Gcolleで見つけたくっそ変態動画晒しますwwwwww(パンチラはありません。)


こんばんゎ、ムラサメです。
昨日の軌道修正から、舌の根も乾かぬうちに、
今夜は、過去最大規模に、脱線します。
当サイトが看板に掲げる、JKも、パンチラも含みません。
強いて言えば、Gcolleで売ってる、ってことぐらいです。
 
と言うのも、Gcolleを徘徊していると、様々な誘惑があるわけで、
「パンチラなんて苦しい道を選ばず、こっちに来なよ^^」
とばかりに、抜きやすそうなハメ撮り動画なんかが手招きをしているわけです。
「拙者、腐っても、JKのパンチラ作品しか買わないでござる><」
と、いつもであれば、そんなものは振り払うのですが、
この作品は、サムネを見ている状態で、愚息が暴発してしまいました
拙者、抜ければ何でもいいでござる^^
 
というわけで、今夜は、
フェチをメインコンテンツに据えるGcolleにあって、ひときわ強いフェチ色を放つ、
女汁かけられ隊さんの、こちらの作品をレビューします。
 
超美人お姉さまのガッツリ顔舐め(完全オリジナル)
超美人お姉さまのガッツリ顔舐め(完全オリジナル)
収録時間:06分28秒
収録人数:1名


o00001.jpg
 
こーんなに可愛い女の子が、
 
 
o00002.jpg
 
キモヲタに、神聖な唾液を垂らします。
 
 
o00003.jpg
 
こーんなに綺麗な女の子が、
 
 
o00004.jpg
 
キモヲタの唇を、ベロベロと舐めまわします。
 
 
 
はい。この時点で、『戻る』を押した方とは、お友達になれません。
性癖まで重なり合って、初めて“ソウルメイト”と呼べるのではないでしょうか。
あれっ、みなさん、今日は用事でもあるのかな?
 
 
 
というわけで、こちらの女汁かけられ隊さんの作品、
S●Xどころか、女の子の裸すらありません。
ただ延々と、女の子が、時にエロティックに、時にやらされてる感満載で、
男の顔を舐めたり、唾液を垂らしたり、くしゃみをぶっかけたりします。
 
 
フェチ物というジャンルとの出会いは、往々にして、
こちらからアクセスするというよりは、勝手に目に飛び込んできて、
その時に初めて、自分にこんな性癖があったんだ!
ということに気付かされることが多いように思います。
拙者の場合、パンチラなんて、まさにそれでした。
初めて見た時は、こんな夢のような世界があって良いものかと思いながら、
ディスプレイに踊る数々のパンチラに、やはり愚息が暴発したものです。
 
o00006.jpg
▲街で悶々とさせられていたものが、こんなにも鮮明に!!ドピュ
 
 
拙者、AVでも、カラミより前戯を重視します。
その中でも、『美少女に奉仕される感じ』&『背徳感』を重視します。
『痴女』まで突き抜けてしまうとNG。女がヤル気満々だからです。
断り切れずに、仕方なく出演してしまった少女から、
不本意そうな奉仕を受けることこそが至高。
男優が派手なパフォーマンスを見せ付ける内容など、論外です。
 
 
o00007.jpg
 
そこへ行くと、こちらのコンセプトは、拙者のツボにマッチしてきました。
モデルの美女率もさることながら、そんな彼女たちが、
“底辺のキモヲタ相手に、こんなことまでさせられてる”というギャップに、
必然と、股間も熱くなってくるというものです。
 
 
前置きが長くなりましたが、ここからがレビューです。
 
 
 
o00009.jpg
 
まず、今回の作品の彼女。
なぜこちらを選んだかというと、単純に閲覧数が一番多かったから。
まぁ、そこいらのAV女優なのかもしれませんけど、
こんな作品に出るにはもったいない、男受けしそうな顔立ちです。
 
 
o00008.jpg
 
まずは、手始めに、掌に唾液を垂らします。
ちょっと引き気味なところは良いです。
が、もう少し“恥じらい”もほしかったところ。
「何このおっさんキモw」というノリです。
 
 
ooo01.jpg
 
ここで、本題に突入。
美女が、キモヲタの顔面に舌を這わせます。
レロレロと舐めたり、キスをするように啄んだり。
でも、口は避けているようです。うん、キモいもんねw
 
 
ooo02.jpg
 
ここに来て、このシリーズの致命的な欠陥に気付きます。
あのですね、このおっさんが、何と言うか、悪い意味でウザイです。
高圧的とまでは言いませんが、女の子への口ぶりが、生意気。
キモヲタはキモヲタに徹しろ、代われ!と言いたくなる気分です。
多分、これって、パプリカ先生がアパレル魂を嫌う理由と一緒だと思います。
中途半端な業界人気取りで、場の空気をシラけさせる感じ。
最低限、お姉様に舐めていただくのですから、敬語を使うべきでしょう。
 
 
ooo03.jpg
 
鼻孔に唾液を垂らしていただく。
この辺は、ソフトMな拙者としては、あまり共感できません。
単純に「苦しそう・・・」と思ってしまいます。
あと、商品説明文の、『くっさい(唾液)』等のギミックも不要。
当方、美少女の唾液は、フルーツの香りがすると思っています。
まぁ幸い、映像上では伝わってこないので、良しとしますが…
 
 
ooo04.jpg
 
ここで歯ブラシ登場。
歯垢フェチですか?
 
