【Pcolle】映画館でパンフレットに夢中なアイドルJKの凌辱お下品跨ぎパンチラ【ぱんの耳さん】


こんばんゎ、ムラサメです。
今日は三連休最終日ですね。皆さんはいかがお過ごしでしたか?
拙者は凄い発見をしたため、ずっと自宅にこもって研究を重ねていました。
パンチラ投稿者ハ行最強の法則。下記レポートに括目下さい。

ぱんつみる夫さんや、パンチラえんじぇるさんといった、Pありきのお名前はもとより、
プルートさんBORMANさんなど、界隈を古くから支えている重鎮も、この例に漏れません。
そしてめくり撮りの二大巨匠、ひよこさんふくろうさんも、同じハ行に所属。
他にもFukaseさんHardstyleさんも居ますし、関係ないですがパ●リカ66氏もハ行ですよね。
同好の志は、同じ場所へ集う習性でもあるのでしょうか。間もなく連休が終わります。

 
さて今夜は、こちらも同じくハ行に集いし新進気鋭の投稿者様、
ぱんの耳さんが、Pcolleにリリースされた新作をレビューします。

[HD]JKお裾分けvol.11
[HD]JKお裾分けvol.11
収録時間:02分10秒
収録人数:1組2名

 
こちらはイキのいい作品を活発にリリースされ続けている、ぱんの耳さんの最新作。
このサムネの時点で、思わずポチってしまったJKファンは多いのではないでしょうか。
まったくもって、どうしてここまで無防備な状態で街へ繰り出すことが出来るのか、
スカートを捲り上げたJKには、折り入ってインタビューでも敢行したいところです。

丈は短いですし、お顔も撮れているようですし、生Pですし・・・
何よりも氏の作品においては、近年まれに見るトップクラスの画質が保証されています。
それでは、肝心の撮れ高は?そして実用性のほどは、いかがなものでしょうか?
期待と不安の入り混じる中、恐る恐る、再生ッ・・・!

 
 
pcollepannomimi301

まずは街歩きをしている2人組に対して、やや遠いところから姿撮りを収めます。
うち今回メインのモデルになってくれたのは、向かって手前の青リュックちゃんです。
正直、遠い。惜しい。物足りない。あとちょっとはっきり被写体の顔を識別したい。
そんなワガママにも近い要望はあるものの、こうした顔撮りへの意識があるのは喜ばしいもの。
それこそが逆さ撮りにおける重要なファクターであることを、氏自身が認識されている証拠です。
そして冒頭にこれを持って来られる編集もgood。第三者へ向けた映像作りへの配慮が窺えます。
こうした撮れ高にもう一声あれば、大化けする投稿者様であることは間違いありません。
で、彼女たち、クソミニと言うには及ばないものの、随分と攻めたスカート丈ですよねぇ。

 
pcollepannomimi302

そんな彼女たちに対するファーストコンタクトは、通りがかりの商業施設の通路にて。
残念ながらお友達はファックな黒Pをお召しのようなので、相手にしません。
真の目的は、その前方を闊歩しているミニスカの青リュック。
じりじりと不自然ではない程度に距離を詰め、その中身を画角内に収めると・・・

 
 
pcollepannomimi303

ムチッ、ムチッ、ムチッ、と・・・
校則違反のミニスカの下には、薄いブルーの縁付きパンティをゲット!
やや遠い打点からではありますが、氏の高画質かつ広角の機材がそれを補っており、
しっかりと下半身の全景を収めた、脚フェチを訴求する映像に仕上がっています。

放課後、街をうろついているJKには、二種類のJKがいます。
目的を持って移動しているか、漫然と時間を潰しているかのいずれかです。
スタスタと、周囲には目もくれず、意志を持って歩を進めている彼女たちには、
前者の面影が強く、何か大事なミッションに向かっていることが予想されます。

 
 
pcollepannomimi304

そして、やって来たるは映画館。
映画と言えば、昔は男しか寄り付かない、硬派な遊びだったはずなのに、
いつの頃からか女が受け入れられ、劇場は見違えるほどスタイリッシュになりました。
こんな風にJKが放課後に訪れるなんて、以前では考えられませんでしたよね。

 
pcollepannomimi305

で、白く清潔なこの館内が、また撮影には打ってつけで・・・
引き続き、彼女の薄いブルーの縁付きサテンを捉えることが出来ます。
昔のタバコ臭くて薄暗い映画館では、こうはいきませんでした。
こうした娯楽が広く開放されたことは、我々に多くのパンチラチャンスをもたらしたのです。

 
pcollepannomimi306

そして今作においては、逆さアングルから、このように追加でお顔を撮影することにも成功。
前言撤回。ぱんの耳さんは、顔撮りに対する優れた意識をお持ちの投稿者様でした。
欲を言えば、水平アングルから、もっとはっきりとその表情を拝みたかったところですが、
こうしてより近い位置から撮影することで、彼女がそこそこに化粧っ気がある、
アイドル系に傾倒したJKであることが確認できました。男子からのウケも良さそうです。

