【Gcolle】豹柄のパンティ履いてるJKってなんなの?セックスがしたくてしょうがないの?【Fukaseさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
世間はお盆休みのようですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
都会住みの方は、上京してきた田舎娘のピチピチ肌が楽しめそうですし、
田舎住みの方は、都会から帰省してきたギャルのピチピチ肌なんかを楽しめそうですよね。
夏は女の子が開放的になる季節。
普段引きこもりがちな方も、たまにはオシャレして外に繰り出されてみては?
 
そんな中、拙者は今日もサウナ同然の灼熱地獄である自宅に籠って、
うちわで風を起こしつつ、朦朧とした意識の中で9時間半ほどGcolleを徘徊していたところ、
良さげなJK作品を見付けたので、つまんでみることにしました。
 
《パンチラ》女子高生JK風★1
《パンチラ》女子高生JK風★1
収録時間:01分00秒
収録人数:1名


こちら、今週デビューされたばかりの、Fukaseさんによる1本目の作品。
サムネの時点で姿撮りが確定しているところを見るに、既に素人仕事ではないことが窺えます。
タイトルには通し番号が付けられ、何よりも被写体は我々が愛して止まない、制服JK
著しく供給が減った今、そこへ風穴を開ける新星の登場となるでしょうか。
 
 
 
gcollefukase101.jpg
 
再生すると、まずはスマホによる姿撮りから始まります。
おかっぱ頭で真面目そう、どこにでも居るような平凡的JKです。
スマホで音楽を聞きながら、少しだけ難しそうな表情を見せています。
ギャルを嗜好の中心に据える拙者的に、訴求力はいまひとつですが、
この系統が好きという殿方は、きっと大勢いらっしゃることでしょう。
 
 
gcollefukase102-.jpg
 
映像は逆さに切り替わり、まずはそんな彼女を階段でいただきます。
未成熟な脚の先に、めずらしいブルーのスケスケPをゲット!
クロッチ以外は肌色が透過されるほどに薄く、お尻の割れ目もはっきりと分かります。
あどけない見た目とは裏腹に、ギャルJKも驚くセクシーなパンティです。
 
 
gcollefukase103-.jpg
 
そして、光量に恵まれた駅のホームで、もう少し粘着。
風通しも良さそうで、これぞ彼女なりの『クールビズ』といったところでしょうか。
重ね履きをしておきながら、エアコンの温度をひたすら下げるJKに見習わせたいところ。
真面目な子は、こうしてエコへの配慮もあるということでしょうか、感心してしまいますね。
撮影スタイルは鞄カメで、機材はDVを仕込まれているようです。
マーシーも、わざわざ自分で撮らないで、こうしたプロによる映像を見ていれば良かったのに・・・
 
 
と、ここまでで1分、非常にオーソドックスな内容
やや光量に恵まれなかった点を除いては、飛行も申し分なく、安定しています。
ただ、オーソドックスであるが故に、弄りたがりな当サイトとしてはややボリュームに欠けるため、
本日付けでリリースされていた、2作目となる作品もつまんでみることにしました。
 
《パンチラ》女子高生JK風★2
《パンチラ》女子高生JK風★2
収録時間:02分58秒
収録人数:2組3名
 
 
やはり姿撮りがあるのは良いですね。目を惹くものがまるで違います。
厳しいことを言うようですが、顔撮りが浸透してきた近代にあって、
それが欠落した作品に、もはやオカズとしての機能を見出すことは難しくなってきました。
受け手を見据えて撮るなら、この点は今日のパンチラ作品では必須と言えるでしょう。
 
 
gcollefukase104.jpg
 
まずは頼もしい姿撮りで、こちらもスマホを用いて18秒程度。
二人ともクソミニですが、どちらかと言うと非行的と言うよりは、活発な運動部といった印象。
少ーし品性に欠ける気がしますが、左は可愛いです。右はブs
音声が切られていることが至極残念ですが、そのポテンシャルは概ね把握。
そんな彼女達へ、お決まりのローアングルから、高画質の鞄カメが迫ります。
 
 
gcollefukase105.jpg
 
ゲェ~ッ!!これまたギャルJKもびっくり、豹柄のパンティ!
一体全体、彼女達のような年端もいかない女子が、何故こんな刺激的な代物に手を出すのか・・・
彼女(可愛い方です)、部活に夢中で、経験はまだ機会に恵まれていないと予想しますが、
だからこそ、「早めに済ませたい!」とする心理が、下着に表れてしまうのでしょうか。
(ちなみに右の子のPもしっかり撮れていましたが、ここでは割愛します。)
 
 
gcollefukase106.jpg
 
場面が切り替わって、今度は駅の階段を上っているところまでを粘着。
改札に近付くと光量に恵まれ、肉感のある下半身がむちむちと揺れ動きます。
それにしても、こんな挑発的なPを、ガードもなしに曝け出すなんて・・・
彼女のようなJKは、やはり夏休みでワンチャン済ませてしまうのでしょうか。
 
