【Pcolle】圧倒的退廃感!クソミニワッペJK達の下半身に最も映えるツヤテカパンチラ6連発♪【ふみよへさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
突然ですが、ここで皆さんにビッグニュースです。
なんと痴漢界の至宝・ピノキオさんが、満を持してPcolleに上陸されました!

【電車痴漢動画8】連続潮吹き敏感制服美少女
【電車痴漢動画8】連続潮吹き敏感制服美少女

氏は、かつてGcolleというサイトで、一世を風靡した作者様で、
あのゆず故障さんにもインスパイアを与えたと言われるほどの超大御所です。
Gcolleのランキングのアルゴリズムがどうなっているのかは不明ですが、
そのトップに三ヶ月以上君臨するなど、操作が疑われかねない偉業を達成され、
運営の息の掛かっていない一般の販売者に、付け入る隙を与えませんでした。
現在は、その後継と思われるすももがりさんが、同じくトップに常駐しています。


▲『痴漢』『天たま』『コス生』の牙城は、もはや誰にも崩せない。(Gcolleというサイトに飛びます)

 
拙者は買ってないので分かりませんが、氏はその抜群の撮れ高に反して、
姿撮りが静止画だったり、それがそもそもハメコミ合成に見えたりと、
期待して買った購入者に対して、ちょっぴり残念な結果をもたらしているようです。
しかしながら、これだけ売れていることには当然理由があるのでしょうから、
恐らくはPcolleにおいても、相当なセールスを記録されることが予想されます。
名だたるレギュラー陣も、氏の登場を前に、屈することとなるのでしょうか。
明日からのランキングが、どのように塗り替えられるのか楽しみでなりませんね!

 
(過去記事)Gcolleで人気沸騰中の痴漢動画4本を徹底比較レビュー!!

 
さて今夜は、そんな痴漢作品をレビューしたい気持ちは山々ですが、
もっと嬉しい方から新作が届いたため、こちらをご紹介です。
Pcolleより、ふみよへさんによるJKパンチラ作品をレビューします。

ふ その22
ふ その22
収録時間:03分20秒
収録人数:6組

 
はい。痴漢なんてレビューしてる場合ではないですね。
JKパンチラ界最後の希望であるふみよへさんから、生存報告が届きました。
じつに5ヶ月ぶりとなる新作は、今回もお家芸である『ワッペ』が多用され、
我々が求める、退廃感のあるJKを多く狩られていることが見て取れます。
「ワッペって何?」という方は、下記をご覧になられると良いかと思います。

 
(過去記事)圧倒的生率★☆★ワッペJKの生パンチラコレクション!

 
前掛け鞄のJKが解ならば、ワッペのJKはある意味、それを上回る解です。
前掛けのJKどもには、なんだか気取っている感じがあるものですが、
対してワッペJKは、恐らくその生まれや育ちを受け入れているんですよね。
前掛けどもが、顔面を偽装し、キラキラした生活を必死でアピールするのに対して、
ワッペは、自分達がスラム出身であることを、むしろ誇りに思っている感があります。
前掛けがSNSに載せるのは、綺麗な夜景とか、映えるグルメなどがほとんどですが、
ワッペは、飲酒喫煙は朝飯前で、男とバイクで暴走する様などを平気で載せます。
同じぐらい治安は悪いはずなのに、前掛けがそれを隠そうとする一方で、
ワッペは、それこそを矜持として、包み隠さずに誇示する傾向にあるのです。

ワッペが気取った写真などを上げれば、きっと仲間からリンチに遭うのでしょう。
ギャングの仲間意識は非常に強い反面、裏切り者への制裁には抜かりがありません。
そうした同調圧力こそが、彼女達のスカートを短くし、似たような鞄を持たせ、
特有の退廃感を醸し出させていると思うと、妙に納得がいきます。

そしてそれこそが、彼女達の生P率を向上させているのだとしたら、
拙者はますます、このワッペというものを追求してみたくなりますね。

 
 

さて。本作には、計6組のJKが収録されています。
商品解説文では、顔撮りが無いことが前置かれていますが、
彼女に関しては、ちらちらっと見切れる程度には確認できます。

なんだかスラムにあっては、ちょっぴり大人しそうな感じのJKですが、
例に漏れずスカートを捲り上げていることには、やはり地域性が窺えます。
お嬢ちゃん。そんなに短くしていると、あぶないよ・・・

 

はい。白ゲット。

彼女はケツリュックゆえ、いくらか内向的な性格のようですが、
それでもPが見えてしまうことに、同調圧力の存在を再認識します。
ワッペを装備できるのは、もう少し経験値を積んでから・・・かな?

