【Gcolle】検証・夢の国は本当にJKパンチラの宝庫なのか?【未来の坂本さん】


こんばんゎ、ムラサメです。
皆さんはこの三連休、いかがお過ごしだったでしょうか。
天気にも恵まれ、絶好の行楽日和だったことと思います。
そんな中、拙者のGcolle総徘徊時間は20時間です。リア充爆発しろ。

中には、恋人や家族へのサービスといったやむを得ない事情によって、
激混みの観光地へ特攻することを余儀なくされた方もいらしたことでしょう。
せっかくのお休みなのに連れ回されるなんて、本当にお疲れ様です(ゲス顔)
そんな中、この時期、とある場所は卒業旅行や春休みを利用したJKで溢れ、
まるでパンチラ王国と化した、夢のようなスポットがあるとかないとか。

まさかそのような都市伝説じみた話を信じる拙者ではございませんが、
Gcolleを徘徊していたところ、こんな作品を見付けたので、思わずつまんでみました。

夢の国の情景2
夢の国の情景2
収録時間:02分16秒
収録人数:不明

 
夢の国・・・それがどこにあるユートピアなのか知る由もありませんが、
つまるところ、ネズミとか犬とか、雪の女王とかがウヨウヨ歩いているだけの、
お子様向けの遊園地にほかならず、JKで溢れているはずなどないのです。
いくら彼女たちの思考が稚拙とは言え、さすがにちょっとバカにしすぎです。
これを出品された未来の坂本さん、釣りとかマジで勘弁してくださいよw

 
 
gcollemirainosakamoto201

あー、こりゃ夢の国ですわ。

なんなんですか、一体どこにこんな素晴らしいスポットがあるんですか。
文化祭さながらの・・・いや、ある意味それを上回るJKの密度ではないですか。
しかも彼女たちは、恐らくはここ一番のオシャレをして入国に臨んでいるため、
ルックス平均点以上のハイ女子力ガールが、所狭しと溢れ返っていますよ。
ぜひプルートさんに靴亀を履いて潜入していただきたい、そんな情景ですね。

 
gcollemirainosakamoto202

その中で、なにやらカメラは一人のJKに狙いを定めた模様。
こんな格好で地べたに座って・・・ちょっと下界では考えられない光景ですよね。
M字で隙だらけの股ぐらへ、じりじりとズームを決め込むと・・・

 
gcollemirainosakamoto203

その三角地帯はご覧の状態に。黒Pこそ残念ではありますが、
この非現実的な光景には、それだけで訴え掛けられるものがあります。
周囲には、首からカメラをぶら下げた観光客(主に爆買い系)が散見しますから、
こんなふうに撮っていても、なんら怪しまれることはなさそうです。
そういう意味でも、ここは『夢の国』なのかしら・・・

 
gcollemirainosakamoto204

と思いきや、彼女には睨まれてしまっています?
こちらの映像は、座り撮り師が愛用する望遠レンズなどを用いていないため、
距離感によっては少々リスクも付き纏うようです、お気を付け下さい(何を?)。
チキンを頬張る彼女の中身は、接写時にスト越しのピンクを確認。

 
gcollemirainosakamoto205

あーあーあー、JKとイチャラブしやがって・・・爆発しろよ。
このムチムチな太もも、どうにかして譲ってもらうことはできないかしら。
王国の外に、高そうなホテルがあるでしょう?おじさんが予約してあげるから、
一晩だけ一緒に泊まってみない?好きなもの頼んでいいから・・・

 
gcollemirainosakamoto206

こちらも黒P。無防備なのは大変結構なのですが、
さすがに生で訪れるほどバカでも露出狂でもなかったのでしょうか。
揃いも揃って頭にバカでかいリボン着けて、バカ丸出しなのに・・・

 
 
夢の国の情景1
夢の国の情景1
収録時間:02分30秒
収録人数:不明

勢い余って、同時リリースのもう1本もつまんでしまいました。
同じように夢の国の情景、ただし制服は前出の作品の方に多く見られます。

 
gcollemirainosakamoto207

うん。やはり、現実とはこんなものなのでしょうか。
であれば、ややこしいので長ズボンでも履いてほしいところですけどね。
嘘です、それは言い過ぎました。ごめんなさい。

 
gcollemirainosakamoto208

あとは、総じてこういう悩ましい撮れ高が多いですかね・・・斜めからとか。
通行人に遮られて、被写体をいまひとつ凝視できないシーンも見受けられます。
『特にものすごいものは映っておりませんが』とは、氏の商品解説文での前置きですが、
風情のある風景動画として見れば、目の保養になることには偽りなく、
引きこもりの拙者でも、思わず外へ出掛けたくなってしまう作品でした。

