【Pcolle】一個体に長期粘着!真面目で普通っこいJKが、純白という花を咲かせるまで【クリオネさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
卒業した元JKのSNSを見ながら、目頭を熱くする今日この頃です。
ヘンなの・・・きみたちはもう、JKでもなんでもないのに。

この三年間、思えば色々なことがありました。
きみたちが楽しい日も辛い日も、おじさんはずっと傍で見守ってきました。
FJKの時には目にも留めなかったきみが、SJKになって突然開花したあの日。
きみたちの成長の早さや、可能性の大きさを痛感したものです。
時間を守るはずのきみが、うっかり寝坊をしてしまい、違う電車に乗ってきた日。
ひょっとして避けられているんじゃないかと思って、ヒヤヒヤしたっけ。
おじさんの反対を押し切って、ろくでもないチャラ男に処女を捧げたきみ。
きみが涙に暮れているのを、おじさんは誰よりも近くで見守っていたからね。
時にはケンカをしたり、同じ電車に乗るのを拒まれたりすることもあった。
けれど、最後にはこうして、巣立ちの時を迎えたきみたちと立ち会えている。

きみたちには本当に、大切なものをたくさん教えてもらいました。
おじさんはきみたちにとって、どんな存在だったのだろうか。
時々、きみたちが卒業後にお友達と会う時なんかに、
「あんなやつもいたっけ」ぐらいに思い出してもらえれば嬉しいかな(笑)
中には途中で辞めてしまい、この日を迎えられなかった仲間もいるけれど、
きみたちは晴れて、このJKという華の3年間を全うすることができました。
お疲れ様でした。寂しくなるけれど、心をこめて言います。卒業おめでとう。

そして・・・

さようなら、おばさん。

パンチラHOLIC・19
パンチラHOLIC・19
収録時間:05分33秒
収録人数:1名

 
というわけで、こちらはPcolleより、クリオネさんの最新作。
拙者は人生において、ジャンプすら定期購読していたことなど無いのに、
氏の作品だけはもれなく発売日にゲットしており、少しだけ氏にたい気分です。
それほどにクオリティの高い作品を、ほぼ毎週リリースして下さる氏には、
今さらながら、足を向けて寝ることなどできませんよね。
そんなわけで、今夜も注目作のレビューを、元気に行ってみましょう!

 
えっ?今夜の冒頭、去年の使い回しじゃないかって?
チッ・・・さすが皆さん、抜け目がありませんね。
もうね、5年目ともなるとね、書くことなんて無くなるんですよ。
JKは3年で終わりでが、鑑賞する側からすれば、永久に終わりません。
何年か前には、それすらも有り難いことだなんて思っていましたけど、
今では呪縛のように感じられ、終わらないマラソンを走り続けさせられているような・・・
これからも一生、この呪縛が解けないのかと思うと、ちょっと本格的に氏にたい気分です。

 
くそっ・・・許すまじ・・・JK許すまじ・・・
ならば今宵もこの恨み、白濁させて吐き出すまでッ・・・!!

 
 

さて。再生すると、本作では都合3日分の顔撮りが映し出されます。
それぞれ、着ている制服や、エキストラの服装の季節感が違うことから、
クリオネさんは中長期にわたって、彼女に粘着していたことが分かります
あるいはたまたま見返して、同一人物であることに気付いたパターンでしょうか。

氏が秘めている、そんな周到性や、ストーキング性もさることながら、
特筆したいのは、こうして顔撮りに別カメを用いられているという点で、
こうしたところに氏の懐の深さ、手癖の悪さを再確認させられます。
もちろん、こんなのはもう頼もしいことでしかないわけですが(笑)

で、肝心の彼女ですが・・・
氏の十八番であるクソミニ・ギャル系からは、少し離れた案件です。
ただ、アイドルとは言えないまでも、普通っこい彼女は十分に可愛らしく、
荒廃したJKと違って、家庭環境にも恵まれているであろうことが窺えます。
周囲の友達を見ても、カーストは中流ぐらいであろうことが予想されますが、
だからこそ、特に陰キャ男子などの中には、隠れファンも多そうです。

 

