【Pcolle】今年の作品は今年のうちに!PANGRILAさん、ふみよへさん、ぴっきーさん、カリンさん【プチレビュー】


こんばんゎ、ムラサメです。
いよいよ大晦日。今年も終わりですね。
皆さん、2018年の『抜き納め』は誰で行うか、もう決めましたか?
中にはリフレなどに行って、生身の女を選ぼうとしている方もいるかもしれません。

先日、拙者のマークしていたu嬢が、晴れて18歳になりましてね。
これでようやく働けると息巻いて、とあるo店に在籍したようなのです。
近頃はu店が壊滅状態のため、ほとんどのu嬢が働き口を失っていますから、
彼女と同じように、誕生日を心待ちにしているLJK世代は、実は大勢います。

「ようやくお兄さんたちにまた会える!」
「初めましての方も、お久しぶりの方も、仲良くしてください♪」
「出勤日は●日、●日、●日です!楽しみに待ってるね(∩ˊ꒳​ˋ∩)」

しかしその後の彼女のツイートの傾向は、意外なものでした。
お久しぶりのお兄さんたちとの、幸せアピが始まるかと思いきや、
思いのほか鳴らない電話や、指名の少なさに、戸惑いを隠しきれない様子で、
終いには、会いに行くと言っていたお兄さんたちを、嘘つき呼ばわりする始末。

 
皆さんには、これがどういうことか分かりますよね?
大して可愛くもないんですよ。その当時は、若さで補っていただけ。
若さを失ったものに、価値がなくなったというだけのこと。
かつてチヤホヤしてくれたお兄さんたちは、今はもう別の嬢のところにいるのです。

そしてこれは、卒業後のJKに対しても、同じことが言えますよね。
かつて制服を着た写真をインスタに上げれば、秒速でいいねが付いていたはずなのに、
卒業後には嘘のように、求心力が消失したことを思い知らされることになります。
その厳しい現実は、女に対して冷酷に『人生の絶頂期の終了』を告げるのです。
せいぜい・・・その学校生活を、悔いのないように過ごすことだな、JKよ。

 
さて。今年最後の更新は、年末商戦の中からプチレビューを行ってみたいと思います。
まずトップバッターを飾っていただくのは、PANGRILAさんです。

制服ちゃんデータログ
制服ちゃんデータログ
収録時間:07分59秒
収録人数:2組

 
セールで新作が絶えると思いきや、意外にも続々とリリースされていますよね。
あえてこの時期に作品を温めていた方が、一人勝ちできるという傾向も見えました。
これはセール品を既に購入済みのコアユーザーにとっては、嬉しい兆候です。

その中で目玉となっているのが、こちらのPANGRILAさんの史上初となるJK作品
氏は主にGcolleの時代に、店員鳥師として一世を風靡した実績をお持ちですが、
このほど制服作品への参入を決めて下さったようで、これは非常に嬉しい展開です。
実力のある鳥師様の合流で、来年の界隈はさらなる高みを望むことになるでしょう。

 

ロケーションはゴミゴミした店内で、画質・撮れ高は、ともに上々。
1組目に登場する彼女には、別日に再会するというストーキング性も見せています。
惜しむらくは、映像が縦位置であることと、顔撮りが最初に来ない編集の点で、
いきなりパンチラから始まるという唐突な構成は、ちょっと勿体なく感じられました。

氏に限らず、やはりパンチラ動画は、顔→パンティが鉄則と思うのです。
「今からこのJKのパンティを見せますよ、よーく顔を焼き付けておけよマニアども」
その後にパンティが見られないと、いきなりパンティから見せられるのでは、
前戯もなしで挿入するような、味気ないセックスのようになってしまいます。
この点は来期、すべての作者様に踏まえておいていただきたいところです。

 

そんな中で実質的に本作のメインとなるのが、サムネにも掲げられている彼女。
恐らくは学校指定と思われる荘厳なバッグも相まって、非常に真面目っこい印象。
しかしながら芋特有の抜きづらさはなく、そこにアレルギーのある我々にも活路があります。
こうしたJKこそが、大学に進学して垢抜けて、ミスコンなどで花開くんですよね。

 

彼女のロンスカが前屈みになったところで、貫禄のぶら下がり。
真面目っ子を象徴する綿地の縞ぱんには、うっすらとシミも・・・
真面目っ子ゆえ、性に対する知識を遠ざけているためか、往々にして彼女達のPは、
こうした無知ゆえのあどけない分泌液を含んでいるものですよね。