 

しかしながら、下半身はもうすっかり、JKのそれですよね。
ショート丈ソックスも相まって、これぞ!というフォルムをしています。
もしかすると彼女は、本当は前掛け族のようなJKに憧れていたのに、
その環境から、こうならざるを得なかったのかもしれません。

 
 

続いては、2人組が登場します。
早速、そのクソミニ丈のせいで、片割れの生が確定していますね。
一方、ピンクワッペの方は、ご覧の感じで鉄壁ガードをしているようです。
そんなに短くするなら、少しぐらい見せてもいいじゃないのよさ。ぴぇん。

 

しかし、まどろっこしいことを嫌う彼女達は、
結果的に、こうしてしっかりと成果にありつかせてくれるんですね(笑)
この氷河期に、貴重なW生パンチラをゲットです。397!

 
 

緑ワッペの彼女はどうでしょうか。

 

はい。もう、安パイですね。信頼が置けます。
スカートの扇情的な柄も手伝って、予定調和とでも言いましょうか(笑)

 
 

4シーン目のお嬢ちゃんは、下りエスカで顔同時フロントを御開帳。
水玉プリントという、ややサニタリティの強い柄であったことが残念でした。

 
 

顔撮りはないものの、立て続けに見られるクソミニの生パンチラ。
ワッペで黒Pを履くなんて、なんだか矛盾しているような気がしますが、
まさか前掛け族の悪しき慣習などが流入したりしていないでしょうね?

 
 

ラストは、白ワッペのJKが登場です。
こちらが本作のメインで、計47秒ほどのシーンとなります。
残念ながら、彼女に対しても顔撮りはありません。

 

だから、短くするなら押さえないでってば~。
まぁ、それでも見えちゃうんだけどね。

 

最後は光量に恵まれたところで、その縁ありピンクサテンを獲得。
彼女、派手に遊んでいるように見えて、意外と理知的なJKなのでしょうか。
これをふみよへさんお得意の改札口で収めて、終了となります。

めくるめくパンチラには、どうしても顔撮りを求めたくなるものの、
そのクソミニ、そして退廃感によって、大方のイメージ付けは行えます。
何よりも彼女達は、この特有のフォルムがイイんですよね。
クソミニ、過不足のない下半身、そしてワッペは、JKにおける黄金律の一つです。
たとえ前掛け族が、くだらない“気取り”によって、どんどん黒Pを加速させても、
彼女達だけは、いつまでも変わらずに、その誠実さを貫いてほしいものです。

 

総評・本日のベストカット

というわけで、またもワッペJK達から複数の生が報告されました。中には手で押さえたり、重ねるような輩もいるようですが、最終的にしっかりと結果にありつかせてくれる寛大さには、相変わらず我々に対しての良心が窺え、頼もしさを覚えます。前掛け族にとって、パンティは『尊いもの、キモヲタには絶対に見せてはならないもの』であるのに対して、ワッペ族である彼女達には『パンチラぐらいくれてやれw』という器の大きさまで窺え、そうした開放感によって数々の名作と呼ばれるパンチラ作品が生まれていると思うと、感慨深いものがありますよね。ワッペJK各位には、今後もそのポリシーを曲げることなく、不況と呼ばれるこの時代においても生Pを貫き、我々大人達にしっかりと『若さ』を還元してもらいたいものです。

 
ふ その22
ふ その22

女の子 ★★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★★
耐空時間 ★★
実用性 ★★★★

全体に均すと、このような評点となるでしょうか。
ピークとなるシーンに限っては、画質は最高点を叩き出しますが、
他方で、一個体に対する粘着時間は、もう少し求められるところです。
せっかく生を引き当てたのに、勿体なく感じられるほどにリリースが早く、
それゆえに、顔撮りに充てる時間も取れていないものと思われます。
ただ、やはりその退廃した雰囲気、そしてフォルムの良さが、
顔の分からないことを補うだけの訴求力をもたらすため、評点を後押し。
そしてやはり、退廃したJKの下半身に最も映える、艶・テカリを帯びたPは、
何よりも彼女達の良さを裏付ける、極上の逸品と言うことができるでしょう。
復帰ご祝儀も含め、ちょっぴり甘めの評点にて。次回作にも期待です。