 
 
gcollefukase107.jpg
 
ここまでで1分50秒、その後は別のJKに切り替わってフィニッシュ!
駅~コンビニまでの粘着が見られ、おまけと言うには尺もまずまずです。
氏は、気に入ったJKがいたら中距離にわたって粘着されるようで、この姿勢には共感します。
彼女は、これまた暑い夏にぴったりな薄手のピンクサテンをお召しのようですが、
どうかJK達の下着が、これ以上余計なモノで覆われませんように!
 
 
 

◆総評・本日のベストカット

gcollefukase106.jpg
 
今後に期待の持てるJK作家様です。画質や飛行は及第点以上で、生Pの選別もあり。何よりも顔撮りに対する意識をしっかりとお持ちのため、受け手が置いてけぼりになりがちな自己満足の映像とは一線を画します。あえて難点を挙げるとすれば、やはり音声が無かったこと(1作目の逆さシーンのみ音声はありました)。地名や固有名詞などの具体的な情報は伏せるべきとしても、せっかくのキャッキャ感が享受できなかったことは、個人的に大きなマイナス。音のないAVなど無いわけで、この部分を当然のように切り落としてしまう最近の編集には、どうにか改善を望みたいところです。本日のベストカットは、拙者的に最も好みであった2作目の豹柄JKをセレクト。彼女、もしかすると今頃は、夏祭りで知り合ったどこぞのイケメン野郎とよろしくやっているのかもしれませんが、いくら夏は開放的になると言っても、しっかりと避妊はして、先のある人生を狂わせることのないように気を付けてほしいものですね。
 
 
《パンチラ》女子高生JK風★1
《パンチラ》女子高生JK風★1

 女の子  ★★★
 パンツ  ★★★★
 画質  ★★★★
 耐空時間  ★★★★
 実用性  ★★★

《パンチラ》女子高生JK風★2
《パンチラ》女子高生JK風★2

 女の子  ★★★★
 パンツ  ★★★★
 画質  ★★★★
 耐空時間  ★★★
 実用性  ★★★

安定した技術で捉えられたパンチラを見ることができる、オーソドックスな作品。
ストーキングだのバレだのといった、飛び道具的な要素はないにせよ、
弄り倒して記事にするような、特殊な環境下に身を置く方でなければ、
撮れ高も普通にありますので、安心して楽しむことができるのではないでしょうか。
芋派の方には1作目、ギャル派の方には2作目がお勧めです。
個人的には、よりギャル色の濃いJKのリリースにも期待したいところです。
 
 
gcolleburu-no203.jpggcollekantoku103.jpggcollejagutei206.jpg
▲豹柄のJK集めてみました。みんな欲求不満なの?(レビューに飛びます)

8 Responses to “【Gcolle】豹柄のパンティ履いてるJKってなんなの?セックスがしたくてしょうがないの?【Fukaseさん】”

  1. 紺色は最強 より:

     
    ムラサメ様、ありがとうございます。個人的ヒットでげした。
    追い撮りメインで、安定して粘着する=流しっぱで心置きなく4545できるタイプではなかったので発射には至りませんげしたが、「パンティは手にとってデザインと感触を楽しんでナンボ」な私としましては、この二人のパンティはなかなか変わり種で、「ああ、アレで包んで4545したらどんな感じなんだろう・・・」と想起させるぱんつぢからがありましたでげす。
    ヒョウ柄JKちゃんはソックスも変わり種だったのがまた、なんともいえずクるものがあるでげすね。
     
    というかヒョウ柄のパンティが綿なのか、ナイロン系なのかを見極めようとしていたらヌクどころじゃなかったでs
     
    こういったあまり見ないパンティが見れる作品は、それだけで参考にする価値があるでげすね。なにせ私どものような、皆様逆さフェチよりさらに下層に巣食うガチのクズ野郎は、干してあるパンティ単品を見て持ち主をプロファイリングしなければいけないでげすから・・・誰か来たようでげす

