【Pcolle】ルーズの似合う古き良きクソミニギャルJKのドスケベパンチラ4連発!!【ふみよへさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
JKどもが「ついにこの季節が来た!」なんつって、
『三角チョコパイ』の写真を、こぞってSNSに上げているのですが、
はて・・・・・そんなブームありましたっけ??
奴らはマクドから金でも貰っているのでしょうか?

さてさて。そんな彼女達の“同調圧力”の強さもさることながら、
底知れない“承認欲求”も、忘れるわけにはいきません。
ネットを漁っていたら、おっさんを盗撮してSNSに上げるJKどもが、
有志達によって、盛大に吊るし上げられているのを見つけました


▲画像は修整済み。気になった方は『SNSで盗撮自慢をする馬鹿まんこ』などで検索。

いや~、バカですねぇ~、アホですねぇ~(笑)
まさにブーメラン。おっさんを侮るから、こういうことをされてしまうのです。
「うわ~キモいね~」「大丈夫だった?」そう言ってほしかったのか知りませんが、
第三者の肖像を軽んじて、無断でネットに上げることなど、許されざる愚行です。
まして過剰な自意識によって、何の罪もないおっさんを変質者呼ばわりまでして・・・
誰もお前らのことなんか見てねーんだよ、バーカ、ブース!!!

教育機関は、こういう指導にこそ、もっと注力するべきではないでしょうか。
特に底辺校は、SNSの使用頻度が高い上、勉強など将来的に必要ないのですから、
しっかりと授業時間を割いて、『スマホのおべんきょうかい』を開くべきです。
彼女達がオモチャのように扱うそれは、恐ろしくも世界と繋がっているのですから、
こうした被害を未然に防ぐためにも、どうか危機感を強めていただきたいところ。
もう一度言います。人の肖像を勝手に使うな!盗撮は絶対許さないぞ!!

 
さて今夜は、盗撮が大好きなおじさん達が集うマーケット、
Pcolleより、ふみよへさんの作品をレビューします。

ふ その13
ふ その13
収録時間:03分07秒
収録人数:4組5名

 
Pcolleの盗撮風作品は全部ヤラセです(定期)
と言うわけで、今週は嬉しいことに、ふみよへさんから2本の新作が届きました。
今や氏は、我々ギャルJKマニアにとって、数少ない貴重な供給源ですからね。
本日は上記『13』をレビューしますが、少しだけ『14』も覗いてみましょうか。

ふ その14
ふ その14
収録時間:02分04秒
収録人数:1名

『13』は4シーンが収録されたオムニバスですが、こちらは単一JKの一本勝負です。
一個体に対する粘度が強い方が好きな拙者は、この作風の方が好みなのですが、
結論から言うと、今回の股間的訴求力は、13>14ということになりました。
撮れ高は良いのですが、顔撮りが・・・ほぼ、雰囲気の把握程度にとどまります
あとは、後ほど散々述べますが、被写体の系統が、ちょいと凡庸と言いますか・・・

 

しかしながら、この超絶採光下のエスカは、ぜひお目に入れていただきたいところ。
恐らくは冬場の朝特有の、しんとした空気を刺すように照らす陽光が、
彼女の締まりに欠く下半身をきらきらと照らしつけ、それを高画質で収めます。
ふみよへさんの飛行が結実したと言っても過言ではない、そんなシーンです。

 

で、さらに嬉しいのは、その後のコンビニまでを粘着されていること
一個体に対する粘度としては、良くも悪くもあっさりしている氏にあって、
この中距離に及ぶ粘着は新境地であり、ぜひ今後も続けていただきたいところ。
撮影時期は不明ですが、ブラッシュアップを経た後に撮られたものかもしれません。

 
 

1人目(51秒)

そこへ行くと、こちらの『13』は、いくらか熟成させた素材のような気がします。
時代を感じさせるような、髪を巻き巻きにしたJKのギャル濃さもさることながら、
彼女のこの、薄手クシュパン・・・・・

 