恐らくは熟成もあってか、今風の垢抜け系よりは普通っ子が先行しそうな気配ですが、
某クロネコさんにあまり動きが見られない今、需要のある作者様になりそうです。
それこそ、氏を崇拝し、書店員を敬愛するような方には、クリティカルヒットしそうな・・・

 
PANGRILAさんの作風は、こちらの無料サンプルでも確認することができます。
主にモデル選球において、来年最も目が離せない作者様の一人となりそうです。

 
 
 
 
ふ その18
ふ その18
収録時間:04分17秒
収録人数:1名

続いては、半額セールに中指を立てる急先鋒となっている、ふみよへさんの最新作。
この時期に、氏の提唱するクソミニ案件が新たに見られるとは、嬉し限りです。
本作は4分超の尺に1名収録と、氏の作品の中では撮れ高的にも恵まれたようで、
この理想的な純白サテンを、時間目一杯楽しむことができます。

 

唯一、モデルの垢抜けがそこまででもないことは、この際大目に見ましょう(笑)
買い食いをしたり、これだけスカートを捲る民族性には、やはりいいものがある中で、
ふみよへさんが、今年一番と言っても良いレベルの安定飛行を見せています。

 

特にこうした車内耐久のシーンは、これまでの氏の作品ではあまり見られませんでした。
ここに誰かの作品のような抜群の陽光が降り注げば、鬼に金棒といったところでしょうか。
何かが吹っ切れたのか、それともリスペクトする作品からインスパイアを受けたのか、
来年は、ふみよへさんの作品のブラッシュアップからも、目が離せなくなりそうです。

 

一方でこちらは、ほぼ同時期に出されたふ その17からの映像なのですが、
こちらは打って変わって安定の非行案件のため、モデル質の面では与しやすいものがあります。
しかし今一歩の踏み込みが求められ、よくある『あちらを勃てれば~』状態。
この辺りが噛み合ってくれば、氏の作品は伝説的なものへと昇華する可能性を秘めています。

なんだか今年は、人気のある鞄が二極化した年でもありましたよね(苦笑)
その一角を担う貴重な存在でもある氏には、来年も安定した活躍を期待したいものです。

 
 
 
 
10【総勢10名のJKめくり】
10【総勢10名のJKめくり】
収録時間:10分46秒
収録人数:10名

お次は神出鬼没のめくり鳥師、ぴっきーさんによる最新作。
キリ番となる本作は、10名収録・10分超というサービス精神に富んだ作品のようです。
セールの外で行われている年末商戦に、風穴を開ける作品となるでしょうか。
嬉しい新作のラッシュに、鼻息を荒げながら鑑賞に臨みました。が・・・

 

この黒帯、そろそろなんとかなりませんかねぇ・・・(苦笑)
常々改善が求められているだけに、さすがにちょっと看過出来なくなってきました。
ぴっきーさんには、作品販売で儲けて、ぜひ映像編集ソフトを導入してほしいです。

モデル質は今回も玉石混交で、P質や撮れ高には一定のレベルはキープされているものの、
目当てのJKが残念Pという現実は、やはり『あちらを勃てれば~』状態。
最も質の高かった上記Pの主は、ちょっと芋好きからしても喰えたものではなく・・・w

 

ただ、油断していると物凄いアイドル案件が飛び出すのが、氏の作品のニクイところ。
本作で言えば、最も垢抜けていた彼女が、それということになるでしょうか。
遺伝子的にはまだまだ足りないものもある中で、この赤リップだけで反応してしまうのは、
ケミカルなJKに価値観を毒された我々の、悲しい性と言うべきでしょうね。

 

しかし中身は、こちらもやはり『あちらを勃てれば~』状態。
人生と一緒で、パンチラってのは、なかなか思い通りにいかないものですよね。
しかしながらこのシーンにおいては、プリントが割れるほどに使い込まれた炉Pや、
うっすらと生い茂っている、ケツ毛までもが暴かれてしまっていることによって、
表向きにはケミカルに着飾っているJKの秘密を掌握できたことが、活路となりそうです。
我々はこうやって、人知れずJKからマウントを取って、死に近付いて行くのでしょうね。

 
 
 
 
