【Gcolle】AKB顔負け!?赤チェックのミニスカJKをローアングルから見上げてみた【復活のPさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
皆さんはJKのスカートと言えば、チェックと無地、どちらがお好きですか?
拙者は断固チェック。やはりJKと言えば、膝上まで捲られたチェックのミニスカでしょう。
AKBに毒されたのもあるでしょうが、昔からクソミニ=チェックというのが関の山でしたし
オシャレな制服の学校には、美意識の高いJKが集まるという、自然の摂理が働いている気もします。
チェックのクソミニに溺れて死ねるとしたら、こんなに幸せな最期はありません。
 
さて今夜は、そんなチェックスカートの中でも、人気の『赤』。
あまりに変態迎合的なためか、意外と見そうで見ないこのレア物を捉えられた、
Gcolleの復活のPさんによる、JKパンチラ作品をレビューします。
 
アリの世界part24 激カワ激エロJK2人組♪
アリの世界part24 激カワ激エロJK2人組♪
収録時間:02分50秒
収録人数:1組2名


こちら、精力的に新作を出し続けられている復活のPさんが、先週末にリリースされた最新作。
氏の作品は、およそ3か月前に出されたデビュー作をレビューしているのですが、
当時の所感は、以下のようなものでした。
 
良い点

  • 姿撮りを先に見せる親切編集
  • 顔撮りへの意識の高さ

残念な点

  • 音声なし
  • P質(黒Pやスト履き)
  • 靴カメ特有の、白ぼんやりした画質
  • JKが可愛くな

氏の作品ラインナップは、いわゆるショップ店員に代表される“お姉さん系”が先行する中で、
ちらほらと、そんな制服JKモノのリリースもあったにはあったのですが、
いかんせん、選球眼ばかりは後発的に身に付くものではないことから、ここまで見送ってきました。
しかし、そんな懸念があるにせよ、このサムネならGOでしょう。
この完全にアイドルを意識した出で立ちに、スカートの赤チェックも相まって、
美少女性の高いJKを期待せずにはいられません。
その目線の向こうにいる彼女と会うべく、購入した動画を、再生ッ・・・!
 
 
 
gcollehukkatu201.jpg
 
まずはお馴染みのスマホにより、姿撮りが展開されます。
今作の舞台は、女性もののアパレル店と雑貨店。
男性単独では、それなりに気まずさのあろうロケーションですが、
靴亀撮り師は、往々にしてそんな場所にも潜入されがちですよね。
きっとこのような機材は、女性にはまだまだ浸透していないでしょうから、
男、すなわち第三者目線を省ける分、逆に仕事がしやすいのかもしれません。
 
今作の登場人物は、ご覧のJK2人組。
左手は黒革バッグ、右手は紫リュックが目印になりますが・・・
 
 
gcollehukkatu202.jpg
 
こちらの紫リュックちゃんは、アイドルルックでなかなか可愛いです。
まずは水平でお顔を把握。ちらっとなので、しっかり焼き付けておく必要があります。
 
 
gcollehukkatu203.jpg
 
そしてサムネにも採用されている、黒革バッグちゃん。
遺伝子的には見劣りしますが、線が細くスレンダーな良JKです。
何より、この濃い目のチークやルージュといった化学的なメイクが、拙者的にはツボです。
決して王道ではないはずなのに、この拙さが、股間をムズムズさせてくれるんですよね。
 
20秒程度の姿撮りシーンを経て、
いよいよ、靴に仕込まれた亀からの逆さアングルへ移行します。
 
 
 
gcollehukkatu204.jpg
 
ファウク!黒革バッグちゃんは、分厚い黒P・・・
そうだよね・・・そんなウマい話なんて無いよね・・・
これぞ現実。これぞパンチラ氷河期。これぞリテラシー極まれし近代JK。
それならばと、本命の紫リュックちゃんは・・・?
 
 
gcollehukkatu205.jpg
 
ほげぇぇぇぇぇ・・・こっちも、黒。
やっぱり最近のパンチラ作品ってこんなのばかり!と、諦めかけていたところ、
むむ・・・ちょっと待って下さいよ・・・?
 
 
gcollehukkatu206.jpg
 
おやまぁ・・・随分と喰い込ませていること。
拙者、黒Pは断固NG。忌むべきものとして嫌っておりますが、
これほどの狭面積であれば、特別に恩赦を認めることがあります。
なにせ彼女は顔が可愛いので、この危うさがあれば、抜けないこともありません
 
 
gcollehukkatu207.jpg
 
逆さ時にも、改めてお顔を確認。
やはりこの顔撮りへの意識には、素晴らしいものがあります。
そんな可愛い彼女の、赤チェックの中は・・・
 
 
gcollehukkatu208.jpg
 
こーんなに、喰い込んでいるのでした!
ぷりぷりの尻肉が浮かび上がった、エッチな下半身です。
 
 
 
gcollehukkatu209.jpg
 
ただ、誠に残念ながら・・・今作にも、音声はありません。
見るからにキャッキャしているだけに、それを享受できないことは痛恨の極み。
我々受け手は、彼女達の声や会話内容を聞き取りたい以前に、
まるでそこに居合わせたかのような臨場感、当事者意識を味わいたいのです。
最近のGcolleには、どういう理由か、こうした作品が散見しますが、
どうか投稿者の方々には、その無意味さに気付いていただきたいと願う今日この頃です。
 