あぁ~、やっぱり、イイ。パンティはこうでなくちゃ。
最近のパンティの、厚みを帯びた風潮なんなの?拙者に死ねと言いたいの?
やはりパンティは、ジップロックに入れた時に、くしゃっと小さくなるような、
肉棒を包み込んだ時に、刺激を通しやすいような、テロテロの薄手素材こそ至高です
はぁぁ~、おじさんはこういうパンティが好きなんや~~4545455545455・・・

 

このソックス丈を見ても、やはり時代を感じさせますね。
ケラレは大きめなものの、画質は十分に近代的と言えるクオリティ。
ここももうひとつ、神がかり的な採光に恵まれれば最高でしたね。

例によって、残念ながら顔撮りは無いのですが、
彼女のこの雰囲気と、極上のパンティによって、股間にエナジーが漲ります。
恐らくふみよへさんが本当に撮りたいのは、こうした被写体なんですよね
前菜とするには、ちょっぴり豪華な一品です。

 

2組目(24秒)

続くこちらも、顔撮りは無いのですが、やはり時代を感じさせるギャルズ。
目を見張るクソミニで、生Pを晒して歩いています。隠しもせずにw
赤スカートの方など、(紺ソの上に)ルーズを履いていますからね。
今では文化祭や制服ディ●ニーの日などに、限定的に行われるものになりましたが、
かつてはこんなのが街中にゴロゴロしていたのですから、信じられません。
そういった意味では、奴らは多少は浄化されたと言えるのかもしれませんね。

 

3人目(45秒)

続く彼女は、生意気にもふみよへさんの方に目線をくれます。
しかしそのお陰で、顔撮りに成功。怪しんでくれてありがとねw
マスクは完全なるすっぴん隠しで、彼女の怠惰な性格が表れているようですが、
ちゃんと仕上げればそれなりに食えそうな、いい意味で荒廃したJKです

これまた神話でしか見られないような、時代を思わせるルーズを履いていますが、
今もどこかに、こうしたJKが日常的にうろついている地域はあるんですかねぇ。
一応、JKがスマートフォンを持っている時代ではあるようです。爪もすげぇ。

 

そしてそのパンティは、
個人的にはコレ、体操着っぽく見え、あまり好きではないのですが(苦笑)、
アニマルや蛍光色と並んで、ギャル全盛期の後期にはよく見られましたよね。
うーん・・・この体つきには、テレクラや援助交際といった言葉が良く似合う。

 

4人目(1分06秒)

ラストはこれまたギャルで、お見事ギャルの一気通貫。
本作は、ふみよへさんから、ギャルに飢えた我々への心意気が感じられる構成です。

顔撮り・・・と言えるほど鮮明ではありませんが、辛くも映り込んでくれました。
そんな彼女は、なぜでしょう・・・先の3人と比べると、いくらか近代的なような
きっと、化粧の感じから、かつてのテレクラの時代特有のキツさや“尖り”が抜けて、
こうしたギャルにも、『アイドル』サイドから、一定の“甘さ”が流入しているんですよね。
先の3人がゴマキであったのに対し、彼女は「ともちん」。これもまた、時代です。

偶然にも、彼女も似たような青Pを召しており、
電車内のシーンでは、光量に恵まれず、やきもきするのですが・・・

 

車両を降り、エスカに移動するところで、その中身をより鮮明に。
ふみよへさんが、人混みに乗じて、上手くカメラを維持させています。
このムチ感・・・お世辞にもスリムとか、美脚などとは言えない代物ですが、
これもこれで、発育具合によって彼女たちの年齢を示す、一つの解と言えますよね。

 

ここで見られる肉みに満ちたシーンは、本作中随一の見どころとなるでしょう。
今や完全にアイドルに押され、主導権を奪われつつある彼女達のようなJKですが、
この特有の尊い肉感は、今後も変わらず伝承していくべきであって、
それを突けるのが、三代目崩れのチンピラ小僧だけで良いはずがありません。

 

