Vineで見られるJKのパンチラ動画まとめ2


こんばんゎ、ムラサメです。
昨今のJKのITリテラシーの低さは、危険を極めています。
ソーシャルメディアに、自身や身内の顔はおろか、
きわどい姿や、個人情報を晒す凶行は後を絶たず、
お手軽に動画を投稿できる『Vine』には、まるで競い合いのごとく、
彼女達のあられもない映像が、日々投稿されています。
 
 
(前回の記事)Vineで見られるJKのパンチラ動画まとめ
 
 
こうした映像は、必ずしも身内の範疇に留まることを許されず、
彼女達が想定していない第三者によって覗き見られ、時には追跡されます。
個人情報をだだ漏れにしている以上、その先にはあらゆる危険が想定され、
それは若気の至りという言葉は決して済まされない、甚だ軽率な行為と言わざるを得ません。
いつ何時、変態アダルトサイトなどによって晒し上げられることにより、
一生消えることのない黒歴史、“デジタルタトゥー”となってしまわないよう、
我々の世代には、彼女達に対し、充分に啓発する義務があるのではないでしょうか。
リア充がキスする動画とかマジ胸糞、直ちに爆発しr
 
というわけで今夜は、そんな注意喚起の意味を込めて、
Vineで見られるJKのパンチラ動画の、第二段をお届けします。
※処理落ちするため、お使いの環境によっては固まることがあります

①逆さ編


 
早速、Gcolleの逆さ撮り師もびっくりの映像が登場です。
何の気なしに撮ったのかも分かりませんが、
そのアングルには、変態パンチラマニアに訴求するものが充分にあります。
こんなものを軽々しくネットにアップしてしまうなど、
今の教育機関は彼女達に何を教えているのでしょうか。
 
 
 

②自ら編


 
お次は、これもまた状況がよく分からない、自ら見せる映像です。
なぜ彼女は、このような映像を撮らせる必要があったのでしょう。
その場の軽いノリや、束の間の名声ほしさだったのかも分かりませんが、
自身がJKブランドを纏っているだけで、絶えず好奇の目に晒されていると言う事を、
彼女達には、分からしめる必要があるのではないでしょうか。
 
 
 

③絶頂編


 
これぞ完全に、“その場のノリ”で撮られたものでしょう。
一見、微笑ましい青春の1ページのようにも見えますが、
そこに下着が見え隠れしている以上、危ういと言わざるを得ません。
ところで、こうした映像が日常的に散見する以上、
パンチラごときが児ポ認定されることがないと言う、裏付けにもなりますよね。
 
 
 

④いじめ編


 
よく、“じゃれといじめは紙一重”なんて言いますが、
この場合はどちらなのか。それを知るのは、撮られている彼女のみでしょう。
仮に、双方にそんな気がなかったとしても、
このように、魑魅魍魎うごめくネットに上げてしまうなど、
その行為こそが、最大のいじめであると言えるでしょう。
 
 
 

⑤続・いじめ編


 
こちらも、多人数によって囲まれるJKです。
そして何よりも罪深いのは、その痴態を撮影し、ネットに上げる行為なのです。
 
 
 

⑥続・自ら編


 
こちらは、先ほどに続き、自ら御開帳するJKです。
JKであると言うだけで、自身がどれほど好奇の目に晒されているかという事を、
しっかり認識していない、危うさの典型です。
数年後に赤面しても時すでに遅し、拡散されてしまってからでは遅いのです。
 
 
 

⑦正常位編


 
うわぁ・・・これはいけませんねぇ、JKがセックスの真似事です。
彼女達の中では、それはまだ『エッチ』と呼ばれるものなのかもしれません。
見よう見まねの腰使いから、経験はまだであると信じたいですが、
やがて悦びを知ってから、この黒歴史を見た時、彼女達は何と思うのでしょうか。
 
 
 

⑧行為のあと編


 
そして、喘ぎ疲れたのか、ぐったりしている彼女。
いずれ、それほどにパワフルな相手から、女を教わるのでしょうか。
 
 
 

⑨回転編


 
青春同士のカップルがじゃれ合う、微笑ましい光景ですね。
ふざけるな、JKから離れろ!!犯罪だぞ!!!!
 
 
 

⑩レイプ編


 
これは酷いです。男の側から、JKを襲います。
おいおい、イケメンだったら何をやっても許されるのか!?でももっと見せてください(土下座)
 
 
 

⑪めくり編


 
Vineに、友達同士でふざけてスカートめくりをした動画を上げるのは、
閲覧数も稼げるためか、静かなブームであったはずなのですが、
ここのところ、その流れは収束傾向にあるようです。
どこかの変態ブログがまとめ上げたりしたことが、彼女達の目に触れたのでしょうか。
 
 
 

⑫儀式編


 
その瞬間は、ただただ楽しかったのでしょうけど、
それがキモヲタの興奮材料にされていると知っても、
まだそのまじないを続けられるでしょうか。
 
 
 

⑬続・逆さ編


 
これもまた、逆さ撮りマニア垂涎の映像です。
他人に撮られれば、ギャーギャーと騒ぎ立てるくせに、
身内で撮られる分には、さほど気にしないようです。
ネットに晒されている時点で、どちらも一緒だぞ!
 
 
 

⑭続々・自ら編


 
自らパンティを晒し、さらには笑ってしまう始末。
これだけ見られたい願望が強い場合、
逆に、拡散されることを望んでいるのでしょうか。
 
 
 

⑮姫編


 
最後は、女子力の高いJKが3名出演します。
微妙に見えそうで見えない線を突いてくる辺りに、男を手玉に取る計算高さが垣間見えます。
決して、興奮を刺激するつもりなど無かったのかも分かりませんが、
世の変態達は、君たちがJKであると言うだけで、実用に漕ぎつけてしまうのです。
 
 
 

◆総評

vineself.jpg
 
と言うわけで、相変わらず危機意識の甘い彼女達の、『自らAVデビュー』とも言うべき動画の数々を見てきました。生まれた頃からネットがあり、教科書よりも長い時間スマホに触れている彼女達からすれば、このような行為はあくまで遊びの一環であって、たとえ誰かに見られる恐れがあろうと、我々が危惧するほどシリアスになる必要はないとタカを括っているのかもしれません。ただ、本当にその恐ろしさと対峙するのは明日明後日の話ではなく、数年後、もしくは数十年後、彼女達に大切な人ができたり、あるいはその過去を遡られたりした時ではないでしょうか。インターネット上には、一瞬でも出回ってしまった以上、完全に抹消できるものなど、絶対に有り得ないのです。
 
 
 
vinemekuri.jpgjkvine3.jpg
▲こちらは第一弾と第三段。(過去記事に飛びます)
 
 
jkvine4.jpg
▲そしてシリーズ第4段を追加!JKの投稿は止まらない。(記事に飛びます)
 
 
 

◆おまけ

zipangdt.jpg
 
デジタルタトゥーと言えば、ZIPANGがこんなゲスい物も出してますw
ヤリチンの秘蔵コレクションが、写真袋で流出してしまったそうです。
大人になってもこの意識の低さでは・・・我が国の将来は危ぶまれますね。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

そふといちば、始動。

 

What’s そふといちば?

DIGITENTSの後継サイトとして誕生したアダルトコンテンツマーケット。まだ始動直後のためか、画像が表示されないなどの不具合が見受けられるが、取り急ぎ登録・購入・ダウンロードは可能(確認済み)。デジのID/PWがそのまま使える。(→ガイドページへ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