しかしまぁ・・・それでいて、この短さですよ。
なんだってもう、氏の生態域のJKは、揃いも揃ってクソミニにするかなぁw

少し大雑把な予想ですが、このシーンの彼女はSかL、ひとつ前はFかS、
すなわち、なんとなく一学年分ぐらいの開きがあるように感じられました。
このシーンでは、残念ながら顔はいまひとつはっきり分からないのですが、
先のシーンと比べて、佇まいが一回りシュッとして、垢抜けたと言うか。
お姉さんになった自信と言うか、JKが馴染んだことによる余裕と言うか、
そうしたものが、彼女をより都会的に、扇情的に見せている気がするんです。

多分拙者は、一年前の状態であればスルーしていますが、
この状態で出会ってしまったら、お気に入りへの追加は不可避となるでしょう。
そう。大抵、拙者が目を付け始めるのって、Sの中盤ぐらいが多いんですよね。
3年間一緒に~とか言っておきながら、実際には後半の2年ぐらいがいいところ。
やはりJKは、ほどよく垢抜けてくれないと、食べごたえがないのです。

 
 

そんな食べごろ真っ盛りの彼女へのファーストコンタクトは、車両乗り込み際。
この顔撮りよりは一回り垢抜けた彼女から、オーソドックスな純白をゲット!

氏の報告によれば、先の顔撮りを行った2日間は、いずれも重ねていたようで、
拙者の推測が当たっていれば、彼女は後発的に生Pに変化したということになります。
一体どんな心境の変化があったのでしょう。単に煩わしくなったのかもしれませんし、
ともすると、何らかの経験を経て、解放的になったのかもしれません。

 
 

なんと本作は、ここから最後まで、ノーカット編集となります。
それほどに削りどころのない立ち回り・・・つくづく恐れ入りますよね。

ここは運にも恵まれ、クリオネさんは絶好のポジションをキープ。
目の前の席は優先席ですから、座らなくても不自然にならず、
かつマナーの良い人を演じることもできるという、一石二鳥の展開です。
優先席ということは、反対側は壁。すなわちこのJKの群れを遮蔽に、
クリオネさんのいる空間は、言わば個室のような状態になっており
ここにもひとつ、絶対時間にも近い状況が実現しています。

厳密に言うと、優先席に一人、男の気配があるにはあるのですが、
その程度のことに気を取られ、狼狽するクリオネさんではありません。

※絶対時間・・・鳥師と被写体が、第三者目線の遮られた1対1になった状態

 

そこからはもう、ぶら下がり放題・撮り放題。
一見、隣に立っていれば、勝手に撮れていくようにも見えますが、
ここで微動だにせず振舞えることこそが、氏を超人たらしめています。

 

ちょっぴり暗いですね。
明かりをお願いしまーす。

 

彼女、少し動いてみようか。

と言うように、展開を暗記しておけば、
まるでAV監督にでもなって、彼女に指示を出している気分を味わえます。
車両が揺れたところでは、踏ん張る彼女の太ももがぷるるんと弾けたり。

 

絶景かな、絶景かな。
圧倒的に有利な状況で、クリオネさんが撮影を楽しまれているのが伝わって来ます。
恐らくこんな状況もまた、一人の鳥師にそう何度も訪れるものではないはずですが、
氏の真価は、こうした勝ち確の状況を次々に引き起こせることにあると言えます。

多分、そのうちで運が占める要素など、2割ぐらいしかないのでは・・・
ここは折り入って、氏にその確率を聞いてみたいところです。

 
 

彼女は一駅だけ乗車して、下車。
車両を降りてからは、より強い自然光に晒されます。
こうした日当たりも、すべて計算ずくなのでしょうか。

 

階段でも微動だにせず、ワンセットをフルで追い撮り。
そうですよね。ヘタに疑心暗鬼になるからボロが出るのであって、
一般の利用者が鞄を持って階段を上ることなど、何ら不自然ではないのです。
皆さんはもう少し、その辺りの気構えを身に付けるべきなのかもしれません。

 

最後は、いつかも見たような、改札へ向かう跨線橋でフィニッシュ。
前後左右から自然光が照りつけた、プリクラのブース内のような環境で、
その純白を、ゲップが出るほどたっぷり収めさせてもらいました。

ここで可愛らしく揺れている、彼女の巻き髪にしたポニテが、
初期の頃とは明確に違う、洒落っ気や色気を醸し出しています。
刹那の時間で、見違えるような進化を遂げる生き物・・・それがJK。
我々はあと何度、その蕾が花開く瞬間に立ち会うことになるのでしょうか。

