【Gcolle】JKの文化祭で出会った、超絶抜きやすいギャルのパンチラ【ヤマトさん】


2ni.jpg
 
こんばんゎ、ムラサメです。
二夜連続、ヤマトです(2回目)。
既に閉店を発表されており、いつ無くなってもおかしくない状態にある氏の動画、
気になるモノがあれば、お早めに購入されておくことをお勧めします。
 
 
いつまでも あると思うな その動画
 
 
というわけで、今夜は、二夜連続で、
Gcolleにおけるギャル界の至宝、
拙者も、暗中模索の中、より多くの作品収集を目指している、
ヤマトさんの作品をレビューします。
 
いつ見るの?今でしょ!30
いつ見るの?今でしょ!30
収録時間:02分12秒
収録人数:4組(12パンチラぐらい)


昨日に引き続き、こちらもヤマトさんが1年以上前に出された作品。
正直、まだ半分も揃えられていない拙者にとっては、
閉店と急かされたところで、どこからつつけば良いかも分からず、
かと言って、コンプするほどの男気も経済力も無いため、
直感で選ぶことぐらいしかできませんでした。
 
で、つまんでみたこちらの作品、大当たり
文化祭潜入モノであるところまでは確定していましたが、
まずこちら、拙者が以前に購入し、何度もお世話になった作品と、同日の撮影によるものでした。
すなわち、お万個のゆるそうな激ミニギャルが乱舞する夢のような祭に、また潜入できるのです。
 
 
ya314mp4_000046950.jpg
▲最後のスタイル抜群ギャルに、何度も思いの丈をぶちまけてきました。(レビューに飛びます)
 
 
良いですよねぇ。
街中とは違い、警備も正義も疎かでしょうから、
撮り師にとっては、まさに夢のような状態。
ましてそこにいる被写体が、総じてギャル色の強いJKともなれば、
心得が無い者ですら、ちょっとスマホを差し込んでみたくもなるというものです(いけません)。
 
そんな殿方の、屈折した願望を叶えるべく、
身を呈して潜入取材をして来て下さった、
ヤマトさんの成果を、ここにご紹介します。
 
 
 
①クラスパーカーで闊歩する4人衆、そこは深夜のドンキか、コンビニの駐車場か。
201.jpg
まずはサムネでひときわ目を引いていた、こちらのパーカー集団が登場。今どきの文化祭は、Tシャツではなく、ちょっと予算をかけてパーカーを作るクラスもあるようですね。いかにもギャル・・・というより、ヤンキー受けの良さそうなデザインで、おなじみのクラス全員の名前がプリントされた代物。残念ながら個人名特定とまではいきません。よく、地方のコンビニの駐車場などに、豹柄のクッションやピンクのラグでコーディネートされた軽自動車の中で、タバコをプカプカふかすヤンママを見ますが、あんな種族に受け入れられそうなデザインです。今日のゆとり世代においては、やや鳴りを潜めたカルチャーとばかり思っていましたが、少しばかり下層へ赴けば、今も根強く残っているということですね。パンティはなぜか黒・重ね先行の中、やはり蛍光色の子も混じっていました。
 
 
 
②これぞギャルJK好きの求める至高の画。黄金律とも言える下半身で抜くべし!
202.jpg
で、初めに言ってしまいますが、このシーンこそが本作のハイライトです。というより、ヤマト作品、ひいては、全JKパンチラ作品(ギャル系)における、最も尊い映像のひとつである、と言っても過言ではないのではないでしょうか。その気がなく視聴していても、思わず手が股間へ伸びてしまう、そんなシーン。わずか30秒の間に、JKパンチラ作品の“抜ける”要素が集約されており、拙者も今後何年にも渡ってお世話になることが予想されます。チェックの激ミニスカートに、ムダ毛ひとつない脚。すべすべの太もも、舐め回したくなるような膝裏、そしてやや肉感は帯びつつも、決して太さを感じさせることのないヒップ。その中央にある白くテカリを帯びた面積の狭い布は、しっかりと彼女の大事な所に食い込んでいます。そんな黄金律を有する彼女へ、どっしりと安定感のある粘着。立ち止まってはいるものの、ちょこちょこ動いたりもするので、その度に尻肉や布地が様々な表情を見せ、こちらの股間を刺激してきます。ちなみに彼女のお顔を拝見することはできませんが、隣にいるギャルの顔はしっかり見られますので、どうせ似たような顔をしているのでしょうから、そちらで補完すれば問題ありません。
 
