【Pcolle】お祭りで浮かれたお団子系FJKのミニスカートを撫でる風の妖精のイタズラ【ぱんの耳さん】


こんばんゎ、ムラサメです。
レイアウトが変わり、慣れないPcolleを徘徊していたら、
ふと、こんな作品が目に留まりました。

海辺の風景33 パンツの景色13 桜吹雪と制服JK生足たくさん
海辺の風景33 パンツの景色13 桜吹雪と制服JK生足たくさん

いや~・・・なんだか、すごく懐かしい光景ですねぇ。
全盛期の品女ってやつですよ。この頃は好きだったなぁ・・・
今でこそ、食えない芋畑と化してしまった、往年のブランド校ですが、
まだケータイをパカパカする時代、そこには都会的なJKの姿が確かにありました。

きっと親御さんから、クレームが入ったのでしょうね。
高い学費を払っているのに、あまりにも奔放すぎる校風のせいで、
我が子が多くの変質者に狙われるとあっては、目も当てられないわけで・・・
そうやって少しずつ、化粧やスカート丈などへの指導が強化されていった結果、
現在の、垢抜けとは対極にある、ド級の芋校に仕上がったのでしょう。
当時を知る者としては、やはり寂しい気がしてしまうことは事実ですが、
静かな生活を送りたいと思っていたJKには、それで良かったのかもしれません。
ちなみにご承知かと思いますが、品女とは品の良い女性の略称です。

そして変質者達は、静かにその土地を去ることになったと聞きます。
では、行き場を失った彼らが、辿り着いた場所と言えばどこなのか。
例えば、数多くのTikTokerを排出している、【検閲により削除】
JK達の流行り廃りが早ければ、変質者達のそれも、まるでシンクロするように、
早く、かつ的確に、的を突いてくるものです。不思議なもので。

今はSNSがありますから、彼女達の人気は、残酷なまでに数値化されます。
品女の芋が、500人のフォロワーを集めることすら困難になった中で、
どこぞの底辺JKが、優に2000、3000のフォロワーを獲得してしまう現代
勉強を必死で頑張って、可愛い制服を着られるようになった品女のJK達は、
果たして、ある意味では非常に不条理なこの現実をどう思っているのでしょうか。
その全盛期を支えたH末R子嬢にも、折り入って聞いてみたいところです。

 
さて今夜は、レイアウトが変わり、若干見にくくなった感のあるPcolleより、
ぱんの耳さんによる、JKパンチラ作品をレビューします。

[HD]JKお裾分けvol.38
[HD]JKお裾分けvol.38
収録時間:03分27秒
収録人数:1名

 
様々な系統の作品を織り交ぜるぱんの耳さんから、嬉しすぎる新作が届きました。
お祭り作品です。まさか今年はこの方から、このジャンルが見られるとは・・・
ここには新星の登場か、はたまた引退作者様の再浮上なんかが待たれていた中で、
高画質に定評のあるぱんの耳さんから飛び出すとは、思ってもみませんでした。

普段は男子禁制の、狭っこい店内などを主戦場とされている氏が、
この究極にリスクの高い環境から、どんな成果を持ち帰られたのでしょうか。
祭りが一段落した今、そこに参加できなかった我々を満足させ得るものなのか、
今、大注目のぱんの耳さんによる、お祭り作品を紐解きます。

 
 

こちらが今回、大勢のJKの中から、モデルになってくれたJKちゃん。
髪をツインのお団子にし、クラスTシャツを着た、上履き踏んじゃう系女子
際立ったアイドル性こそありませんが、耳さんが撮るだけあって芋気はなく、
いかにも、このお祭りのために気持ちが華やいでいるような、そんなJKです。
そのあどけなさや上履きの綺麗さから、拙者は初めての祭りを迎えたFJKと予想します。

顔撮りは冒頭の20秒ほどで、精度としてはあとひとつ求められるところですが、
お祭りJK特有の気が大きくなった感じは、しっかりと伝わってきます。
いいですね。こうして調子こいたJKこそ、お祭り作品には映えるというもの。
その楽しい楽しい思い出に、土足で上がり込むことこそ、このジャンルの最大の醍醐味。
辺りにはTW●CEのBGMなどが流れており、こんなところには時代を感じさせられます。

 

恐らくはダンス部の発表を鑑賞している、お祭りJK。
きっとこのスカートも、普段より幾分か捲り上げているのでしょうね。
しかし彼女のそれは、自校や他校の男子を性的に迎合すると言うよりは、
友達とはしゃいで、SNS映えする写真を撮るためのものと思われます。

 

ふわっ・・・と、風が通り抜け・・・
フム、採光の加減も悪く、いまひとつ中身は鮮明に分かりませんが、
取り急ぎ彼女が、お祭りだと言うのに重ねもしない、無防備なJKであることが判明。
そしてそんなJKこそが、リスクを負って潜入した鳥師への最大級の見返りとなります。

 

