【Gcolle】処女性を保った清楚なJKの純白パンチラ3連発【Pクエストさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
昨日、「Gcolleが硬直してきた」などとぼやいていたところ、
コメント欄より、古参の大御所投稿者様が再始動された情報を頂戴しました。
早速確かめてみたところ、久しく更新のなかった商品一覧に、目新しい新作が。
 
その選球眼には確かなものがあり、一言で言うなら“美少女ソムリエ”。
代表作は驚異の閲覧数6万超えを叩き出し、パクリまで生じさせる社会現象を巻き起こしました。
商品一覧には、決して大げさではなく、タレント顔負けの美少女が目白押し。
そんな権威の復活は、ここのところ失速気味のGcolleにとって、カンフル剤となるでしょうか。
 
今夜は、長い沈黙を破り、およそ8カ月ぶりに新作をリリースされた、
Pクエストさんによる、JKパンチラ作品をレビューします。
 
復活作!いまどき貴重な生パン制服女子3連発
復活作!いまどき貴重な生パン制服女子3連発
収録時間:01分56秒
収録人数:3名


こちら、昨年9月以降新作が見られなかったPクエストさんが、本日付で出された最新作。
立て続けに5作ほどリリースされており、自身の復活を華々しく飾られています。
制服JKが、うち今作1つのみであったことは残念ですが、
まずは氏の帰還を歓迎するとともに、積極的な再稼働が見られることを願いたいものです。
 
 
1112.jpg
 
ところで当サイトでは、昨年末にGcolleベストイレブンなるふざけたものを作っており、
Pクエストさんにはワンボランチという、非常に厳しい役回りをお願いしておりました。
現在ではかなり様変わりしてしまいましたが、ここに来ての氏の復帰は大きく、
再びチームを作れる日もあるのではないかと、にわかに心を躍らせた次第です。
 
現状離脱されている方は、ちょっと縁起でもない黒塗りになっておりますが、
その要因が故障なのか累積警告なのか、知る術はどこにもありません。
ただ、引退選手の復活など、ここではサッカーではあり得ないことが往々にして起こります。
なぜなら、この人たちはサッカー選手ではないからです。
 
 
個人的に、作品を残して去られている方の復活は望み薄なんて思っていたのですが、
そこに『NEW』のアイコンが点るのは、止まっていた時間が動き出すようで、感慨深いものがありますよね。
これに乗じて、あの方やその方の再始動にも期待したいところですが、皆さん元気にしてるのかなぁ・・・
話を戻しまして、ここからようやくレビューに移ります。
 
 
 

1人目

gcollepquest301-.jpg
 
今作は、計3名のJKのパンチラが収録されています。
で、冒頭を飾るのは、こちらの電車内で日焼け止めをぬりぬりしているJK。
さすがの美少女ぶりで、アイドルチックなツインテなのも拙者的には高ポイント。
が、育ちの良さそうなお顔とは裏腹に、その行為はちょっとはしたないと言わざるを得ません。
 
 
gcollepquest302.jpg
 
そんな彼女へ、まるでお仕置きとばかりに、後方へ尾けます。
そのスカート丈は、思いのほか長いんですよね。
都市部では珍しいほどのロング丈で、このところクソミニに毒された我々には、ややマッチしないか?
何より、そこへ鞄亀を突っ込むなど、少々骨が折れそうなものですが・・・
 
 
gcollepquest303.jpg
 
案ずるなかれ、真面目なひざ丈スカートの中から、純白のPをゲット!
やや食い込み気味ではあるものの、しっかり処女性の保たれたパンティです。
スカートのひらつきに遮られるため、ずっと見えっぱなしとはいきませんが、
予定調和なその下着に、芋派の皆さんは胸を撫で下ろされることでしょう。
 
姿撮りは遠目から30秒弱、パンチラは音声が切れて15秒程度で、その後スローが入ります。
 
 
 

2人目

gcollepquest304.jpg
 
続いては、これもまた芋受けしそうなJKの登場です。
先ほどの子はアイドル系への傾倒がありましたが、こちらは純然たる芋。
ただ、レディーになれば、きっと化けるであろう素質を秘めており、
さすがは美少女ソムリエの審美眼といったところでしょうか。
 
 
gcollepquest305.jpg
 
これまたスカート丈が長いですよね。
商品解説文によれば、Pクエストさん、わざわざ田舎へ遠征されて撮られたのだとか。
原石は都市部ではなく地方に埋もれているというのは、あまりにも有名な話です。
その磨かれる前の姿を、我々だけで把握し、後生大事に補完しておきましょう・・・
 
 
gcollepquest306.jpg
 
出ました!二連続・純白P!
文字通り、『穢れを知らない』『無垢な』パンティと言えるでしょう。
光量が足りず、いまひとつ色身にも欠けることが残念ですが、
スローや逆再生を含めて約15秒、たっぷり味わわせてくれます。
 