総評・本日のベストカット

顔撮りはないんですけどね、拙者は1人目の彼女のこのP質にヤラレマシタ(笑)静止画では伝わりづらいのですが、もっと素晴らしく良いクシュリをしていますので・・・ぜひともクシュリマニアを自負する方々にあっては、お目通し願えれば幸いです。一作品に複数名が収録されているのは、一人当たりのボリューム感に欠くようでいて、複数枚のパンティが拝めるのは良いですね。そう、それこそ、お祭り荒らしのあの人が猛威を振るっていた、あの時代を思い起こさせるような・・・。そんなノスタルジーにも浸りつつ、めくるめく4組5枚のパンティが楽しめる本作。すべて同じ系統のJKで統一されたことには、ふみよへさんの拘りを強く感じます。近代のクソミニ市におけるケミカルJKとは一味違う、退廃的なテレクラJK達のパンチラが愉しめますよ。

 
ふ その13
ふ その13

女の子 ★★★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★
耐空時間 ★★★
実用性 ★★★★

顔撮りが弱いのに女の子がMAXなのは、それだけ雰囲気が良かったこともありますが、
稀少となったギャルJKを見せて下さり、かつそれで統一されたふみよへさんに対する敬意です。
機材は十分に近代的で、氏の初期作特有の大きめなケラレも許容範囲ではありましたが、
あとひとつ光量に恵まれるシーンに欠き、また飛行にももうひとノビが求められました。
ただ、恐らくはGやPが普及し、パンチラ動画がある意味では均質化されるよりも前の時代に、
既にこれほどの手腕を振るわれていたことには、改めて氏が高尚な鳥師様であられることを実感し、
また、好みの被写体に対し、貪欲に、されど恐れ迷いながら撮影されたであろう映像には、
最近の、感情に乏しく、打算的な飛行をする作者勢に、爪の垢を煎じて飲ませたくなりました。
古き良きギャルJKを回顧したい方はもちろん、原点に立ち返りたい方には、強くお勧めします。

10 Responses to “【Pcolle】ルーズの似合う古き良きクソミニギャルJKのドスケベパンチラ4連発!!【ふみよへさん】”

  1. クラン より:

    青…青か…
    見送ろうかな…

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 青…青か…
       
      体操着みたいに見えて、いまひとつなんですよね(苦笑)
      1人目の薄手ピンクシュリはいかがですか?

  2. 淫欲の壺 より:

    何気に、ふみよへ氏の被写体はそそられる事が多く
    購入する事が多いのですが、14は何かいつもと違うぞ?
    と思ったら、やっぱり氏も好みでは無かったようで。
    後ろ姿は細身にロング~セミロングが至高です。

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 14は何かいつもと違うぞ?
      > と思ったら、やっぱり氏も好みでは無かったようで。
       
      どんなギャル党でも、時々こうした被写体を撮らないわけにはいきません。
      なぜなら、ギャルがいないから。
      で、案外いい中身を履いていたりして、夢中になってしまうんですよねw
      そうやって半ばやむなく価値観を書き換えさせてしまうのが、JKの恐ろしいところです。
       
       
      > 後ろ姿は細身にロング~セミロングが至高です。
       
      拙者はショートボブも好きですが、概ね同意です。
      個人的ベストな後ろ姿は、某戦艦作品のピンクセーラーです。

  3. 猫太郎 より:

    いやあ、これですよ!これ!
    こういうのを欲してましたよ。

    見事なヤンキー、ギャルのオンパレードですね。レビュー読みながらテント張りっぱなしでしたよ。

    満天堂さんが、出されていない中で、まさに一人気を吐くギャル派の急先鋒ふみよへ様は本当に有り難いです。

    ふみよへさんは、ややヤンキーに傾倒したギャルが本来お好きと思うのですが、太もものむち感重視されているなあと思います。すらっとしたものより、肉付きと申しますか、太くはないものの絶妙な加減の肉感重視と思えますね。

    クソミニ市のJKは、美脚だったり、引き締まった生足だったり、ケミカルな
    ○国に影響受けた彼女らは、ふみよへ作品に出てくる肉付きのJKとは、趣が
    違うんですよね。
    まあ、どちらも大好物なんですが。。

    今回のふみよへ作品のJKのようなモデルさんは、母校にも数年前までにはかなり居ましたね。というか、むしろ
    こんなJKばかりしか居ないようでしたね。そんな時代でしたね。

