【Pcolle】これぞJKパンチラの王道!まるで甲虫のようにきらめくショッキングピンクサテン【もちづきさやかさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
伝説のギャル雑誌『egg』が復刊するようです。

ネットを見渡してみると、女たちの喜ぶ声がある一方で、
「最近のギャルはギャルじゃない」という、厳しい意見も見られます。
確かに00年代のギャルには、それぞれにポリシーめいたものがありました。
マンバ、ガングロ、黒ギャル、白ギャル、ネオン族、シャニット族、etc・・・
そうした時代を知る女(つまりBBA)からすれば、最近のギャルは“パギャル”、
こだわりなどなく、人真似ばかりしている『半端なギャル』なのだとか。

拙者は、ギャルのルーツなどについてはどうでもいいのですが(抜けないし)、
最近の女が、どんどん画一化・均一化しているという点には、強く賛同します。
もう誰しもが、まるで示し合わせたかのように、おんなじ顔してますもんね。
化粧が厚く、髪を巻いただけでギャルと呼ぶことに違和感があるのは頷けます。
JKはカラコンを入れて、アイプチして、清楚系のようでいて、しっかり厚塗り、
仕上げに赤リップを引き、前髪のセッティングに命を懸けるのが定番。
これはひとえに、SNSが普及したことよって、集団意識が強まり、
尖ったものが受け入れられなくなり、排他的になったことの表れと言えます。

でも悲しいかな、そうした量産型アイドルルックこそが、最も抜きやすい。
べつにね。いいんですわ。こだわりとかポリシーとか。そんな物はどうでもいい。
女は皆、乃木坂とか欅坂みたいな顔をしていれば、全員が幸せになれるのです。
底辺風俗嬢までがそうなれる時代が来れば、性犯罪は激減するでしょうね(笑)
ちなみに拙者は、eggよりも『チョベリグ』の復刊を望みます。

[FHD]かわいい!制服女子の生P(Part4)
[FHD]かわいい!制服女子の生P(Part4)
収録時間:02分46秒
収録人数:1名

 
さてこちらは、量産型女が大量に売られているマーケット・Pcolleより、
当サイトには久々の登場となる、もちづきさやかさんの最新作。
氏はいつの間にか、アレな被写体をラインナップの中心に据えられていましたが、
先の炉リータカテゴリ廃止の煽りを受け、大量の作品が粛清されてしまいました。

 
(過去記事)当サイトのもちづきさやかさんのレビュー一覧はこちら

 
そうした中では、大人びた部類に入るであろう本作の被写体は、
氏の中ではイレギュラーであっても、拙者にとっては王道そのもの。
こうした標的に対しても、等しくカメラを向けようとされることには、
意外にも、氏には人間らしい一面があったことを思わされます(失礼)

某深海魚さんが、水準を底上げしすぎているせいで、
この辺りの作品が、ますます出しづらくなりつつある昨今ですが(苦笑)、
JK作者様各位には、どうか気後れせずにリリースを続けていただきたいところ。
あれはあれで別枠として評するべきであることは、界隈中が心得ていますので、
パンチラのメインコンテンツである『JK』の火を絶やさずにいきましょう。

 
 

こちらが今回、モデルになってくれたJKちゃん。
可愛いですね。髪を巻き巻きして、大人っぽさを演出したかと思いきや、
困り眉や赤リップといった、近代的なアイドル要素も採り入れている・・・
つまり、パギャルです。

そんな量産型で、ポリシーやこだわりのない彼女を、このアングルから一舐め。
顔撮りにはもうひとつ粘度が欲しい気もしますが、取り急ぎ認証は叶います。
こうして満面の笑みを浮かべて、楽しそうにしている表情を見せているのは、
お友達と一緒に、このガヤガヤした場所を訪れているからでしょう。

 

ロケーションは恐らく、百貨店の催事場あたりかと思われます。
それゆえに周囲には男の姿は見受けられず、主婦層のおばさんで一杯
かつ人混みによって自然と対象に近付ける、理想的なシチュエーションです。
そうなんです。駅とか、雑貨店とか、ハイリターンゆえにハイリスクな場所に限らず、
可能性は低いとはいえ、都会にはこうした『穴場』も存在するんですよね。

 

では、ちょっくら失礼して・・・
クソミニな彼女の中には、刺激的なショッキングピンクサテンがお目見え。
カハァ・・・この絶好の環境で、生であるだけでもありがたいと言うのに、
このような至高の布地を引き当てましたか、そうですか・・・・・

 

語弊を承知で言うなら、誰でも撮れるような環境です。
人混みゆえ、前に進まない。背後に張り付くことは、自然かつ不可避。
しかし、この状況を勝ち得たことにこそ、氏は賞賛されるべきであって、
恐らく偶然などではなく、自身の体験から、したたかに導き出されたのでしょう。

 

そこへ、経験値の高い鳥師が立ち会えば・・・
押し引き自在、縦横無尽な飛行を楽しむことができるのです。

飛行には安定感があり、氏がしっかりと現場経験を積んだ鳥師様であることが分かります。
画質は、主にピントが甘く、この点は最新鋭のものと比べると見劣りは否めませんが、
百貨店特有の蛍光灯による強い照射がアシストし、及第点以上の品質を保っています。
鑑賞には充分で、最近で言えばワンダーさんよりも1枚劣る程度でしょうか。

 

途中、亀をガツンとぶつけてしまっても、お構いなし。
なぜなら人混みで、かつ彼女がお友達と一緒で夢中になっているから。
OK娘であることを確認したもちづきさやかさんは、ここからさらに・・・

 

寄るッ・・・!

