ある意味ではユーザーの側に立った、適正な配慮と言えるのではないでしょうか。

じつに素敵なマーケットプレイスではありませんか。
デジテンツさん、これからも頑張って下さい。応援してますよ!!

 
あくまで憶測の域を出ませんが、ひとまずはこの希望的観測を信じたいところです。
さて今夜は、こちらは直で動画を販売されているのでセーフなのでしょうか、
ふくろうさんが移転後初めて出された、プレミアム作品をレビューします。
ゲイや無臭を放置する無法サイトが、こんなドル箱を捨てるはずがない!!

digitentsfukurou800
めくり撮りパンチラ part27 プレミアム2

収録時間:05分08秒
収録人数:3名

 
大体ね、盗撮風作品は、世の中にとって必要なコンテンツなのです。
こうして次々と提供の場を塞がれては、マニアたちは窒息状態に陥り、
「こうなったら、もう自分で撮るしか・・・」などという不届き者が現れ、
世の平和は脅かされ、より危険な目に晒される恐れがあるわけです。
投稿者様方の苦労はお察しして余りありますが、より早い復活を望みます。

さて今作は7の付く回には特別作を出すと宣言された、ふくろうさんの27作目。
その発表に、どれほどの在庫があるのかと懐の深さを感じたものですが、
今作では、どうやら鮮・・・いえ、新しい試みにも挑戦されているようで、
その点に注目しつつ、プレミアムなめくり撮りに期待してゆきましょう。

 

1人目

digitentsfukurou801

まず初めに登場するのは、ひざ丈セーラーの真面目そうなお嬢さんです。
しかし髪色はほのかに明るく、それとなくウェーブもかかっていますので、
校則には従いつつも、ちょっとだけ冒険したいお年頃なのでしょうか。
そんな彼女は、追い抜きざまにスマホを向けているふくろうさんの方へ、
なにやら睨みともとれるような、厳しい視線を送られています。
初対面の人に失礼な気もしますが、なにか嫌なことでもあったのでしょうか。

 
digitentsfukurou802

時は遡ります。ピシっと折り目の正しいセーラーに、やはり規律の窺えるJK。
そんな彼女に対し、エスカレーター前で間合いを詰めるふくろうさん。
周囲に第三者目線が無いことを確認しつつ、ゴソゴソとスマホを準備し、
フラッシュを光らせて、恐る恐るカメラを向けると・・・

 
digitentsfukurou803

ぺろーん。
古風な制服とは裏腹に、ギラッギラに光沢を帯びたピンクサテン!
やはり彼女、厳粛な大人の目に逆らって、どこか自分を解放したいのでしょうね。
下着にはこうして彼女たちの心の内、夢や願望が投影されるものです。
そんな彼女のパンティを、絶好調のふくろうさん、及び手に持つカメラは、
プレミアムな画質で、フロント部に施された別デザインまでを露わにします。

 
digitentsfukurou804

あ、出ました。やめ手。
厳しい目線はこのためだったのね。怒らせてごめんなさぃです。。

 

2人目

digitentsfukurou805

2人目に登場するのは、1人目と打って変わって、上機嫌そうなJKちゃん。
なんだか子リスのような少女で、どことなく郁恵ちゃんに似てる気もします。
お友達と楽しそうに談笑中で、恐らくは部活の帰りかなにかでしょうか、
辺りは既に夕闇に覆われており、周囲は帰宅ラッシュの様相を呈しています。

 
digitentsfukurou806

場面変わってエスカレーターへ、時系列は『前』の出来事と思われますが、
先ほどの表情を見るに、恐らくは嫌疑を抱かれることはなかったのでしょう。
で、このシーン、よく見ると画質が従来よりも大分向上しており、
この新亀を用いられた点が、いわゆる『新しい試み』に該当するようです。

 
digitentsfukurou807

ただでさえ高画質だったふくろうさんのカメラが、より一段と鮮明に。
加えて打点にもご注目下さい。従来よりも『引き』の位置から撮られており、
かつての接写では乏しかった、スカートめくりの全景を見ることができます。
繊維まではっきり見て取れるスカート、それを静かにめくり上げれば・・・

