【Pcolle】凛とした美少女JKのフロントがどうしても撮りたくて、無理矢理カメラをねじ込もうとした結果【きゃらめるぷりんさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
今日あたりをもって、大方のLJKが卒業を迎えたところでしょうか。
彼女たちのSNSを見ていると、なんだか切なくなるものがありますよね。
LJCが「春から●●生!」と、嬉々として“陣取り”を始めているのに対して、
ブランドを終えた女たちは、「時給のいいアルバイトないかな~」などと、
虚無感や喪失感もほどほどに、早くも現実的な悩みに直面しているようです。

拙者は普段、電車の中などで、JKのスマホを専門に覗き込んでいます。
そこではほとんどが、インスタやTwitterといったSNSに興じているわけですが、
ふと気になって、BBAがどんなサイトを見ているかをチェックしてみたところ、
『オーガニックコスメ』とか、『美顔器』とか、『ホットヨガの予約』とか、
つまるところ、美容に関心があり、そこに金をかけているようなんですね。
もちろんJKも興味は持っているでしょうが、彼女たちはまだSNSの方に夢中ですから、
卒業してほんの数年経つだけで、その熱量はこうも変わるものかと思わされました。

BBAたちからすると、「美に磨きをかけている」といったところなのでしょう。
JCJKのような小娘には賄えない経済力で、より高度な美容を行っていると。
違うんですよね。JCJKは若いので、そもそもそんなものは必要が無いのです。
BBAは老化が顕著になるため、必要経費がかさむようになっただけの話であって、
これは古い神社や仏閣に、修繕費や維持費がかかっているのと同じことなのです。
社会に出ることで、女もJKのバイト代以上には収入を得られているようですが、
そのほとんどが、若さと張り合うために浪費されていると思うと、
女というものが、つくづく無意味で非生産的な生き物であることを思わされます(苦笑)

 
さて今夜は、そんな老化を知らない、フレッシュなJKパンチラ作品をご紹介。
Pcolleより、きゃらめるぷりんさんの最新作をレビューします。

【顔出し生ぱんJK】きゃらめるぷりん8杯目
【顔出し生ぱんJK】きゃらめるぷりん8杯目
収録時間:02分31秒
収録人数:1名

 
そう。フレッシュなんですよ。きゃらめるぷりんさんは。
と言うわけでこちらは、昨日付で出されたばかりの、きゃらめるさんの最新作。
氏の作品は、ちょっと特殊な観点で『賛否両論』があるわけですが、
本作はであると、拙者は判断しました。どういう意味かは不明です。

なぜこのタイミングで・・・謎が謎を呼ぶ展開ではありますが、
被写体の在学状況が変わるこの季節には、そんなことも起こるのかもしれません。
拙者は本作を見ながら、画面の前でこう言いました。「お帰りなさい」と。
回りくどい書き出しで恐縮ですが、とりあえず中身を見てゆくとしましょう。

 
 

はい。こちらが本作のモデルとなってくれたJKちゃん。
うーん、フレッシュです。そして所作や佇まいがこう、という感じです。
この日は風が強いようで、駅のホームでビュンビュン煽られているのですが、
そうしてたなびく髪が色っぽく感じられる、大人びた雰囲気のあるJKちゃんですね。

ご覧のブスアングルからの捕捉のため、ちょっと損してしまってはいるのですが、
オリエンタルな雰囲気もある、凛とした美少女と言うことができるでしょう。

 
 

そんな彼女とのファーストコンタクトは、定番のエスカにて。
追い越し車線を上って行こうとする後方に、ぴったり貼り付くと・・・

 
 

ムニッ、ムニッ・・・と、面積狭めの白が躍動します。
いいですね。爽やかな雰囲気のある彼女にぴったりのお召し物です。

ただ、ここはちょっと光量に恵まれません。
実は本作、氏が商品解説文で「撮れ高には期待しないで」と前置きするように、
先の顔撮りもそうでしたが、いまひとつ釈然としないシーンが先行します。
正直、“らしくない”・・・ところではあるのですが、
その“らしくなさ”こそ、我々が求めていたものなのかもしれません。

 
 

車内へ移動します。きゃらめるさんは、彼女の隣の立ち位置をキープ。
明るい車内・・・ではあるのですが、このいまひとつなポジションと、
彼女が抱えている荷物の多さから、やはり釈然としない展開が続きます。

 

ウーン・・・フロントへ『にじり寄せ』!
くそー、この正面のリーマンさえ居なければなぁ・・・

 

サイドから亀を周遊させることで、こうした『Pの表情』を楽しむことができます。
特に直下から見上げた際の、縫い目が露わになるシーンはいいですね(画像右)。
しかしながら、いずれも一瞬のため、ここは一時停止が必須となります。

 

スマホを鏡代わりにして、身だしなみをチェックしているJKちゃん。
大丈夫。お嬢ちゃんは充分に可愛いから、そんなに心配しなくてもおk。
こうした、顔同時フロントへ果敢にチャレンジしようとする飛行には、
氏のポリシーが見て取れ、非常に好感が持て、また懐かしく思えました。