いかがでしょうか。採光に助けられて、この描画力。
縫い目や光沢だけでなく、臀部にあしらわれたエッチな装飾までを捕捉。
こんなに艶っぽい下着を、JKが着用しても良いものなのでしょうか。

 
 

尺は折り返し、本作の『見せ場』がやって来ます。
再び楽しそうなパギャルを収め、人混みに乗じた潜行を開始。
ここからは、それまでの採光が一段と良くなり・・・

 

見よ。
このクシュリ、テカリ、そしてPを縦断するワレメライン。
それを我が国の大動脈である主要な高速道・幹線道とするならば、
縫い目やレースは、地域の中に細かく行き渡る支線といったところか。

 

ズドンと、なおも厚かましく、深部まで潜入。
クッ・・・JKのくせに、こんないやらしいものを履いて・・・
恐らくは深く考えもせず、ドンキで1,980円ぐらいのものを買ったのでしょうが、
それが我々中年男をどれほど幻惑させるか、彼女達は分かっていなんですよね・・・

 

本日の最高光量下には、ご覧の圧倒的ショッキングピンクを達成。
騙し騙し、かすめ撮ったようなものではなく、わりあいしっかり見られます
なぜなら氏にはそれだけの腕があり、そうできる環境を勝ち取られたのですから。

 

いやらしいパンティに対し、機材のハンデを感じさせないだけの画質で、
収録時間のほぼすべてを、このピンクで満たした飛行は、じつにお見事。
恐らくは一人の鳥師に対して、そう何度と恵まれることのない状況でしょうが、
こうした奇跡に立ち会えることにこそ、Pcolleを利用する価値があります。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、本日のベストカットには、最高光量下で獲得した圧倒的ショッキングピンクを選出。我々の大好きなこのPを、この状況下で行える最高のパフォーマンスによってモノにされています。飛行はヒット&アウェイですが、人混みによって対象の動きが鈍いこともあって、一打一打の耐久に心許なさはありません。その中で、押し引きを楽しんだり、ぶつけてもなお寄せたりすることができていることには、改めてこのシチュエーションを羨ましく思うとともに、そうした状況を勝ち得ることができる氏の嗅覚に恐れ入りました。氏の制服作品はあまり長く置かれないようですので、気になった方はお早めに。すべてのJKには、ぜひこうした質感の良いパンティを履いていてもらいたいものですね。

 
[FHD]かわいい!制服女子の生P(Part4)
[FHD]かわいい!制服女子の生P(Part4)

女の子 ★★★★
パンティ ★★★★
画質 ★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★★

女の子は、恐らくポテンシャルだけで言えば最高クラスの逸材でしたが、
あとひとつ正面顔バチが求められたことから、泣く泣く1点減点としました。
P質はですね、一昔前の拙者であれば、ノータイムで満点としていたところですが、
最近はもうちょっと、マイルドな色味と言うか・・・水着感が先行してしまうのと、
シミや汚れの観測が困難なため、白寄りのカラーだとありがたかったです(苦笑)
画質は、最高光量に晒されたようなシーンでは、満点としても良さそうですが、
やはり全体に均すと、どうしても粗さとか、ざらつきが見受けられてしまうため、
その点に神経質な方ほど、厳しいものがあるかもしれません(拙者は許容範囲内)。
オーソドックスではありますが、その中でしっかりとツボを押さえられているため、
こうした王道の作品を欲していた方は、前向きなご検討をお願いいたします。

2 Responses to “【Pcolle】これぞJKパンチラの王道!まるで甲虫のようにきらめくショッキングピンクサテン【もちづきさやかさん】”

  1. こぶた より:

    こんにちは。
    これは可愛い子ですね。適度なムッチリ感もいいですね。
    さっそくズボンを降ろして幸福感に浸る儀式を行いました(^_^;)

    • ムラサメ より:

      > こぶたさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > これは可愛い子ですね。適度なムッチリ感もいいですね。
       
      これぞJK!っていう、理想的なカラダつきをしていますよね。
      卒業後に、気が抜けてブクブク太らないかが気掛かりです。
       
       
      > さっそくズボンを降ろして幸福感に浸る儀式を行いました(^_^;)
       
      ぜひ、厳かに執り行ってください。
      彼女もきっと、クソミニ冥利に尽きると思います。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