6 Responses to “【Pcolle】圧倒的退廃感!クソミニワッペJK達の下半身に最も映えるツヤテカパンチラ6連発♪【ふみよへさん】”

  1. 元ドランカー より:

    拙者がたまに利用するフドコで
    珍しく隣りにjk2人組が座ってくれました。
    よっしゃーと思ったのも束の間
    香水くっせぇぇぇ…となり
    残念な思い出になりました。
    そのくせクソミニじゃないしブスだし

    その近くに座っていたDKも香水くさい…
    なんなんや君たちは…

    しかしあれですね彼らの話を聞くとどうやらモテるためにはインスタは必須らしいです。
    (ムラサメさんとっくに知ってると思いますが)

    拙者の時代にスマホがなくて良かったと思います。

    • ムラサメ より:

      > 元ドランカーさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 香水くっせぇぇぇ…となり
       
      JKの香水の匂い、良くないっすか?
      マークしている中に、朝っぱらからプンプン香らせているJKがいるんですけどね。
      なんかもう、そんなにヤリたいの?と心配になってしまいますよ(笑)
       
       
      > しかしあれですね彼らの話を聞くとどうやらモテるためにはインスタは必須らしいです。
       
      そうでしょうね。フォロワーが5000もいれば、無条件にモテる気がします。
      最近のJKどもは、外見や内面より、『数字』ばかり気にしていますからね。
      テレビ局かっつーのw
       
       
      > 拙者の時代にスマホがなくて良かったと思います。
       
      弱者は弱者で、浮き彫りにされるわけですからね。
      ツールを使ってフォロワー水増ししたりすると、どうなるんだろう・・・

  2. 56 より:

    5ヶ月ぶりですかー レビュー見る限り撮影もブランクがある感じでしょうか?
    最近お見掛けしないとは思ってましたが、こうして復帰して頂けたのは
    ギャル系王道派にとって嬉しい限りですね

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 5ヶ月ぶりですかー レビュー見る限り撮影もブランクがある感じでしょうか?
       
      撮影そのものは、どれだけ期間が空いたかは分からないです。
      良くも悪くも、いつもの感じと言った印象です(笑)
       
       
      > 最近お見掛けしないとは思ってましたが、こうして復帰して頂けたのは
      > ギャル系王道派にとって嬉しい限りですね
       
      そうですねー。
      ぜひ一人でも多くの方に、パンチラHOLICの脇を固めていただきたいです。

  3. 淫欲の壺 より:

    信頼と安心のブランドが帰ってきて有難いです
    ギャル濃度よりもスタイルの良いモデルばかりなのが好みです
    私なぜか一時ふみよへ作品をスルーしていた時がありまして
    ヤらしいと疑っていた訳でもセール待ちをしていた訳でも無く
    オーソドックスな印象に引っかかる物が少なかったのか何なのか
    今思えばそのオーソドックスさこそ至宝なのだと痛感しております
    ふみよへさんここを見ていたらその2~5を再販してくださいね

    あとももぱん氏もヤらしいかと思い込んでスルーしていたのを悔やんでいます
    ムラサメさんが継続的にレビューに取り上げているんだから
    その辺をもっとよく見て信じてみれば良かったのに
    セーラーが多いってだけでそっちだと思うのは早計でした
    あとよく撮れているサムネが多いからそう見えてしまったという
    哀しい皮肉…単純にそれは質の良さを表していただけだった様ですね

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ギャル濃度よりもスタイルの良いモデルばかりなのが好みです
       
      治安の悪いJKって、なぜこうもスタイルが良いのでしょうねぇ。
      早期にセックスをする必要があるため、本能的に発育が最適化されているのでしょうか。
       
       
      > オーソドックスな印象に引っかかる物が少なかったのか何なのか
      > 今思えばそのオーソドックスさこそ至宝なのだと痛感しております
       
      リアリティを信条とするなら、奇をてらう必要なんてないはずですからね。
      ですが拙者も、時々見失うことがあります。気を付けたいと思います。
       
       
      > ムラサメさんが継続的にレビューに取り上げているんだから
      > その辺をもっとよく見て信じてみれば良かったのに
       
      そういうことですよ。
      ここで取り上げた作品だけを買っておけば、最低限ケガはしないのですから!
      しかし独自の道を開拓したくなるのもまた、マニアたるがゆえでしょうかね。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