 
digitentsfukurou808

ワァーォ、これぞJKのピチピチな下半身ですよ。
そして超高画質で撮られたスカート内には、黒に羽根付きのパンティをゲット!
さらに彼女、どういう理由か「うぅ~ん!」なんて悩ましい声を上げながら、
このあどけない下半身を、プルプルプルプルと振るわせて見せてくれるのです。

 
digitentsfukurou809

そしてなんと、こちらは2カメ体勢のもう一方のカメラからの映像。
めくり撮り師が2カメに走る習性には、ちょっと笑わずにはいられないところですが、
某時計さんのそれが、撮ってるところを撮る『現場撮り』に重きを置かれていたのに対し、
ふくろうさんの2カメでは、同じパンチラを二種類の画(引きと接写)で見ることができ、
個人的にはこちらのスタイルを支持。2カメとも高画質なところも良いですね。

 
digitentsfukurou810

そしてまた、プルプルプルプルと・・・
謎の行動ではあるのですが、恐らくは下から冷風が入り込んできたと錯覚して、
「寒いょー><」とばかりに、身体を震わせていたのかもしれません。
しかしながら、彼女の発する悩まし気な声も相まって、拙者にはどうも、
電マを押し当てられ、快感に悶えているように見えてしまうんですよね。
こーんなに幼くてあどけないJKが、ですよ?

どうしてもプルプルを確認したい方は、少しだけですが上の画像をクリックしてください。

 

3人目

digitentsfukurou811

ラストを飾るのは、これまた小動物系と言うべき、か弱そうな少女です。
十中八九JK1、私服姿ならCと見紛うほどの幼さ。つまり炉属性です。
鞄にはアニメだかアイドルだかのキャラを付け、恐らくはそういうものが好きなJK。
コンビニで商品を見ているだけなのに、なんだか申し訳なさそうな佇まいが印象的です。
そんな彼女に対する姿撮りは、氏の作品史上においても随一の撮れ高と言えるでしょう。

 
digitentsfukurou812

その表情をねちっこく確認したところで、シーンはまたもエスカレーターへ。
画質は旧亀に戻りますが、やはり充分な高画質と言うことができます。
こちらもロケーションは夜のようなのですが、彼女も部活帰りなのでしょうか、
親御さんにはぜひとも駅まで迎えに行っていただきたい、そんな危うさすら感じさせます。

 
digitentsfukurou813

嗚呼、忍び寄る手は悪魔の手。
夜道の一人歩きは危険。それはお化けがでるからじゃないの・・・

 
digitentsfukurou814

ぺろーん。
うひゃぁ、こりゃもう専門家は歓喜ですね、マイメロの縞ぱんをゲット!
ただのマイメロではなく、生意気にもメガネをかけているところを見るに、
幼さを脱して、理知的な印象を持ちたいという願望にも見受けられるのですが、
Cを飛び越えてSですら選んでしまいそうなこのデザインでそれは無理。なおかつ・・・

 
digitentsfukurou815

いけませんねぇ。じつにいけません。
精神成長に反して、身体の発育とは案外正直なものです。
おしっこ染みなのか、オリモノ的ななにかなのかは定かではありませんが、
それが思春期以降の身体から発される、尊い分泌液であることは必至。

夕闇に乗って押し寄せてくるのは、お化けなんかじゃなくて、
お嬢ちゃんの恥ずかしいところを撮ろうとする、変質者なんだ。
そして本当に恐ろしいのは、襲われたり食べられたりすることじゃなく、
恥ずかしい秘密が全国に公開されてしまうことだということを、肝に銘じておいてね。

 

◆総評・本日のベストカット

digitentsfukurou810

と言うわけで、本日のベストカットには、3人目のお漏らしマイメロと悩んだ末、2人目のプルプル電マ下半身を選びます。高画質化に2カメと、プレミアム回を機に、匠が良い方向へ一段階飛躍して見せました。要はモデル系統。芋とまでは言い切りませんが、垢抜けた生意気なギャルや、大人顔負けの色気を漂わせるLJKを嗜好の中心に据える方にはハマりません。逆に炉、とにかく炉、炉でなくともあどけなさ、垢、郁恵ちゃん、未開拓JK、そういったものにこそ邪心をくすぐられてしまう、イケない大人の中でも特にイケない大人の方であれば迷わず買い。拙者がどちらなのかはあえて言及しませんが、合致する方にとってはすごく良い買い物になること請け合いです。