 
 

◆総評・本日のベストカット

gcollehukkatu206.jpg
 
結局、JKは顔ですね。顔が良ければ大体抜ける。と言うわけで、黒Pはパンチラとして認めない拙者ですが、その可愛さと狭面積に免じて、本日のベストカットには、まだいくらかお利口だった、紫リュックちゃんの下半身を選びます。JK達の楽しそうな放課後の情事を、非常に低いところから見上げることができる、理想的な映像です。復活のPさん、飛行は安定感を増しており、地雷よろしくPがろくに見えずやきもきさせられるようなことはありません。ただ、やはり靴カメ時の“白み”は禁じ得ず、スマホの映像が鮮明なだけに、その落差は気になってしまいます。しかしながら、氏の自己紹介文によれば、現在画質を刷新される準備中とのことですので、これは楽しみに待ちたいところ。願わくば、音声を収録することで、視覚だけでなく聴覚にも働きかけてきてほしいものです。
 
 
アリの世界part24 激カワ激エロJK2人組♪
アリの世界part24 激カワ激エロJK2人組♪

 女の子  ★★★★
 パンツ  ★★
 画質  ★★★
 耐空時間  ★★★★
 実用性  ★★★

モデル質は、以前よりも格段に良くなり、
顔撮り・姿撮りに対する、意識の高さも窺えます。
肝心のPは、ちょっと氷河期を代表するようなものでしたが、
黒Pでも可、可愛ければOKという方には、充分に訴求するものがあるでしょう。
絶え間ないリリースや、高画質化も楽しみですが、
まずはこのラインのJKが、引き続き投入されることを願いたいところです。
個人的には、音声が入れば、実用性はおまけで+1となります。
 
 
 
アリの世界part20 めっちゃ可愛いJK2人組!純白Pが目の前に超接近!!!
▲店員モノが主流の中、ちらほらと介在する氏のJK作品。(Gcolleに飛びます)

2 Responses to “【Gcolle】AKB顔負け!?赤チェックのミニスカJKをローアングルから見上げてみた【復活のPさん】”

  1. ジャックポット より:

     
    ワタクシもチェックスカートが大好物です。本人たちは可愛いらしいとしか思っていないのでしょうが、チェックのミニスカートから伸びるすべすべのナマ足。ここまでオスの狩猟欲を掻き立てる出で立ちはありません。
    ただチェックスカートで注意しなけぱならないのが丈、そう長さです。
    ひざ上、これは絶対。ベストはひざ上20~25センチでしょうか。
    ひざ下まで長くすると途端にダサくなるのがチェックスカートの不思議です。
     
     
    あと、好みの問題ではあるのでしょうが、ワタクシは紺やグレーの暗色系のチェックスカートが好みです。
    欲情をそそる暗色のベール(チェックスカート)の奥にある淡い色に輝く花園(シルクパンティ)。
    ここに足を踏み入れる感じがたまらないです。
     
    PS
    復活のPさまの作品、最近良作が続いているだけに音声があったらほんとネ申ですよね。

  2. ムラサメ より:

     
    > ジャックポットさん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > ひざ上、これは絶対。ベストはひざ上20~25センチでしょうか。
    > ひざ下まで長くすると途端にダサくなるのがチェックスカートの不思議です。
     
    ウホッ、そんなに短くしては見えてしまいますよ!
    だが、それがいい。
     
     
    > あと、好みの問題ではあるのでしょうが、ワタクシは紺やグレーの暗色系のチェックスカートが好みです。
    > 欲情をそそる暗色のベール(チェックスカート)の奥にある淡い色に輝く花園(シルクパンティ)。
    > ここに足を踏み入れる感じがたまらないです。
     
    拙者はどちらかと言うと、暖色系のスカートが好みかもしれません。
    なんだか、いろんな意味でパッパラパーな感じが・・・
    ですが、暗色とのコントラストも充分に頷けますね!
    まぁ、特定のお気に入りに勝る興奮はないわけですが。笑
     
     
    > 復活のPさまの作品、最近良作が続いているだけに音声があったらほんとネ申ですよね。
     
    そうですね~、なぜわざわざ切られてしまうのでしょう。
    高画質化と併せて、期待したいものです。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

そふといちば、始動。

 

What’s そふといちば?

DIGITENTSの後継サイトとして誕生したアダルトコンテンツマーケット。まだ始動直後のためか、画像が表示されないなどの不具合が見受けられるが、取り急ぎ登録・購入・ダウンロードは可能(確認済み)。デジのID/PWがそのまま使える。(→ガイドページへ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