 
 
③階段を上る来賓JK。ミニスカで訪れるも、ホームの圧倒的アドバンテージには敵わず
203.jpg
こちらのシーンも一応ご紹介しておきましょう。恐らくは他校からやって来た二人組ですが、ホームの激ミニチェックスカートの威力に、完全に呑まれてしまっています。頑張ってスカートを普段よりも短く捲り上げてきた努力は称賛に値しますが、それであれば多少パンティにも気を遣ってほしかったところ。左の子は、カラフルではあるものの、いまひとつ抜きづらいデザイン。右の子は食い込みこそ評価できますが、まさかの黒をお召しです。この辺りで差を埋めておかないと、イケメンはホームのJKに総取りされてしまいますよ!
 
 
 
④校内がゴールではない!生脚の密林へ、本当の潜入はここから。
204.jpg
こちらは、先にご紹介した過去レビュー作品に登場するシーンの、別JKバージョンです。ステージ上で行われている、次の演目が始まるのを待っている集団なのですが、意識がむこうに向いていないことと、周りに単独の男性など見受けられないことから、高いリスクを伴った撮影であったことが予想されます。一人の子は、完全にカメラと目が合っていますが、お祭りの雰囲気が、疑念をかき消してくれたのでしょうか。そんなリテラシーの高い子に限って、パンティはやっぱり黒をお召しでした。密林に茂る何本もの生脚を見ながら、そこにチラチラと浮かぶパンティに興奮。その間、なんとたったの5秒。しかし、よくある、かすめ取ったような映像ではなく、その5秒間で、密林の様子を、じっくり、しっかり、舐めるように収めています。ここでリピートをかけて行為に及ぶ方も、きっと少なくないはずです。
 
 
 
◆総評・本日のベストカット
202.jpg
本日のベストカットはやはり、作中最も高い実用性を見た、2人目の黄金律パンチラでしょう。フルハイビジョンの鮮明な映像で、近代的なギャルJKの下半身を、余すところなく堪能することができます。食い込んだパンティもさることながら、その周囲にある肉感、肌感、JK感、すべてが実用性を帯びており、その先にあるお万個のデザインなんかを想像しながら、気持ち良く果てることができます。よく、ネットをさまよっていると、『お宝動画』なんてモノにお目にかかります。ちょっと色々な事情があって、既にまともに入手することは出来なくなっており、先行者だけが手に入れ、その後はただ伝説として語り継がれるだけとなった作品。Gcolleで売られている動画は、まさにそうなる可能性を如実に含んだものばかりです。まだ先行者として参入できるうちに、より多くを確保しておきたいものです。
 
 
いつ見るの?今でしょ!30
いつ見るの?今でしょ!30

 女の子  ★★★★★
 パンツ  ★★★★★
 画質  ★★★★★
 耐空時間  ★★★★
 実用性  ★★★★★

あと少しだけでも、粘りがあれば、文句なくパーフェクト。
と言っても、この状況でここまで粘れるのは、ちょっと常人の業ではありません。
顔こそ見えないものの、JKの下半身は、それはもう抜きやすく設計されており、
面積の狭いパンティと相まって、高い実用性を伴います。
JKの文化祭に潜入してしまうばかりか、
そこで、腰を据えてローアングルを決め込める度胸もお見事。
「ヤマトは神だった」なんて書き込みがされてからでは、もう手遅れです。
まだそこにあるうちに、先行者の仲間入りをしておきましょう。
 
 
 
いつ見るの?今でしょ!特別版 コンプ
いつ見るの?今でしょ!特別版 コンプ
▲こんなのも出されちゃってました。値段!!ねーだーんー(悶絶)

One Response to “【Gcolle】JKの文化祭で出会った、超絶抜きやすいギャルのパンチラ【ヤマトさん】”

  1. ムラサメ より:

     
    コメントありがとうございます。
    ガッツリ、行かせていただきました。
    今後とも、よろしくお願いいたします!!


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