 

総評・本日のベストカット

相変わらず見事なお手前です。飛行には非の打ちどころがなく、恐らくはヤラセ業者でもここまで完璧な立ち回りを実現することは困難でしょう。唯一惜しむらくは、垢抜け後の彼女の顔撮りがもうひとつ捕らえられていればなお良く、所持品などから間違いなく同一人物という確証は持てるものの、実質的には顔とPの間に乖離が感じられ、そこに些細な違和感は禁じ得ませんでした。より強い訴求力を見出せるルックスが垢抜け後であったろうだけに、この点は悔やまれます・・・と、揚げ足取りも甚だしいようですが、やはり『顔バチ→パンチラ』のホットラインが見られてこそJKパンチラ動画の訴求力は加速するため、この点は懲りずに提唱していきます。ただし、今回はたまたま噛み合わなかっただけで、スパイ亀までを駆使してそれを収めようとしていた姿勢は評価されるべきであり、こうして期間をまたぐことによって、JKの成長記録に立ち会えたことにも尊いものがあります。卒業式の日、すっかり円熟した彼女は、どれぐらい垢抜けて、どれぐらい短いスカートを履いていたのでしょうか。そしてその中には、何色のパンティが輝いていたのかも気になるところです。

 
パンチラHOLIC・19
パンチラHOLIC・19

女の子 ★★★★
パンティ ★★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★★
実用性 ★★★★

ノーカットでも成立してしまうほどの立ち回りは、見事と言うほかありません。
恐らくは氏のシリーズ中でも随一の、好条件に恵まれた映像と言えるでしょう。
電車内で『静』、階段や歩行のシーンで『動』が、バランス良く表現されており、
このまとまりの良さもまた、クリオネ節といったところでしょうか。
P質はもはや精神論の世界ですが、やはりクシュリとか、テカリとか、
そうした分かりやすいJK然とした質感が欲しかったことから、あえて厳しめに。
やや厚みのある、まだ進化の過程にあるPで、最近のJKに多く見られる気がしますが、
卒業する頃には、お姉さん顔負けのツヤテカPに履き替えているのかもしれませんね。

10 Responses to “【Pcolle】一個体に長期粘着!真面目で普通っこいJKが、純白という花を咲かせるまで【クリオネさん】”

  1. パンチラドランカー より:

    もう私もsjkだし、見せパンはかなくてもいいかなぁ
    とか思うんでしょうか

    見せパンはなんかダサいと感じるようになるのか
    小学生がブリーフ履くのをやめていくように生パンで一人前みたいな通過儀礼があるのでしょうか

    あるいは、
    ただ単に暑くて蒸れるとか
    一枚追加で履くのがめんどくさいだけなのかもしれません

    拙者も見せパンはダサいと思います

    • ムラサメ より:

      > パンチラドランカーさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > もう私もsjkだし、見せパンはかなくてもいいかなぁ
      > とか思うんでしょうか
       
      一度重ねたら、未来永劫重ね続けるものと思っていましたが、
      ひょっとすると、必ずしもその限りではないのでしょうか。
      有識者の意見を仰ぎたいところです。
       
       
      > 小学生がブリーフ履くのをやめていくように生パンで一人前みたいな通過儀礼があるのでしょうか
       
      こちらとしては、重ねのほうが一人前という認識ではあったのですが・・・
      通過儀礼と言えば、綿からサテンに変わる時期は、そう言えるでしょうね。
       
       
      > 一枚追加で履くのがめんどくさいだけなのかもしれません
       
      生を貫き続けるJKは、つまるところ、こういうことなのでしょう。
      洗濯物も二倍になるわけですしね。親思いの、いい子です。

  2. クラン より:

    時代が時代なので仕方ありませんが、最近「クソミニ」の基準が甘くなってませんか

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 時代が時代なので仕方ありませんが、最近「クソミニ」の基準が甘くなってませんか
       
      この度は違和感を抱かせてしまい、真に申し訳ございません。
      本記事における当該表現の使用につきましては、慎重に審議を行いましたが、
      読者様にそのように感じ受けられてしまったことに、忸怩たる思いでおります。
      本件につきましては、太ももの露出域や、スカートの占有面積に加えまして、
      被写体に成長の片鱗が窺えたことも鑑みた結果、当該表記の使用に至りましたが、
      ご指摘の通り、数センチほど丈が長いことによる逡巡があったことも事実でございます。