どうでもいいですけど、最近のJKらが夢中になる映画って、ひどくワンパターンですよね。
塩顔のイケメン俳優を主役に据え、9割はそのキャスティングで客寄せをしているっていう。
で、クライマックスでキスでもさせて、「キャーー(/⊥\*)」とかやって喜ばせておく。
そうやってお万個をちょっとだけ濡らして帰らせる映画が、妙にウケている気がします。
彼女が手に持つパンフなんかもまさにそれで、言わば流行に踊らされた広告代理店のカモ。
そんな彼女が、ここから亀に向かって、今日イチのパフォーマンスをしてくれます。

 
 
pcollepannomimi307

ガバッ・・・と、眼下にぱんの耳さんが亀を携えていることも知らずに、
ちょっとお下品なまでの跨ぎパンチラが炸裂。
ミッションに夢中なJK、かつ2人組は警戒心が浅いとは、最近の拙者のマイブームですが、
まさにそんな仮説を裏付けるかのような、ド派手な撮れ高が飛び出しました。

 
pcollepannomimi308

さらに続きます。ここでは逆さ撮りの花形である、前屈みまで。
失礼ですね。ぱんの耳さんもパンフを見ているというのに、割り込んで来ました。
こうして周りが見えない自己中心的な行動が出てしまうことも、何かに夢中なJKの特徴。
この見事なまでのパンチラは、そんな彼女に対するお仕置きと言えるのかもしれません。

 
pcollepannomimi309

まだ行きますよ。しゃがみ。薄いブルーのサテンが、カメラの前で躍動します。
短い時間の中で、何度も美味しい瞬間を演じてくれる彼女。
我々は、映画という娯楽が、広く大衆に受け入れられるようになったことに感謝すべきであり、
同時に、こうした小娘の嗜好を満たす安い作品を配給する広告代理店にも、感謝すべきなのです。

 
pcollepannomimi310

そして、シアターへと移動してゆく彼女のブルーサテンを見送ってフィニッシュ。
映画を目当てに訪れた彼女、まさか自分が映像の主役にされてしまうとは、思いもしなかったでしょう。
これから大好きなイケメンを見て、有り体なラブロマンスにキャッキャするのだろうけど、
その綺麗なパンティを、分泌したお汁で汚さないようにネ!

 

◆総評・本日のベストカット

pcollepannomimi307

というわけで、放課後のどこにでもいるJKが、無防備なために好き放題撮られてしまった作品を見てきました。特にラストのパフォーマンスは圧巻で、長いこと撮影をされている方であっても極まれに訪れるチャンスと言うべき時間だったのではないでしょうか。お顔を含め、鞄カメ1カメ体勢でこれをしっかり捕捉された技術は素晴らしく、ぱんの耳さんの一朝一夕ではない技術の高さまでもが証明されました。そして何よりも喜ばしいのは、このアイドル系ミニスカに対する選球です。実はハ行所属の投稿者様には、この系統を得意とした個人的に強く敬愛する投稿者様がいらしたわけですが、ぱんの耳さんの画作りには、そんな英雄の面影をも回顧させられる気がしました。移り変わりの激しい業界ではありますが、どうか一線で活躍し続けていただきたい投稿者様です。

 
[HD]JKお裾分けvol.11
[HD]JKお裾分けvol.11

女の子 ★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★★

女の子は4としても良かったです。化粧っ気もあって、近代的な感じが窺えます。
しかしどうしても顔撮りにあと一声を望みたいところから、あえて厳しめの評価に。
逆にこの点さえ補えて来れば、余裕で上を見据えられる可能性を秘めています。
特筆すべきは、安定した飛行、そして近年では最高水準の画質でしょう。
今作は警戒心がまるで無いのもあったのか、一個体に対する粘着時間も長く、
ぱんの耳さんの作品史上、撮れ高という点では最強と言えるのではないでしょうか。
この方を追い掛けていれば、そのうちとんでもない領域へ誘ってくれるかもしれません。

2 Responses to “【Pcolle】映画館でパンフレットに夢中なアイドルJKの凌辱お下品跨ぎパンチラ【ぱんの耳さん】”

  1. サイレス より:

    ぱんの耳さんはモデルさんのチョイスがいいですね。
    ていうかこの作品、割とさいきn…いえなんでもないです。

    田舎者の私でも知ってる施設だったのでちょっとびっくりしました。
    割と周囲の目がありそうですが、そんな中でこれだけ密着できるのはすごいですね。
    今後の作品にも期待しています。

    • ムラサメ より:

      > サイレスさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ぱんの耳さんはモデルさんのチョイスがいいですね。
       
      そうですね。我々的に嬉しい、丈の短くて脚の細いのが多い気がします。
      JKは皆、こうあってほしいものですね。
       
       
      > 田舎者の私でも知ってる施設だったのでちょっとびっくりしました。
      > 割と周囲の目がありそうですが、そんな中でこれだけ密着できるのはすごいですね。
       
      平日昼間のシアターって、案外穴場なのかもしれませんね。
      マトモな男は働いている時間ですから、ほとんど女しか居らず、
      それでいて映画に夢中になっているわけですから、仕事がしやすいような気がします。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