全員生♡ スカートめくり♡ 生編スマホ片手に駆け巡り
全員生♡ スカートめくり♡ 生編スマホ片手に駆け巡り
収録時間:05分37秒
収録人数:11名

今年のラストにご紹介するのは、本日リリースされたばかりのカリンさんの作品。
こちらもぴっきーさんと並んで、めくり第三世代に身を置かれる作者様です。
前回のプチレビュー時には、荒削りな作品の中にも可能性を感じることができましたが、
果たしてどれほどの進化を遂げて来られたのか、その動向に注目されます。

 

この方もまたぴっきーさんと同様、スマホ撮り1カメ体制。
第二世代以降は、当然のようにフラッシュを焚くところにも目を見張ります。
恐らくは最新鋭の機材ゆえ、画質はご覧のように大迫力で申し分ないのですが、
こちらは顔撮りがあったり無かったり、それだけでなく撮れ高にも大分ムラがあり
この辺りは、徐々に洗練されることが求められます。

 

そんな中で、本作のメイン女優となるのは、実質的に彼女ということになるでしょう。
顔撮りという顔撮りがあるのは2名のみで、この点は残念なことにほかならないのですが、
いくらか都会的なエッセンスが窺える彼女に対してそれがあったことは、喜ばしいことです。
もうひとつ正面からの捕捉があるとなお良かったですが、雰囲気としては概ね掌握可能で、
この派手感を携えながら、あえて黒髪・ロンスカを貫いているポリシーには、
所謂メンのヘラった、闇深いバンギャ系JKであろうことが見て取れます。

ま、こうした抜きやすそうなJKに限って、あちらを以下略なんでしょうけどね。
本作には、このド派手な極彩色のスカートが4名収録されていますが、
顔撮りやP質がいまひとつ冴えず、ちょっと実用的ではありませんでした。
きっと彼女も、妙な柄Pなんて履いているのでしょうn

 

生!この青チェックにして生!
4554554555555~~!!!!

失礼ながら、そこまで期待して鑑賞に臨んだわけではないのですが(苦笑)、
意外なところから、拙者の2018年の抜き納めは、カリンさんということになりました。
やはり・・・こうしたクソ派手なスカートの中には、やさしいピンクが良く似合う。

個人的には、もうひとつ顔とPの因果関係を強く紐付けられたり、
横位置にするなどして、見切れを最小限に抑えられれば、より理想でした。
氏の作品はまだまだ荒削りではあるものの、それはどこか、
ああでもない、こうでもないと模索していた頃の、某ピンクさんの姿が重なり
第三世代が第二世代に取って代わるような日も、近いうちに訪れるような気がしてきました。
来年はダークホースである氏が、新たなる栄光を掴むことになるかもしれません。

 
 
 
そんなわけで、今年も色々ありましたが、これにて年内の更新は終了です。
年末商戦の中から、ぜひ抜き納めにふさわしい作品を見つけてみてください。
そして来年は、レギュラー陣を脅かすような新人の躍進にも期待したいものですね。
それでは皆様、良いお年をお迎えくださいノシ

4 Responses to “【Pcolle】今年の作品は今年のうちに!PANGRILAさん、ふみよへさん、ぴっきーさん、カリンさん【プチレビュー】”

  1. 昔撮った杵柄 より:

    ぴっきーさんってピンクの時計氏とは別人なんですかね?

    • ムラサメ より:

      > 昔撮った杵柄さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > ぴっきーさんってピンクの時計氏とは別人なんですかね?
       
      と思います。
      どちらかと言うとカリンさんの方が色々と近いですが、やはり別の方でしょうかねぇ。

  2. 56 より:

    PANGRILAさんは実力派撮り師だったんですね 不勉強で失礼しました
    そんな大物撮り師が制服参入とは嬉しい限りです
    ふみよへさんあたりの優良な中堅どころの躍進も来年は期待したいですね

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > そんな大物撮り師が制服参入とは嬉しい限りです
       
      またひとつ、界隈が盛り上がりを見せそうですね。
      個人的には、ギャル系の投入にも期待したいです。
       
       
      > ふみよへさんあたりの優良な中堅どころの躍進も来年は期待したいですね
       
      年末に出された2本は、明らかに違いを感じさせるものがありましたね。
      HOLICに感化された氏が、どんな飛行を見せて下さるのかにも注目です。笑


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

あなたにおすすめの記事

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

このページの先頭へ