 

一番安定した画は、後方から見られるこちらのアングルでしょうか。
正直、やはり破壊力にはいまひとつ欠けるものがあるのですが、
それはあくまで、この方の実績からすると“らしくない”というだけで、
実際の撮れ高としては、まずまず及第点と言える範囲内でしょう。

 

しかし、このまま退いては、きゃらめるブランドが廃る。
氏もまたジャンキー。成功体験があるからこそ、時には強気に出てしまうもの。
JKなんて、眼下で何が起きていようと、案外気にも留めていないものです。
であれば攻めあるのみ。そうしたメリハリのある飛行こそ、界隈に求められているのです。

電車内という閉鎖空間にもかかわらず、鞄をねじねじ、ねじねじ・・・
見せろ、フロント、見せろ、リボン、見せろ、刺繍・・・・・
するとどういうことになるか、皆さんならお分かりですよね?

 
 

!!!

 
 

レンズと目が合ったJKが、その次にすること・・・
それはすなわち、撮り師の方を見ること。
この人が、こんなことをしているんだ。
私の横で、何食わぬ顔をして、実はとんでもないことをしているんだ。
一見真面目そうなのに、実はJKのパンティ見て鼻の下を伸ばしてるんだ。
大人って、怖い。男って、本当に最低の生き物なんだ。

こうしてJKは、また一つ大人になるのです。
痴漢に盗撮、そうした卑劣を一身に受けながら、
JKブランドというものが持つリスクの側面を、その肌で感じ、学んでゆくのです。
そうしてリテラシーが備わって、重ねを履き、SNSに鍵をかけるのでしょうね。

しかし女は、こうした卑劣を向けられているうちが『華』。
やがて老化して、誰にも相手にされなくなることほど虚しいものはありません。
卒業したJKは今ごろ、そこに懐かしさすら覚えているのではないでしょうか。
全国のJKちゃん。こうして撮ってもらえるのも、今のうちだけなのだから、
しっかりと生Pを晒して、美しい姿を収めてもらうようにしようね。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、きゃらめるぷりんさんのリアリティある新作を見て来ました。正直、控え目な作品ではあります。バレ作品として見るにも、確信バレと言うよりは、やや半信半疑に近い状態かもしれません。ただ、ご承知の通り、きゃらめるさんの映像にはケラレが一切ないため、恐らくはレンズが剥き出しになっていることが予想されます。そこにしっかり視線が来たということは、彼女の中には懐疑心以上のものが芽生えたと考えるべきでしょう。そんな『汚いモノを見る目』が股間に突き刺さる、やや歪曲した方向けの作品とも言え、無敵と思われていたこの方にも、こうした失態があるのだということには、人間臭さを見るようでもありました。無事販売できていることを見るに、その後はなんとかやり過ごせたものと思われますが、閉鎖空間でこれほどまでの危険を冒せることには、やはり氏の根底に流れている血が“狂気的なもの”であることを実感しました。

 
【顔出し生ぱんJK】きゃらめるぷりん8杯目
【顔出し生ぱんJK】きゃらめるぷりん8杯目

女の子 ★★★
パンティ ★★★★
画質 ★★★
耐空時間 ★★★
実用性 ★★★

女の子のポテンシャルに反して、顔撮りはあとひとつ冴えませんでしたが、
フロントから頑張って臨もうとするシーンが長いため、本人認証はまずまず叶います。
全体を通してモロっとした撮れ高に乏しく、『キメの画』が不在なことから、
耐空時間が削られ、それによって実用性もいまひとつ伸び悩む結果に。
しかしながら、何よりも喜ばしいのは、そこにリアリティがあることで、
氏のこうした作風を待ち望まれていた方には、ぜひご検討いただきたいところ。
そして本作が、これから始まるきゃらめるさんの新時代の前哨戦であり、
年度が変わった頃には物凄い新作が放たれるのではないかと、個人的には期待しています。

もうすぐ、春が来ますね。

6 Responses to “【Pcolle】凛とした美少女JKのフロントがどうしても撮りたくて、無理矢理カメラをねじ込もうとした結果【きゃらめるぷりんさん】”

  1. 玉三郎 より:

    このケラレのなさと高画質にはすごく既視感があるんですが・・・・・なんだかんだどの作品も必ず1位になるんで賛否あるのは人気の証ですよね・・・。

    しかしやっぱり股間に響かないことにはどうしようもないので見送りました。代わりに特殊な、パンチラは世界を救うさんの試着室のセットを購入しちゃいました・・・・卍卍卍さんもそうでしたが、あまりないジャンルは気になります。しかもいつ消えるかわからんので。

    試着室③の子が広瀬す●ちゃんに似てて、めちゃシコでした・・・・ぜひ新作をもっと出してほしい・・卍卍卍さんも・・・・しかしくれぐれもお気をつけて・・・・。

    • ムラサメ より:

      > 玉三郎さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > このケラレのなさと高画質にはすごく既視感があるんですが・・・・・なんだかんだどの作品も必ず1位になるんで賛否あるのは人気の証ですよね・・・。
       
      やはりパンチラ動画は、氏のような高画質であれば、一定以上の訴求力を伴うのであって、
      賛だの否だのわめいているのは、一部の歪曲を極めたマニアだけなのかもしれません。
       
       
      > しかしやっぱり股間に響かないことにはどうしようもないので見送りました。
       
      本作は、リアリティうんぬんより、単純に撮れ高が惜しかったですね。
      しかし、いずれ必ず、マニアを唸らせる作品が出てくると思いますよ!
       