  2. 浦島 より:

     
    こんばんは。
    新規の鳥師さん情報ありがとうございます。
     
    私的なお好みのお芋ちゃんを早速落としたいと思います。
    それにしても、二作目の子エロいですね。
    超ミニプラスヒョウ柄のダブルコンボは恐れ入りました。これは
    重ねてそうだなぁと思わせておいて実は生だったとは、意外や意外
    ガードの甘い子なのかもですね。(笑)
     
    最近は何処もかしこも38度越えの日でさえ重ねている子ばかりですね。
    でも逆にそんな猛暑の続く今年こそエコ方針で生ミニ制服着用で
    あって欲しいところです。同じくそう思います。
     
    私も姿取り、今は必須だなぁ思います。昔は見えてればよかったのですが
    今はどんな子かなぁ?真面目ちゃん?ギャル?等そういった感情移入
    できる材料がないと興奮しきれません。その辺も同じく共感いたします。
     
    またお勧めありましたらレビューお待ちしております。

  3. ムラサメ より:

     
    > 紺色は最強さん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > 「パンティは手にとってデザインと感触を楽しんでナンボ」な私としましては、この二人のパンティはなかなか変わり種で、「ああ、アレで包んで4545したらどんな感じなんだろう・・・」と想起させるぱんつぢからがありましたでげす。
     
    いやー、理解できます。
    特に1人目のブルーのスケスケなんて、物凄く肌触りが良さそうですよね。
    フェザータッチとでも言うのでしょうか、まさか布にそこまでのパフォーマンスが期待できるなんて・・・
    少しでも、彼女のシミなんかが残っていれば、もう最高なんですが。
     
     
    > ヒョウ柄JKちゃんはソックスも変わり種だったのがまた、なんともいえずクるものがあるでげすね。
     
    ハイ。ショート丈ソックスもたまりませんね。
    あの可愛らしいソックスで足コキされたいです。
     
     
    > というかヒョウ柄のパンティが綿なのか、ナイロン系なのかを見極めようとしていたらヌクどころじゃなかったでs
     
    うはぁ、これはもうどちらとも選びがたいところです!
    ひんやりしたナイロンが気持良さそうですが、綿の包まれてる感も捨てがたい・・・
     
     
    > こういったあまり見ないパンティが見れる作品は、それだけで参考にする価値があるでげすね。なにせ私どものような、皆様逆さフェチよりさらに下層に巣食うガチのクズ野郎は、干してあるパンティ単品を見て持ち主をプロファイリングしなければいけないでげすから・・・
     
    それはちょっとさすがに分かりません。ドン引きです。
    嘘です。拙者も早くその境地へ足を踏み入れたいでげす。

  4. ムラサメ より:

     
    > 浦島さん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > 私的なお好みのお芋ちゃんを早速落としたいと思います。
     
    お芋のくせにセクシーなお下着がお待ちかねですよ。
     
     
    > それにしても、二作目の子エロいですね。
    > 超ミニプラスヒョウ柄のダブルコンボは恐れ入りました。これは
    > 重ねてそうだなぁと思わせておいて実は生だったとは、意外や意外
    > ガードの甘い子なのかもですね。(笑)
     
    そうですよね、心配になってしまいますよね(苦笑)
    ただ、虚勢と言いますか、弱い自信を隠すためのカモフラである可能性はあります。
    なんだかんだと遠回りして、初体験をこじらせてしまわなければ良いのですが・・・
     
     
    > 最近は何処もかしこも38度越えの日でさえ重ねている子ばかりですね。
    > でも逆にそんな猛暑の続く今年こそエコ方針で生ミニ制服着用で
    > あって欲しいところです。同じくそう思います。
     
    そうですよね。拙者は何よりも彼女たちが熱中症やお万個蒸れ蒸れ症(性病)になることを危惧しております。
     
     
    > 私も姿取り、今は必須だなぁ思います。昔は見えてればよかったのですが
    > 今はどんな子かなぁ?真面目ちゃん?ギャル?等そういった感情移入
    > できる材料がないと興奮しきれません。その辺も同じく共感いたします。
     
    昔はただPが映っているだけで、夢のような映像だ!なんて大騒ぎしていたものですが・・・
    パンチラマニアとは、つくづく我儘な人種ですよね。

  5. しろの より:

