【Gcolle】低所得者層ほどAV堕ちするという世の常識はパンチラ界では通用しないのです【kakuregaさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
結局、連休中はほとんど家から出ず、Gcolleを徘徊していました。
拙者の中でGWとは、Gcolle Weekにほかならなかったのです(名言)
えっ、いつもじゃないかって?えーと、手裏剣はどこにしまったっけな・・・
 
 
(昨日の記事)第二回・kakuregaさんの驚異のボリュームを含んだセット作品買ってみた
 
 
皆さんが、忙しくリア充を謳歌され、魚釣りなんかを楽しまれている中、
拙者は「この商品を買った人は、こんな商品も買っています」に釣られ、目まぐるしくサイト内を行き交っていました。
あーあ、いつからこんな風になっちまったんだっけな・・・(遠い目)
さて、今夜は予告通り、Gcolleで昨日購入したセット作品の中から、
kakuregaさんによる、こちらのJKパンチラ作品をレビューします。
 
owari67e.jpg
パンチラ小人目線☆☆(pa-to67)[追い編]e
収録時間:04分20秒
収録人数:1名


こちら、kakuregaさんが昨日付けで出された大ボリュームのセットより、
比較的まじめそうなJKが出演している作品。
正直、拙者的にはそこまでハマるモデル系統でなく、順位も“中の中”といったところなのですが、
いかんせん、この作品が一番筆が進みそうであったことから、ピックアップしてみることにしました。
 
 
 
gcollekakurega501.jpg
 
今作はまず、こちらの5秒程度のお顔撮りから始まります。
芋にもギャルにも寄らず、本当に『十人並み』という言葉が合致する、等身大のJK。
だからこそ、そのリアリティがたまらないという方は、多いように思います。
仲良し3人組で、他愛もない話で談笑しているのですが、
その辺を歩いていれば、そこここで見られる、ごく日常的な光景です。
そんな、何の変哲もないJKが、突然AVデビューを果たす。
これこそ、逆さ盗撮の持つ、究極の醍醐味と言えるのではないでしょうか。
 
 
 
gcollekakurega502.jpg
 
まずは早々に電車内で、純白のパンティをゲット!
地下鉄のため光量は少なめですが、白という色は視認にも役立ちます。
この下着もまた、このぐらいのJKが、順当に選ぶであろう下着。
決して色気や、はたまた防御に突出することのない、ありのままの下半身です。
 
 
 
gcollekakurega503.jpg
 
で、今作、圧巻はここからの展開です。
まずは、氏の作品ではもはやお馴染みになりつつある、エスカレーターフロント
下りエスカで被写体の前に立ち、かつ鞄を後方に向ける、難易度の高い撮影です。
これ、何が良いかって言うと、その眺望もさることながら、彼女達のおしゃべりです
会話の内容は、そこまではっきりとは聞き取れないのですが、
昨日見たテレビの話なのかもしれませんし、今日学校で起こったよもやま話なのかもしれませんし、
もしかしたら、気になる男子の話なのかもしれません。
そんな、日常の何気ない風景に癒されます。パンチラとともに。
 
 
 
gcollekakurega504.jpg
 
ご覧のように、彼女、おっぱいもしっかり発育を帯びており
その白いベストの上から、優しく揉みしだくことで、大人の身体への変化を促してあげたくなります。
目の前でカメラが回っていることになど、気付くそぶりもなく、
お友達とのトークが、今の彼女の中では、世界の全てのようです。
 
 
 
gcollekakurega505.jpg
 
階段でも、果敢にフロント撮りを狙われます。
きっと彼女、どこにでもいる普通のJKなのでしょうが、
その真面目そうな制服、スカート丈から、非行に走るようなことはまず無さそう。
むやみに着崩したりせず、唯一小さなブルーのバッグで、控え目に個性を主張しています。
家庭や学校も、そこそこに教育への関心が高いことが窺え、
彼女は、同じ歳の頃の少女が、まるで売女か露出狂のような服装に身を包む中、
定められたルールの中で、華のJK生活を楽しむ。
なんとも微笑ましい、ほっとするような光景ですが、
少しだけスカートを捲り上げてしまったことで、悪い大人の目に留まってしまいました。
 
 
 
gcollekakurega506.jpg
 
いつの間にか、お友達ともお別れし、
彼女は一人、都心のベッドタウンへと消えていきます。
そこに住むのにも、彼女をそんな学校に通わせるのにも、
きっと並大抵ではないお金が必要になるはずです。
彼女のお父様は、汗水流して働かれたのでしょう。
ちょっと反抗されたりもする年頃でしょうが、それもまた彼女が真っ当に成長している証。
その後、受験戦争を勝ち抜き、やがて運命の人と出会い、
その手を離れる頃には、きっと涙を流して喜ばれることでしょうね。
 
でもね・・・お父様。お嬢さんはお嫁に行く前に、
GcolleでAVデビューを果たし、全国のキモヲタの慰み物にされてしまいました。
 
 
 

◆総評・本日のベストカット

gcollekakurega507.jpg
 
と言うわけで、本日のベストカットには、しっかりと明るみを帯びた場所で撮られた、こちらの純白を選びます。なんだか全くレビューになっていないような気もしますが、今作のkakuregaさんの飛行には、安定感と言うよりは、ある種“攻め”の姿勢を見ることができます。それは、単にリーチを縮めたり、彼女と長時間行動を共にしたりすることではなく、既存のバリエーションにある撮影手法に満足せず、下りの段差を生かしたフロント撮りに代表される、高度な技術を強いられる大技への挑戦の姿勢に、さらなる飛躍を見据えた向上心を見ました。そんなチャレンジの成果もあってか、氏の作品には時折乏しい『被写体のパーソナリティ』を存分に味わうことができる作品。こうした『普通の女の子』が卑劣に晒されることこそ、最も興奮するという鬼畜な方は、きっと少なくないはずです。
 
 
owari67e.jpg
パンチラ小人目線☆☆(pa-to67)[追い編]e

 女の子  ★★★
 パンツ  ★★★★
 画質  ★★★
 耐空時間  ★★★★
 実用性  ★★★★

そんな理由から、女の子は“いい意味で”星3つ。
芋派ギャル派、双方の許容範囲内にあるJKと言えるでしょう。
惜しむらくは、そのロケーションから、終始光量に恵まれなかったため、
せっかくの純白が、いまひとつ生きなかったことでしょうか。
ともあれ、AVとは縁遠そうなJKのパンチラというギャップ、
そして、彼女達の放つリアルなキャッキャ感から、
JK好きであれば、間違いなく股間の疼く作品です。

2 Responses to “【Gcolle】低所得者層ほどAV堕ちするという世の常識はパンチラ界では通用しないのです【kakuregaさん】”

  1. クラン より:

     
    でもやっぱり激ミニのjkがいいです

  2. ムラサメ より:

     
    > クランさん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > でもやっぱり激ミニのjkがいいです
     
    分かります。
    何と言うか、都合よくいつでも抜きやすいんですよね。(暴言)


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