 

◆総評・本日のベストカット

gcollemirainosakamoto203

結論、夢の国が無防備な女どもで溢れていることは確かだが、生Pを期待すべきではない。しかしとびっきり可愛いJKに限り水平でもイケてしまう拙者としては、これだけのミニスカJKを目いっぱい楽しむことができるのであれば、ちょっと夢の国への渡航を検討せざるを得ないところです。なお、噂によればこの国は時期を誤ると大してJKに巡り会えないとのことなので、その辺りの見定めをしっかり行われた未来の坂本さんは勝ち組ですよね。そしてこれもあくまで噂ですが、王国内で何らかの悪さをはたらくと、出口で門番が待ち構えていて「夢の終わりはここですよ」と言われ、別の国へ連行されるという話を聞いたこともありますので、皆さんに置かれましてはくれぐれもお気を付け下さい(だから何を?)。
 

夢の国の情景2
夢の国の情景2
夢の国の情景1
夢の国の情景1
女の子 ★★★★
パンティ
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★
実用性 ★★

オカズとしての威力は、前述のような理由からいまひとつではあるものの、
現実を伝えるドキュメント映像と見るならば、充分に価値があります。
メルヘン大好きJKたちが放つ、ここ一番のキャッキャ感には、
青春時代に置き去りにした、若さやみずみずしさを享受することができます。
画質は上々のうえ、1本300円と取っつきやすい価格で提供されているため、
Vプリカの端数調整などにもいかがでしょうか。

 

おまけ

モデル体型 美少女の水浴び セット
モデル体型 美少女の水浴び セット
収録時間:04分48秒
収録人数:1名

未来の坂本さんと言えば、先日発売されたこちらもつまんでみました。
重ねてはいるものの、彼女の細い四肢にはそれを補うだけの魅力があり、
こちらは充分に実用性を孕んだ内容、画質も変わらず上々と言えます。
ただし被写体がS、炉・芋属性をお持ちの方向けのため、専門性を問われます。

 
gcollemirainosakamoto209

こんな風に、小っちゃい子にピチャピチャと水をかけてあげるシーンなど、
その筋の方には、きっとたまらない映像ではないでしょうか。
唯一、お顔が映りそうなところで切られてしまっている編集が残念でしたが、
少しだけ見切れさせる演出が心憎く、自分に炉の気がないことを呪いました。
お好きな方は、お早めにゲットされておくことをお勧めします。

4 Responses to “【Gcolle】検証・夢の国は本当にJKパンチラの宝庫なのか?【未来の坂本さん】”

  1. クラン より:

    ムラサメさんムラサメさん
    卒業旅行のjkはもうBBAですよ?
    もっと1、2年生に目をむけましょうよ!

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 卒業旅行のjkはもうBBAですよ?
      > もっと1、2年生に目をむけましょうよ!
       
      申し訳ございません、返す言葉もございません。
      ちょっと近所の通学路で頭冷やしてきます。

  2. コカ・コーラ より:

    (このコメントは管理者のみ閲覧できます)

    • ムラサメ より:

      > コカ・コーラさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 夢の国でいい作品ずっと探していたので感謝します。まあ欲を言えばもっとがっつり見たいですが、私にはこのシチュエーションだけでもかなりくるものがあるので満足です。

      それは良かったです。噂に反して、現実のスカート内は案外厳しかったようです。
      しかしまぁひとえにパンチラマニアと言えど、様々な需要があるものですね・・・
       
       
      > あとムラサメさんとはJKの好みが合うようでかなり活用させてもらっています。いつもありがとうございます。友達になりたいくらいですww

      いやぁ、そう言っていただけると、嬉しいような照れ臭いような(笑)
      もちろんナプキンも召し上がるんですよね?


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

そふといちば、始動。

 

What’s そふといちば?

DIGITENTSの後継サイトとして誕生したアダルトコンテンツマーケット。まだ始動直後のためか、画像が表示されないなどの不具合が見受けられるが、取り急ぎ登録・購入・ダウンロードは可能(確認済み)。デジのID/PWがそのまま使える。(→ガイドページへ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