     
    私は夜に、それも職質されそうな時間しか基本家を出ないのですが昼間何をやっているかと言えばもちろん高校野球のチアJKを見ているんですが制服も良さげながらチアもいいですね。
    特にノースリーブのユニフォームだといいです。
    一夏で数千枚、テレビのキャプチャ画像を保存しているのですが
    これはタダのおかずということで非常にお財布にも環境にも優しいです。
    ところで今日の娘、私的にも大当たりです。
    青いパンティなんて滅多に見れるもんじゃありません。
    ムラサメさんとはここは意見がわかれるのですが
    小生、クソ田舎に住んでいるためギャルより芋が好みだけど舐め回したいのはギャルで、なんとも欲張りな性格です。
    本当に好きなのは田舎のギャルに憧れている芋です。
    清楚っぽい娘に限って実は裏では、なんてのがありますが
    ずばりあれです。そういう娘に踏んでもらいたいし唾なんかかけてもらった日にはそれだけでイッてしまいます。

  6. ムラサメ より:

     
    > しろのさん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > 一夏で数千枚、テレビのキャプチャ画像を保存しているのですが
    > これはタダのおかずということで非常にお財布にも環境にも優しいです。
     
    良いですよねぇ、ピチピチJKがフルハイビジョンのTVで見られるなんて・・・
    これが国営放送だって言うんですから、この国はほんとユートピアです。
     
     
    > 小生、クソ田舎に住んでいるためギャルより芋が好みだけど舐め回したいのはギャルで、なんとも欲張りな性格です。
    > 本当に好きなのは田舎のギャルに憧れている芋です。
    > 清楚っぽい娘に限って実は裏では、なんてのがありますが
    > ずばりあれです。そういう娘に踏んでもらいたいし唾なんかかけてもらった日にはそれだけでイッてしまいます。
     
    つまり簡潔にまとめると、能年玲奈ちゃんに唾を吐き付けてもらいたいということでよろしいでしょうか?
    それには強く同意します。ギャルの酸っぱい唾には性病のウイルスが大量に潜伏していそうで怖いですが、
    地が清楚系芋娘の唾には、一本の樹木から数滴しか採れない、アルガンオイルにも通ずる価値があると思っています。

  7. 紺色は最強 より:

     
    再コメ失礼します。
     
    >特に1人目のブルーのスケスケなんて、物凄く肌触りが良さそうですよね。
     
    そうです、JKとセックスなんて高望みはしません。
    あのやや芋JKちゃんの脱ぎたて青Pでドン引きされながらパンコキしてほしいです。
    薄手のPだから包んでいてもドクドク染み出してくると思います。
    ドン引きしながらも、自分のパンティが白い液体に汚されていく光景に目が離せない…
    そんな夢を見てもいいでしょうか。
     
    >ハイ。ショート丈ソックスもたまりませんね。
    >あの可愛らしいソックスで足コキされたいです。
     
    ただのショートでもあの、白に青い2本線はJKのソックスとしてはすごく珍しいと思ったのですが、最近はこういったものも珍しくないんですかね?私なんかヒシアマゾンみたいだなーと思ってしまいました。
    ヒョウ柄パンティを被せられた上から足コキされたいですね。もちろん言葉責め付きで。
    脱いだパンティ+足コキ、つまりこっちの視点からはお万の方が見えるわけです。
    死ぬまでに一度でいいから経験してみたいですね。
     
    ところでこの作品、本筋とは関係なく姿撮りの時のガンジーみたいなお爺ちゃんが存在感ありすぎてシコリティに影響がありますw
     
    能年玲奈ちゃんには受動的にパンコキしてもらってるんだけど、フィニッシュは急に積極的に動いて驚く顔にぶっかけてあげたいです。きっと言ってくれます、じぇじぇじぇ。

  8. ムラサメ より:

     
    > 紺色は最強さん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > そうです、JKとセックスなんて高望みはしません。
    > あのやや芋JKちゃんの脱ぎたて青Pでドン引きされながらパンコキしてほしいです。
    > 薄手のPだから包んでいてもドクドク染み出してくると思います。
    > ドン引きしながらも、自分のパンティが白い液体に汚されていく光景に目が離せない…
     
    うわぁ、それはたまりませんね。想像しただけで股間が熱くなってきてしまいましたよ!
    でも拙者、願わくばセックスがしたいです。
     
     
    > ヒョウ柄パンティを被せられた上から足コキされたいですね。もちろん言葉責め付きで。
    > 脱いだパンティ+足コキ、つまりこっちの視点からはお万の方が見えるわけです。
    > 死ぬまでに一度でいいから経験してみたいですね。
     
    これもまた良いですね。「ぁ、この人絶対ぅちのマ●コ見てる・・・」なんて白けた目線もまた一興。
    でも、やはりセックスの方が良いです。どうしてそんなにストイックになれるのですか?
     
