【Gcolle】田舎のJKが都会に出て来た時は、食い込み生パンチラゲットのビッグチャンス?【kakuregaさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
今夜は、三度目の、kakuregaさんの大ボリューム長編(3,200円)のレビューです。
長い沈黙を破った復帰作のリリースから一週間、
そこそこ噛み締めたところで、お気に入りの作品を抜粋してご紹介します。
 
 
(過去記事)kakuregaさんの驚異のボリュームを含んだセット作品買ってみた
 
 
ご本人的には、クオリティに不満を持たれているようですが、
Gcolleに散見する地雷に比べれば、充分実用的な作品ばかりです。
休日はしっぽりと、この70分超の長編と共に過ごされてみてはいかがでしょうか。
というわけで、まずはこちらの作品からご紹介します。
 
kakubane1.jpg
パンチラ小人目線☆☆(pa-to55)[電車編]K
収録時間:04分29秒
収録人数:3名


こちら、3名収録で4分半という作品ですが、
特筆すべきは、うち2分半を占める、サムネのJKです。
このシーンには、kakurega作品で見られる重要な要素である、

  • 奇跡的な採光下での鮮明なパンチラ
  • お顔を確認させながらのフロント粘着

が、しっかり含まれています。
 
 
 
set01.jpg
 
こちらのJK、良いです。可愛いです。
朝からばっちりメイクで、しっかり巻き髪にしているところから、
相当に女子力の高いJKであることが窺えます。
ともすると、バレンタインのような、イベント事の日だったりするのでしょうか。
いえいえ、きっと撮影のために早起きしてくれたのでしょう。頭が下がります。
 
 
 
set02.jpg
 
早々に、肌触りの良さそうなピンクの重ねPをゲット!
奇跡的な採光もある中、この状態で2分近くぶら下がります。
いつもながら、高いリスクが予想される車内で、この長時間粘着はお見事。
そのシルキーな太ももに、思わず『はさまれたい☆』気持ちになるのも、良く分かります。
 
そんな中、残念なのは、やはりPで、
女子力が高いゆえに、しっかりパンチラマニアの期待を折っておくことも忘れないというか。
ピンクというカラーに、女の子らしさは残しつつも、
「あんたらのオ●ニーのオカズにはなりません」
と、我々の欲望を冷たくシャットアウトするかのような重ね。
 
残念。いつものkakuregaさんであれば、没にされたかも分かりませんが、
彼女にとっての誤算は、氏がこのような寄せ集め作品をリリースすることを
予測しきれなかったことにありました。
その思惑とは裏腹に、しっかりとGcolleで商品化されてしまいます。
 
 
 
set03.jpg
 
出ました!伝家の宝刀・顔有りフロント!
その整ったお顔を見ながら、恥ずかしい股間部分を拝見します。
いくらPを重ねていたとしても、お嬢ちゃんのように可愛いお顔なら、
おじさんたちは、いくらだってオカズにしてしまうんだよ。
 
 
 
set04.jpg
 
最後は、階段でフィニッシュ。
重ねの下から、黒の生Pがハミ出ているのが分かります。
ちなみにこの後、もう2名収録されていますが、JKが好みでないため割愛。
尺とP次第では単品化もあったでしょう。つくづく惜しい作品です。
 
 
 
 
kakubane2.jpg
パンチラ小人目線☆☆(pa-to55)[電車編]B
収録時間:04分20秒
収録人数:1組2名
 
 
 
set06.jpg
 
続いては、こちらの作品です。
アイドル系への憧れに好感が持てる、JK二人組の登場です。
きっとお上りさんでしょう。精一杯のお洒落をして都会を訪れたようです。
顔立ちにこそ田舎臭さは隠せませんが、その剥き出しにした太ももは評価します。
 
 
 
set07.jpg
 
隣同士にいるにも関わらず、スマホ越しに会話をする2人。
こんなところに、今の子っぽさが垣間見えたりもします。
「○○じゃね?」
なんつって、ちょっと悪ぶった感じの口調を用いることで、
JK特有の、怖いもの知らずを装った、強がりなんかもしているようです。
良いですねぇ・・・いっぱい強がっておいてくださいよ・・・
 
 
 
set08.jpg
 
Pも強がり?面積狭めのサテンP!
暗い中にも、ギザギザの縫い目まで分かる高画質でゲットです。
きっとまだ処女でしょうに、この日のために新品を下ろしたのでしょうか。
サテンのPがこうまで食い込んでくることは、予想外だったに違いありません。
 
 
 
set09.jpg
 
ここから約3分、電車の揺れに合わせて、あらゆる角度から突っ込まれます。
時に、尻肉が布地を完全に喰ってしまうような瞬間もあり、
彼女は、これこそが大人ならではの宿命、などと、
落ち着かないながらも、いち早くこれに慣れようと必死なのかも分かりませんが、
いえいえ、大人だからこそ、こんな無茶な食い込みは避けるものです。
そして、先ほどのJKのように、重ねを用いたりもします。
こんな恥ずかしい状態で街を歩いて、万一盗撮などされたらどうするつもりでしょう。
きっと、多くのパンチラマニアから、「撮れ高抜群!」なんて言われて、
大量の射精をお手伝いさせられてしまうに違いありません。
 
 
 
set11.jpg
 
最後は、お友達のパンチラをちらっと、今度は抜群の光量下で捉えます。
こちらも面積狭めの白Pが、がっつり食い込み。
お上りさんJKには、ちょっと警戒心が足りていないのかもしれません。
壁に耳あり障子に目あり、都会のミニスカにカメラあり。
この次は恥をさらさないように、きちんと肝に銘じておこう!
 
 
 
◆本日のベストカット
set10.jpg
というわけで、本日のベストカットには、2人目のJKの、尻肉が布地を完全に喰った瞬間を選びます。このシーンに光量さえあれば確実に単品化も窺えたこちらの作品、そうは言っても、暗い中で踊るJKの尻肉、そして食い込みサテンは、充分に実用性を伴っています。どうしても単調になりかねない車内粘着において、電車の揺れや被写体の動きを最大限に生かしつつ、接写を含んだ巧みなカメラワークを見ることができる、kakurega作品においてもまれに見る良シーン。リテラシーが低いことに付け込んで撮られた哀れなJKのパンチラは、この大長編における、重要な抜きどころのひとつであると言えるでしょう。
 
 
 
00003_20150208043907243.jpg
▲こちらも単品化に耐えうるクオリティ、不機嫌JKの羽根つきキャラパン!(レビューに飛びます)
 
 
 
asda0004.jpg
▲お上りさんJKはPが食い込んでいるの法則?(レビューに飛びます)


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

そふといちば、始動。

 

What’s そふといちば?

DIGITENTSの後継サイトとして誕生したアダルトコンテンツマーケット。まだ始動直後のためか、画像が表示されないなどの不具合が見受けられるが、取り急ぎ登録・購入・ダウンロードは可能(確認済み)。デジのID/PWがそのまま使える。(→ガイドページへ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