もう一歩、踏み込みたい・・・そんな時間が続きます。
しかしながらこの極限状況ですから、それができない理由は察するに余りあり、
恐らくはこうしてただ後ろにいるだけでも、針のむしろに立たされているような気分でしょう。
氏が、いつもの店内とはまた違った、独特の緊張感に包まれていたであろうことが予想されます。
ちなみにこのシーン、奥にいる斜め掛けバッグが気になったのは、拙者だけではないはずw

 

そんなじりじりした時間を、時々こうして風がアシストします。
往年のFukaseさんを彷彿させるような、お祭り作品として理想的な構図ですが、
彼女の下半身の、尻肉がキュッと一本線になった、引き締まった質感はいいものの、
もうひとつインパクトが求められ、気を揉むような時間が続きます。

 

おっ・・・ここで一歩踏み込み、その可視面積は広がり・・・
ただし逆光に妨害され、思うように獲得が捗りません。

 

クーッ、憎いぜ太陽光!
昨日の友は今日の敵。毒にも薬にもなるのが、採光の奥深いところです。

 
 

すると業を煮やしたのか、ここで耳さんがアクションを起こします。
大丈夫。周りはくだらない演目に気を取られている。行くべしッ・・・!

 
 

ずんっ。と、最高接近地点で、これぐらいに。
プリーツが・・・重々しく被さるプリーツこそが、ただただ悔やまれるのですが、
リスクを冒したその先に、どうにか彼女のエメラルドパンティを鮮明に捉えます。
サイドレースって言うのでしょうか。これもこれで、ある意味ではトリッキーなPですよね。

 

ふわっ、ふわっ・・・と、風が、詰め切れない距離間をサポートします。
天候としては絶好のお祭り日和でしたが、太陽のご機嫌が枷になりましたね。
風チラと呼ぶには、もう少し大胆なめくれ上がりや、採光が求められましたが、
しかしながら、後方で耐久している間はほぼ終始、この布地の片鱗を観測できます。

 

お祭り。それはJKにとって、どんな行事よりも大切な一大イベント。
今はSNSがあるから、思い出はずっと残り、逆に言えば、永久に刻まれてしまう。
だからこそ、JKは失敗がないように、目一杯のオシャレをしてこの日に臨むけれど、
つい浮足立ってしまって、本来の注意力を欠き、別の思い出にも刻まれてしまうんだよネ。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、まさかのぱんの耳さんから届けられた、嬉しいお祭り作品を見てきました。ご覧いただいたように、見えっぷりはあとひとつ求められるところですが、辛うじて及第点の撮れ高は獲得されていると言えるでしょう。風が味方に付いてくれたことが奏功しており、つくづく屋外というロケーションの良い意味での不確実性を再確認しました。恐らく・・・ご覧になった方であれば何となく察知されたと思うのですが、氏はなにも丸腰で潜入されているわけではなさそう(それは道具的な意味ではなく、人的な意味で・・・なので、もしかするとまだもう少し、氏からの尊い『お土産』は見られるのかもしれません。兎にも角にも、最もこのシチュエーションが求められる季節に、期待に応えて下さった氏には、足を向けて寝られません。今後も楽しいお祭りからの映像が届けられることに期待したいところです。

 
[HD]JKお裾分けvol.38
[HD]JKお裾分けvol.38

女の子 ★★★
パンティ ★★★
画質 ★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★★

女の子は平均的ですが、祭り特有のキャッキャ感が、魅力を後押ししています。
Pは、エロティックで、恐らく好きな方は好きなデザインだと思うのですが、
拙者はやはり、もう少し実直で、奇をてらわないテカリ生地を欲したいところ。
画質は、機材の精度よりも、太陽光に阻まれたことが仇となってしまいました。
ここ!という決定打に欠いたことから、実用性は3が妥当かと思いましたが、
今後への大いなる期待を込めて、3寄りの4とします。
拙者は何よりも、氏の飛行で、校内からの映像が見られたことが嬉しいですね。
これぞ本当の『お裾分け』。さらなる祭りからの成果はあるのか、要注目です。

2 Responses to “【Pcolle】お祭りで浮かれたお団子系FJKのミニスカートを撫でる風の妖精のイタズラ【ぱんの耳さん】”

  1. 猫太郎 より:

    このコメントは管理者のみ閲覧できます。

    • ムラサメ より:

      > 猫太郎さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
      なんだか、引用できない部分が多く、心苦しいですが・・・(苦笑)
      そうした妄想を捗らせている時が、一番ワクワクして楽しいですよね。
      仰る通りで、恐らくは相応の熟成を経られているものと思われますが、
      相変わらずの鋭いご考察には、思わず舌を巻かせていただきました。
       
       
      > 今年は三人程中年の1人行動を確認しました。一人は黒の鞄のチャックが、半分以上開いていたりと、バレバレですね。
       
      リテラシの極まった場であれば、速攻であの世送りにされてしまいそうですねw
      ロケーション選びの時点で、彼らの命運は定まっているのかもしれません。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