 
 

3人目

gcollepquest307.jpg
 
最後は打って変わって、こちらのミニスカJK。
クソミニと言えるほど短くもスレてもいませんが、ミニ好きはここで身を乗り出すのではないでしょうか。
こちらも遠征先で撮られたようで、やや見慣れないコンコースは新鮮でもあります。
彼女はいくらか活発そうですが、男慣れした感じは決して無さそうです。
 
 
gcollepquest308.jpg
 
そうそう。JKのスカート丈は、やはりこうじゃないと。
でも、こんだけ短いってことは、どうせ黒Pでしょ・・・?
 
 
gcollepquest309.jpg
 
Wao!それは近代が生んだ奇跡、三者連続純白P!
丈が短いものだから、しっかり光が差し込み、今作上最高の撮れ高を見せます。
尻肉にしっかり食い込み、その形を浮き上がらせているのがなんともエロティック。
スローを駆使することで、お万個周辺のきわどいところまで確認できます。
向こうに少年が見えますが、彼の目線からでは、普通に見えてしまいそうですよね・・・
 
 
商品解説文では、Pクエストさんをして、生Pは『絶滅危惧種』と揶揄されており、
夏に10人撮っても1人いるかいないかという、嘆きともとれる統計を発表されています。
撮り師としては、なんとも実入りの少ない時代となってしまったようですが、
そんな中でも、きちんと選別してくださる配慮には、頭が下がる思いです。
 
 
 

◆総評・本日のベストカット

gcollepquest309.jpg
 
と言うわけで、本日のベストカットには、ラストで見られたミニスカの先に捉えた貴重な純白Pを選びます。1人当たりの撮れ高にはやや物足りなさはあったものの、その美少女審美眼は健在で、しっかりと抜きやすい中身で揃えられてきたところには、復活を遂げられた氏からのサービス精神も窺うことができました。今作で見られた『遠征(ロケ地の変更)』には、つい色々な想像を巡らせてしまうところですが、どうか安全飛行にはくれぐれも注意を払っていただき、細くとも安定した供給にあやかりたいものです。今作は、いわゆる『等身大の』JK達の、穢れを知らない『白さ』が見られる作品。淀んだ毒素にまみれたクソミニばかりを責め立てていらっしゃる歪曲した方々は、たまにはこういったJK達に、“心の洗濯”をしてもらうべきではないでしょうか。
 
復活作!いまどき貴重な生パン制服女子3連発
復活作!いまどき貴重な生パン制服女子3連発

 女の子  ★★★
 パンツ  ★★★★
 画質  ★★★★
 耐空時間  ★★
 実用性  ★★

ちょっと辛いような気もしますが、やや粘りに欠けた感は否めず・・・
今後への期待も込めて、実用性はあえて抑え目にしました。
そんな中でも、やはり3人目の食い込みPは見応えがあり、
Pの面積も狭く、コマ送りなどを使えば、しっかり実用に足るシーンです。
モデル系統は、芋~ノーマル寄りのJKが中心になるため、
クソミニに目がやられている方は、クールダウン後に楽しまれた方が良いかもしれません。
何はともあれ、まずは大御所のご帰還をお祝いするとともに、
次なるJKモノの新作を、楽しみに待ちたいと思います。
 
 
復活作!アイドル級の娘しか撮らない至高の逆さ撮りpart3
▲人気レーベル『アイドル級の娘しか撮らない』も復活!彼女はKでしょうか?(Gcolleに飛びます)

2 Responses to “【Gcolle】処女性を保った清楚なJKの純白パンチラ3連発【Pクエストさん】”

  1. ジャックポット より:

     
    わ、わ、三人目のJKちゃん良さげですね~、こんな感じの着こなしの娘、街なかでもよく見かけますね~。
    スカート丈もいちばん大好物な長さです!
    ひざ丈のスカートを乗り越えて、秘密の花園を覗くのもコーフンしますが、やはり、オシャレのつもりで短くしたスカートの中身を下から覗くのが最高です。
    そして田舎の娘特有の無防備さ。自分のお尻がこんなにも経済効果を上げることなど、露ほども知らないのでしょうね。
     
    短くしたスカートの中でプリプリのお尻に食い込んだ可愛いホワイトパンティをいただきます。
     
    ・・・うっ!。。。ふぅ~(´Д`)

  2. ムラサメ より:

     
    > ジャックポットさん
     
    こんばんゎ、コメントありがとうございます。
     
     
    > わ、わ、三人目のJKちゃん良さげですね~、こんな感じの着こなしの娘、街なかでもよく見かけますね~。
    > スカート丈もいちばん大好物な長さです!
     