    しかし、ムラサメ様の今回の作品の、3.4番目のモデルさんのテレクラや援助交際の似合う体つきには、激しく同意ですね。そんな言葉が流行した頃の
    JKをまさしく体現してますね。

    4人目の生足のリアル感見たら、早く
    買いたくなりました!
    ヤンキーギャル最高です。

    • ムラサメ より:

      > 猫太郎さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ふみよへさんは、ややヤンキーに傾倒したギャルが本来お好きと思うのですが、太もものむち感重視されているなあと思います。すらっとしたものより、肉付きと申しますか、太くはないものの絶妙な加減の肉感重視と思えますね。
       
      あー、分かります。ギャルの太ももにもいくつか種類がありますもんね。
      氏の作品に登場するのは、好きなものを好きなだけ食べて、ブクブク肥えたようなw
      美脚とデブの中間で揺れているようなJKが多い気がします。
       
       
      > クソミニ市のJKは、美脚だったり、引き締まった生足だったり、ケミカルな
      > ○国に影響受けた彼女らは、ふみよへ作品に出てくる肉付きのJKとは、趣が
      > 違うんですよね。
       
      分かります。ケミカルどもは病弱系に傾倒するため、細っこくなっていくんですかね。
      拙者はどちらも好きですし、どちらにも激しく苛立ちます。
       
       
      > 3.4番目のモデルさんのテレクラや援助交際の似合う体つきには、激しく同意ですね。そんな言葉が流行した頃の
      > JKをまさしく体現してますね。
       
      ご賛同いただきありがとうございます。
      携帯電話に光るアンテナを付けていそうなJK達には、リンリンハウスがよく似合います。

  4. 猫太郎 より:

    先ほど、赤チェックの下校中の坂辺りにたまたま居ましたが、前からスタイルの良い三人組がこちらに向かってきました。すると、ルーズソックスを履いているのです。三人共に。そのルーズかエロくて、ムラサメ様のレビューのふみよへ作品のルーズを思い返しました。何故?ケミカル美脚トリオが?と思いましたら、文化祭ではなく、渋ハロに向かうのかと!
    今日の渋谷もJKたちのらんちきさわぎ
    がありそうですね。

    • ムラサメ より:

      > 猫太郎さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 先ほど、赤チェックの下校中の坂辺りにたまたま居ましたが、
       
      つくづく、日常的にクソミニどもと接触できる猫太郎さんが羨ましいです。
      ・・・本当にたまたまですか?
       
       
      > 何故?ケミカル美脚トリオが?と思いましたら、文化祭ではなく、渋ハロに向かうのかと!
       
      あー、なるほどw
      赤チェックでルーズとか、完全に男目線をかっさらうでしょうね。
      どんなに手の込んだコスプレよりも、最強に違いありません。
       
       
      > 今日の渋谷もJKたちのらんちきさわぎ
      > がありそうですね。
       
      それを思うだけで、自宅で燻っている自分を呪いたくなります。
      全員、補導されればいいのに。

  5. 淫欲の壺 より:

    >個人的ベストな後ろ姿は、某戦艦作品のピンクセーラーです。
    あの優秀過ぎるモデルを持ち出したらそうそう敵う相手はおりませんて。
    まあ後ろ姿って言うか下半身ですけどあの娘は。
    純粋に後ろ姿だけでそそるのは【特急9】階段美脚JKちゃんですね。
    黒でも良いわこの際!っていう。

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > あの優秀過ぎるモデルを持ち出したらそうそう敵う相手はおりませんて。
      > まあ後ろ姿って言うか下半身ですけどあの娘は。
       
      あの、脚と尻の境界線の絶妙なニュアンス。トラウマになりそうなほどイイんですよね。
      人生で一度でいいから、あの肢体に挟まれて気絶したいです。むしろ死んでもいいです。
       
       
      > 純粋に後ろ姿だけでそそるのは【特急9】階段美脚JKちゃんですね。
      > 黒でも良いわこの際!っていう。
       
      あーwなるほどたしかに。ええ、理解できます。
      人生で一度でいいから、あの肢体に(以下略


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