      昨今は丈が伸び、また当該表記を用いる作品の供給が激減した背景もございますが、
      かと言って安易にその基準を引き下げるべきではないことは重々承知しております。
      今後はより慎重な審議を行い、お客様に不信感を抱かせぬよう努めてまいりますので、
      引き続きご高配を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

  3. 56 より:

    本当我々はいつJKから卒業出来るんですかねえ…前世で何かやらかした罰なんでしょうか
    今作のP質はシワとか捩れがエロくて申し分ないかと私は思いましたが
    階段シーンなんか歴代でもなかなかのレベルなんじゃいないかと

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 本当我々はいつJKから卒業出来るんですかねえ…前世で何かやらかした罰なんでしょうか
       
      こんなにも振り回されるのですから、きっと相当な罪を犯したのでしょう。
      多分、覗きですかね。
       
       
      > 今作のP質はシワとか捩れがエロくて申し分ないかと私は思いましたが
       
      うーん・・・拙者はなんかちょっとこう、厚ぼったい感じがして・・・
      繊維の中に、キラッと反射する化学的なやつが織り込まれていてほしいんですよ!
       
       
      > 階段シーンなんか歴代でもなかなかのレベルなんじゃいないかと
       
      クリオネさんの階段は、怖いほど安定していますよね。
      被写体をど真ん中に据えて・・・なかなかできるものではありません。

  4. 匿名 より:

    顔は及第点でも模範的な逆さ映像の様に思います
    皺と捩れがあれだけ動くのを見てまだわがままを言いますか
    あれでテカテカ素材だったらもっと厚ぼったくなりません?
    それにしても昨今は厚手のパンツが多いのが残念です

    ところでこういうの羨ましいです
    ttp://video.twimg.com/ext_tw_video/1093879875725737984/pu/vid/320×568/qf2qYGqrVBZ7ke08.mp4
    自分の頃は見たくてモヤモヤムラムラしてたけど
    実際にこういう行動を起こす発想が無かったですね…

    • ムラサメ より:

      > 匿名の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 顔は及第点でも模範的な逆さ映像の様に思います
       
      なにも変わったことをせず、オーソドックスなパンチラ。これでいいのです。
      しかしこの模範を体現できるのが、現状クリオネさんぐらいなのですが(苦笑)
       
       
      > 皺と捩れがあれだけ動くのを見てまだわがままを言いますか
      > あれでテカテカ素材だったらもっと厚ぼったくなりません?
       
      あれですよ・・・テカテカの薄いやつ・・・とにかく安っぽいやつ!
      この辺はそろそろはっきりさせないといけないので、近々記事にします。
       
       
      > 自分の頃は見たくてモヤモヤムラムラしてたけど
      > 実際にこういう行動を起こす発想が無かったですね…
       
      これは仕込んである位置的に、教員ではなく学生による撮影っぽいですね。
      こんなのをネットで売って、親よりも稼ぐDKなんてのも現れたりして・・・
      拙者も、スマホのある時代に通学したかったと思う反面、
      遅かれ早かれ、奈落の底に叩き落されていたでしょうから、
      ある意味、よかったのかもしれません(苦笑)

  5. シコッティピッペン より:

    約半年前からSNSでljkをフォローしておりましたが、卒業と同時に外しました。また新たなゲキミニJKをフォローできると思うと楽しみでなりません。いつまでたっても卒シコできません。卒業式のゲキミニフルバックがたまりません。

    • ムラサメ より:

      > シコッティピッペン
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 約半年前からSNSでljkをフォローしておりましたが、卒業と同時に外しました。
       
      ほう・・・男らしいですねぇ。
      拙者は女々しいので、どんなヤリチンと付き合うかまでは監視する予定です。
       
       
      > また新たなゲキミニJKをフォローできると思うと楽しみでなりません。いつまでたっても卒シコできません。
       
      JKは毎年毎年、補充されてしまいますからねぇ・・・
      新JKよりも、垢抜けて花開いたSJKがタチ悪いんだよなぁ・・・
       
       
      > 卒業式のゲキミニフルバックがたまりません。
       
      なんで知ってるんですか?


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