    確かに、ジャックポットさんの好きそうなニュアンスですよね。
    バカみたいなクソミニではなく、ほどよいキャピ感・・・拙者も嫌いではないです。
    すみません。大好きです。
     
     
    > ひざ丈のスカートを乗り越えて、秘密の花園を覗くのもコーフンしますが、やはり、オシャレのつもりで短くしたスカートの中身を下から覗くのが最高です。
    > そして田舎の娘特有の無防備さ。自分のお尻がこんなにも経済効果を上げることなど、露ほども知らないのでしょうね。
     
    オシャレをして、例えば雑誌に載れたところで、それは1円にもなりませんが、
    Gcolleに出られれば、少なからず経済を回すことになりますよね。
    まぁ、モデルさんの懐にいくらほど入るのかが、心配でなりませんが(苦笑)

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

極悪パンチラマーケットへの入口

pcollelogo

logo_digitents4

logogcolle


今日、パンチラ作品が展開されている素人投稿型マーケットプレイスは、上記3サイトに集約される。しかしかつて隆盛を極めていたGcolleは昨年、制服JK作品の新規受け入れを停止したことにより、実質的にオワコン化。やがて流民たちはDIGITENTSへ漂着したものの、使い勝手の悪さやホモ作品の混在、そしてバカ高い販売手数料によって、投稿者を中心に消耗が始まる。そこへ業を煮やしたかのように立ち上がったPcolleが、格安の手数料をエサに人気投稿者を囲い込み、今、新しい時代が幕を開けようとしている。

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

本当に売れてるパンチラ動画

【制服】vol.166
【制服】vol.166
日本パンチラ協会(JPA)において最重要座りパンチラ作品に認定された、この界隈を代表すると言っても過言ではない一本。可愛い子の黒か、ちょいブサの生か。そんなマニアたちのジレンマに問い掛ける、哲学的な要素をも孕んだ作品。ほのぼのパンチラの決定版です。(レビューはこちら

part41【超かわいい子達をめくる】奥義スカートめくりパンチラ
伝説のスカートめくり師・ひよこさんがリリースされてきた作品の中で、最も撮れ高が良く、万人受けするであろう作品がこちら。街で見掛けるJKのスカートをめくり上げ、あまつさえ声掛けまで敢行してしまう鬼畜な作品。これを見ると、他もどんどん見たくなる!(レビューはこちら

めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
めくり撮りパンチラ part47 プレミアム4「制服好きは買いましょう」
かつてこれほどまでに鮮明に、美しく撮影されたパンチラ動画があっただろうか。ましてそれが、スカートめくりという奇術によって、よりスリリングになっているとしたら・・・?誰しもが目を疑うことになる、近代パンチラ界における究極の一本!(レビューはこちら

digitentskameo100
【4K撮影】計6人のJKパンチラ!おすすめです♪
夢の国内において、自撮りに興じる無防備なJKから、ひたすらパンチラを狙った意欲作。驚くべきはその画質で、まるでお父さんが子供の運動会を撮るようなクオリティで得られた盗撮風映像には、一見の価値があります。(レビューはこちら

[HD]JKお裾分けvol.21
[HD]JKお裾分けvol.21
都会で時々見かけるキレカワなJK。モデルでもやっているの!?とても素人とは思えない、JK離れしたJK。触りたいけど、声を掛けたいけど、そんな願いが叶うはずもなく・・・。しかしそんなJKのスカートの中が、思う存分拝めるとしたら?最もポテンシャルが高いJKの、最も新鮮なパンチラ作品。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to32)[電車編]
めっかわアイドル系美少女と、超絶光量・フロント撮り・透け毛でランデブー。拙者はこれでGcolleに引きずり込まれました(笑)数あるパンチラ動画の中から、まず初めに手に取っていただきたい一本です。(レビューはこちら

パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to50)[電車編]
上記がお気に召したのであれば、次に手を出していただくのはこちらと決まっています(笑)ただしギャル好き限定。お高く留まったギャルJKの、顔面見ながらフロントパンチラ!(レビューはこちら

15014356_img
【撮影バレシリーズPart8】次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
可愛いJKのパンチラを撮って鼻の下を伸ばしていたら、隣にいた友達にバレてた!ツカツカとカメラの前を横切った彼女が、変質者に対して吐き捨てた屈辱の言葉とは?(レビューはこちら)        

このページの先頭へ