 
oo05.jpg
 
そしてまた鼻孔へ排出。
そこはせめて口でしょう!
 
 
oo06.jpg
 
いわゆる、鼻フ●ラです。
個人的には、もっと口を責めてほしかったでござる…
 
 
oo07.jpg
 
バイバーイ!で終了。
彼氏が見たら、何と思いますかねw
 
 
 
◆総評・本日のベストカット
oo99.jpg
というわけで、本日のベストカットには、おっさんの汚い頬に口づけをするような、こちらを選びました。作品のコンセプトはドンピシャだったものの、内容に不完全燃焼が否めない感じ。フェチ物って、好きな人が作らないと成立しないと思うんです。で、このおっさんは、多分『好きな人』ではあるんですが、いまひとつ昇華しきれていない。もっと開き直って、キモヲタ感を全開にした方が、作品として華やぐでしょうし、顧客受けも良いと思います。まぁ煮え切らなかった理由は、単純に拙者の嗜好が『口』だったのに対し、彼の嗜好が『鼻』だった、というのもあるでしょうが…。女の子のキャスティングにもやや難あり。AV女優を使うにしても、出演経験の浅い新人や、最低限“嫌がってる感”の出たモデルを起用するべきでしょう。
 
 
 
超美人お姉さまのガッツリ顔舐め(完全オリジナル)
超美人お姉さまのガッツリ顔舐め(完全オリジナル)

 女の子  ★★★★
 コンセプト  ★★★★★
 内容  ★★★★
 男ウザイ度  ★★★★★
 実用性  ★★★★

コンセプトは抜群でしたが、
肝心の内容が、若干ツボから逸れているのと、キャストがいまひとつハマりませんでした。
男は立場をわきまえるべきですし、女の子は、美人ですが、ちょっと小慣れすぎ。
こうなって来ると、ベストな女の子を求めて、他作品を買い漁りたい衝動に駆られますが、
パンチラマニアのみなさんから頂戴した、ささやかな信用を手放すのが怖いので、
脱線は、この辺にしておこうと思いますw
 
 
 
とびきりのベッピンさんの臭い唾と耳穴舐めで昇天顔生理2日目激口臭だけど激可愛い顔舐め(完全オリジナル)
▲まぁ、この2つは買うけどな(Gcolleに飛びます)
 
 
 

▲DUGAでサンプル発見!DUGAって何?という方はこちらへどうぞ

2 Responses to “Gcolleで見つけたくっそ変態動画晒しますwwwwww(パンチラはありません。)”

  1. パプリカ66 より:

     
    最初は「まーたこの忍者は気持ち悪いこと書いてるよ^^」って思ったんですけど
     
    >断り切れずに、仕方なく出演してしまった少女から、不本意そうな奉仕を受けることこそが至高。
     
    これはちょっと分かっちゃいましたよね…
     
    ニコニコ笑顔なんだけど、笑顔がちょっと硬いというか
    「お仕事!お仕事!でも、ほんとは、ちょっと、やだなあ…」みたいなのが(・∀・)イイ!!んですよね
     
    暴力で無理強いさせてるのはDQNっぽくてやだし、ニコニコしながらケツの穴を舐めてるのは「その口で「清潔感のある人が好き^^」ってなんだよおい」って説教したくなるし
     
    うーん、それにしても色んなジャンルがあるなあw

  2. ムラサメ より:

     
    > パプリカ先生
     
    こんばんゎ。コメントありがとうございます。
     
     
    > 最初は「まーたこの忍者は気持ち悪いこと書いてるよ^^」って思ったんですけど
     
    ありがとうございます。
    先生にそう言っていただけることが、何よりの励みになります。
     
     
    > ニコニコ笑顔なんだけど、笑顔がちょっと硬いというか
    > 「お仕事!お仕事!でも、ほんとは、ちょっと、やだなあ…」みたいなのが(・∀・)イイ!!んですよね
     
    まさしくその通りでございます。
    まず見ませんが、稀に先生がお好みのお芋系女子などが
    そういったテンションで出演しているのを見ると、
    拙者でも、胸にこう来るものがあります。
     
     
    > 暴力で無理強いさせてるのはDQNっぽくてやだし、ニコニコしながらケツの穴を舐めてるのは「その口で「清潔感のある人が好き^^」ってなんだよおい」って説教したくなるし
     
    パンチラマニアのツボは、
    王道からはやや逸れたところにあるのかもしれませんね。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