       
      > パンチラは世界を救うさんの試着室のセット
       
      これ良さそうですね~。被写体がJKなら即買いなのですがw
      やはりこうした『特殊な撮影』には、マニア心をくすぐられてしまいますよね。

  2. 淫欲の壺 より:

    その賛否で言うと他の作品は全て否の匂いが感じられるのですが
    ここに来て唐突な賛の放出とは何事だろうと不思議に思います

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > その賛否で言うと他の作品は全て否の匂いが感じられるのですが
       
      またまた、厳しいことを仰るw
      拙者的には、どちらともとれない作品が数点紛れ込んでいたように思っています。
       
       
      > ここに来て唐突な賛の放出とは何事だろうと不思議に思います
       
      年度替りで、潮目も変わるかもしれませんよ・・・?

  3. トーマス より:

    はじめまして。

    自分はいま28歳で、ちょうどこないだ地元の後輩の都立高の卒業式にお邪魔いたしまして、
    なんと申し上げますか、どこにでもいる高校生たちを見て、女性観が変わりました。
    それでいろいろググっていたら、このサイトにたどりつきましたw

    自分は東京出身者なので3桁の素人女性と経験を持ってます。(BBAのいう「年下の女性にしか相手にされない男」ではないくらいの意味です笑)
    JKたちはいくら不良ぶっていても、話してみれば子供ですし、世界も狭いですよね。
    見た目もJDのほうが洗練されてますし
    遊びの勢いも、活動範囲の広さもJDがぶっちぎり全盛期であります。
    だから自分はいまでも、JKに異性として興味はありません。
    でも、卒業式のJKたちを見て、
    派手に遊び回ってるキラキラ女子大生にも、なぜか一抹の寂しさを感じる意味がわかりました。
    祭りのあとなんだって、本能で感じてるんでしょうね。

    先達であるムラサメさんには、「女性における高校時代1軍へのコンプレックス」について、ご高説を聞かせていただきたいものです。
    僕の感覚では、男性より女性のほうが、高校時代の一軍へのコンプレックスが強いような気がしてならないんです。

    • ムラサメ より:

      > トーマスさん
       
      はじめまして、コメントありがとうございます。
       
       
      > どこにでもいる高校生たちを見て、女性観が変わりました。
      > それでいろいろググっていたら、このサイトにたどりつきましたw
       
      ちょっと不可解な経緯ではありますが(苦笑)、
      JKというものに対して形容しがたいモヤっとしたものが芽生えたとして、
      その結果、当サイトに辿り着かれたのだとしたら、誇らしいですね。
      メインはパンチラ動画ですが、同じぐらい『JK』というものに焦点を当ててきましたので。
       
       
      > 自分は東京出身者なので3桁の素人女性と経験を持ってます。
       
      ハッハハ、3桁とはまた、ご冗談を(笑)
      まして28にして、年間何人の女性と交わればそうなるのですか(苦笑)
      いくらなんでも、素人女性と3桁、ご経験があるなどということは・・・
       
       
      トーマス様は、『バランス』という言葉をご存知でしょうか。
      我が国には、男も女もほぼ同数の個体が存在しています。
      それらを対にすべきところを、1人が100もの個体を独占しては、
      その均衡が崩れ、“女にあやかれない男”が生まれてしまいますよね。
       
      なにも拙者がそうだと言っているのではありません。ただ、
      思えばこれまで女と縁遠かったのは、自分に原因があるだけでなく、
      何らかの外的要因があるとしか思えませんでした。
      それが今、こうしてトーマス様のご報告でもって明らかになったのです。
       
      トーマス様。今すぐ一人だけの女性を選び、残りを放流なさい。
      1人が何人もの女を独占することは、やがて生態系に支障を来します。
      ただしその前に、一度拙者にリストを頂き、拙者はその中かr
       
       
      ・・・っと、すみません、取り乱しました。
      えーっと、コンプレックス?ちょっと今、頭の中が混乱していて・・・
      それについては今後、記事にしたためますので、楽しみにお待ち下さい。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

そふといちば、始動。

 

What’s そふといちば?

DIGITENTSの後継サイトとして誕生したアダルトコンテンツマーケット。まだ始動直後のためか、画像が表示されないなどの不具合が見受けられるが、取り急ぎ登録・購入・ダウンロードは可能(確認済み)。デジのID/PWがそのまま使える。(→ガイドページへ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