     
    > ところでこの作品、本筋とは関係なく姿撮りの時のガンジーみたいなお爺ちゃんが存在感ありすぎてシコリティに影響がありますw
     
    1本目のおばさまも迫力ありますよね。多分撮影バレてますw
     
     
    > 能年玲奈ちゃんには受動的にパンコキしてもらってるんだけど、フィニッシュは急に積極的に動いて驚く顔にぶっかけてあげたいです。きっと言ってくれます、じぇじぇじぇ。
     
    さすが、芸能人にまで食指を伸ばされているとは・・・
    そこでもまたパンコキというのには、きっとポリシーと言うよりも、体質的なものがあるのでしょうね。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

極悪パンチラマーケットへの入口

pcollelogo

logo_digitents4

logogcolle


今日、パンチラ作品が展開されている素人投稿型マーケットプレイスは、上記3サイトに集約される。しかしかつて隆盛を極めていたGcolleは昨年、制服JK作品の新規受け入れを停止したことにより、実質的にオワコン化。やがて流民たちはDIGITENTSへ漂着したものの、使い勝手の悪さやホモ作品の混在、そしてバカ高い販売手数料によって、投稿者を中心に消耗が始まる。そこへ業を煮やしたかのように立ち上がったPcolleが、格安の手数料をエサに人気投稿者を囲い込み、今、新しい時代が幕を開けようとしている。

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

本当に売れてるパンチラ動画

【制服】vol.166
【制服】vol.166
日本パンチラ協会(JPA)において最重要座りパンチラ作品に認定された、この界隈を代表すると言っても過言ではない一本。可愛い子の黒か、ちょいブサの生か。そんなマニアたちのジレンマに問い掛ける、哲学的な要素をも孕んだ作品。ほのぼのパンチラの決定版です。(レビューはこちら

part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
伝説のスカートめくり師・ひよこさんがリリースされてきた作品の中で、最も撮れ高が良く、万人受けするであろう作品がこちら。街で見掛けるJKのスカートをめくり上げ、あまつさえ声掛けまで敢行してしまう鬼畜な作品。これを見ると、他もどんどん見たくなる!(レビューはこちら

めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
かつてこれほどまでに鮮明に、美しく撮影されたパンチラ動画があっただろうか。ましてそれが、スカートめくりという奇術によって、よりスリリングになっているとしたら・・・?誰しもが目を疑うことになる、近代パンチラ界における究極の一本!(レビューはこちら

digitentskameo100
【4K撮影】計6人のJKパンチラ!おすすめです♪
夢の国内において、自撮りに興じる無防備なJKから、ひたすらパンチラを狙った意欲作。驚くべきはその画質で、まるでお父さんが子供の運動会を撮るようなクオリティで得られた盗撮風映像には、一見の価値があります。(レビューはこちら

[HD]JKお裾分けvol.21
[HD]JKお裾分けvol.21
都会で時々見かけるキレカワなJK。モデルでもやっているの!?とても素人とは思えない、JK離れしたJK。触りたいけど、声を掛けたいけど、そんな願いが叶うはずもなく・・・。しかしそんなJKのスカートの中が、思う存分拝めるとしたら?最もポテンシャルが高いJKの、最も新鮮なパンチラ作品。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
めっかわアイドル系美少女と、超絶光量・フロント撮り・透け毛でランデブー。拙者はこれでGcolleに引きずり込まれました(笑)数あるパンチラ動画の中から、まず初めに手に取っていただきたい一本です。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
上記がお気に召したのであれば、次に手を出していただくのはこちらと決まっています(笑)ただしギャル好き限定。お高く留まったギャルJKの、顔面見ながらフロントパンチラ!(レビューはこちら

15014356_img
【撮影バレシリーズPart8】次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
可愛いJKのパンチラを撮って鼻の下を伸ばしていたら、隣にいた友達にバレてた!ツカツカとカメラの前を横切った彼女が、変質者に対して吐き捨てた屈辱の言葉とは?(レビューはこちら)        

このページの先頭へ