 
digitentsfukurou800
めくり撮りパンチラ part27 プレミアム2

女の子 ★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★

女の子が実用性に直結する拙者にとって、タイプが重ならないと厳しい評価になります。
しかしながら散々述べたように、適性のある方にとっては極めて価値の高い作品です。
拙者としては、いくらか垢抜けた1人目か、電マの妄想を落としどころに据えつつ、
至高の汚パンティにピークを持って行こうと試みましたが、炉属性に阻害され叶わず・・・
一見大衆迎合的のようで、実のところ高い専門性を問われる作品と言えるでしょう。
デジテンツのレギュレーションはクリアしている見立てですが、ご購入はお早めに。
画質や撮影手法についてはもはや突き抜けています。言うことなしのプロの技です。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

極悪パンチラマーケットへの入口

logo_digitents4

pcollelogo
  • Pcolleガイド(執筆中)

logogcolle


今日、パンチラ作品が展開されている素人投稿型マーケットプレイスは、上記3サイトに集約される。しかしかつて隆盛を極めていたGcolleは昨年、制服JK作品の新規受け入れを停止したことにより、実質的にオワコン化。やがて流民たちはDIGITENTSへ漂着したものの、使い勝手の悪さやホモ作品の混在、そしてバカ高い販売手数料によって、投稿者を中心に消耗が始まる。やがて業を煮やしたかのように立ち上がったPcolleが、格安の手数料をエサに人気投稿者を囲い込み、今、新しい時代が幕を開けようとしている。

本当に売れてるパンチラ動画

【HD顔出しJK008】夢の国でアイドル系JK!集合写真撮りましょうか?同業者も狙うスカートの中身。
【HD顔出しJK008】夢の国でアイドル系JK!集合写真撮りましょうか?同業者も狙うスカートの中身。
新たなるパンチラスポットとしてSNSを中心に注目を集めている、通称『夢の国』。そこへ女性を同伴させて撮影を敢行したという大問題作が登場。安心感ゆえの隙だらけな被写体に、思う存分突っ込みます。メルヘンなロケーションとは裏腹に、そこで行われている所業は鬼畜でしかありません。(レビューはこちら

part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
近代パンチラ界のスーパースター、スカートめくり界の星・ピンクの時計さんが過去最高セールスを記録した作品がこちら。収録されている4人全員において、パーフェクトのめくり芸を達成された贅沢な一本。サムネの真面目っ子に惹かれた方はマストバイ。(レビューはこちら

digitentskameo100
【4K撮影】計6人のJKパンチラ!おすすめです♪
夢の国内において、自撮りに興じる無防備なJKから、ひたすらパンチラを狙った意欲作。驚くべきはその画質で、まるでお父さんが子供の運動会を撮るようなクオリティで得られた盗撮風映像には、一見の価値があります。(レビューはこちら

[HD]JKお裾分けvol.21
[HD]JKお裾分けvol.21
都会で時々見かけるキレカワなJK。モデルでもやっているの!?とても素人とは思えない、JK離れしたJK。触りたいけど、声を掛けたいけど、そんな願いが叶うはずもなく・・・。しかしそんなJKのスカートの中が、思う存分拝めるとしたら?最もポテンシャルが高いJKの、最も新鮮なパンチラ作品。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
めっかわアイドル系美少女と、超絶光量・フロント撮り・透け毛でランデブー。拙者はこれでGcolleに引きずり込まれました(笑)数あるパンチラ動画の中から、まず初めに手に取っていただきたい一本です。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
上記がお気に召したのであれば、次に手を出していただくのはこちらと決まっています(笑)ただしギャル好き限定。お高く留まったギャルJKの、顔面見ながらフロントパンチラ!(レビューはこちら

15014356_img
【撮影バレシリーズPart8】次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
可愛いJKのパンチラを撮って鼻の下を伸ばしていたら、隣にいた友達にバレてた!ツカツカとカメラの前を横切った彼女が、変質者に対して吐き捨てた屈辱の言葉とは?(レビューはこちら

このページの先頭へ