【Pcolle】巷ではスカートめくりが大流行!?EGGさん、サイコパスさん、ラスカルさんなど【プチレビュー】


こんばんゎ、ムラサメです。
からっきし新作の出ない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
なにやら一瞬、炉旋風が巻き起ころうとした気がしないでもないですが、
新運営によって粛清されたのか、単に引っ込められたのか気になるところです。

さて。巷では、厄介なウイルスが大流行しているようですが、
Pcolleには、ある意味それ以上に恐ろしいものが流行しているようで。
今期のメイントピックの一つに、みどりの帽子さんの帰還が挙げられますが、
まるでそれを祝福するかのごとく、氏の同胞たちが猛威を奮っているのです。

 
(過去記事)その手で、めくってみませんか?

 
今夜プチレビューする4作品は、オールめくりです。
そこに亀を突っ込むだけでも、常軌を逸した攻撃性が求められるものですが、
さらにめくるとまでなると、もはや狂気の沙汰としか思えません。
勝手な想像ですが、通常の鳥師と比べて、彼らの方が病巣が深いと思うのですよね。
より強いリスクを背負っているという意味で、中毒性も高まるでしょうし、
何よりも、めくるという行為そのものに、病み付きになる何かがありそうです。
あとは、靴や鞄の鳥師が、装備のない時は見送らざるを得ないのに対して、
彼らはスマホさえあれば、いつでも行為に及べるというのもあるでしょうか。

どんな時も、世界に一つだけの映像を求めて暗躍する彼らが、
建前上の反省を強いられることにならなければいいのですが・・・
その時はきっと、「もう鳥なんてしない」なんて仰るのでしょうが、
いやはや・・・本当に、中毒というのは恐ろしいものですね(苦笑)

JKめくり01
JKめくり01
収録時間:01分26秒
収録人数:1名(2日分)

 
さて。まず初めにご紹介するのは、EGGさんという新人様による作品。
その作風は、現在はもう退会されているたまごさんに酷似しているのですが、
色々な意味で、氏とはちょっと違う点や、気になる点などが見受けられた次第です。
尺は2日分で1分半と、通常の逆さ作品とするならば少々短めではあるものの、
得てしてめくりともなれば、これが平均値以上であることは言うまでもないでしょう。
それだけホールドすることが、通常の逆さと比べて困難というのもありますし、
どういう理由か、最近は姿撮りを疎かにするめくり師も多いですからね・・・

 

その点、この方のそれは、非常に信頼できます。
2日分の2日とも、前に回り込んでしっかりと全身を捉えていますし、
「今からこのJKめくりまっせ~」と、後ろ姿を見せる演出も拙者は好きです。
彼女は2日ともマスクをしているため、ご尊顔を完全には把握できませんが、
しっかり施されたアイメイクや、凛とした表情で都会を颯爽と歩く佇まいに、
ウェイウェイしているだけのアホなJKとは違った、芯の強さを窺わせています。

これを水平アングルからガッツリ収めている立ち回りも素晴らしいのですが、
本作は機材の画質も素晴らしく、60fpsでヌルヌル動くため、臨場感が違います。
恐らくは、最新鋭のスマホを用いられていると見て間違いないでしょう。

 

そんな機材でめくったら、どんな画が撮れてしまうのでしょうか。
カツ、カツと、地上へ向かう階段を一段一段、踏みしめている彼女。
そこへEGGさんは、フラッシュを焚いたスマホを向けつつ・・・

 

ぺろーん。

凛としたJKの中身は、フローラルなシルキーピンクでした。
圧巻はそのホールドで、秒数にして約6秒、段数にして10段をキープします。
忘れてはならないのが、エスカならまだしも、これが階段ということです。
静止しているのではなく、動いている被写体を、撮りながらめくるなど・・・
ともすると階段の方が、めくりそのものには気付かれにくいのでしょうか。

エスカのめくりは、驚きはある一方で、動きに乏しいのが玉に瑕ですが、
やはり階段めくりは、躍動する尻肉が見られるのが素晴らしいですね。
リピートをかければ、彼女はこの階段を永久に上り続けてくれます
ムチムチの肉、クシュクシュのP、これぞまさに『天国への階段』・・・
それが見られるだけの、キメとなる画をしっかり捉える手腕はお見事です。

 

2日目は、この極上サテンに、初日を上回るホールドを成就
やはりね。JKのパンティは、こうした光沢を纏ったものこそが正義です。
そして何よりもそれを引き立てるのが、このフラッシュ照射ですよね。

この日は、後方に良からぬ気配でも感じられたのか、
いいところでホールドを止め、彼女を抜き去ってしまいます。
EGGさんは、その辺りの危機管理能力にも長けていらっしゃるようですね。
あと、個人的に非常に気になったのは、めくりを終えた後の、姿撮りのシーン。
なにやら、仲間と話す?ようなやり取りが聴き取れた気がしたのですが、
よもやこの方もまた・・・・・そういうことなのでしょうか。

そんなミステリアスさもありつつ、非常に気になる投稿者様です。
現状、めくり作品の第一線にいると言っても過言ではないでしょう。

 
 
 
 
けしからん、エスカレーターで盗撮を警戒して最後尾に乗る娘には悪戯part.2【PC用・縦動画】
けしからん、エスカレーターで盗撮を警戒して最後尾に乗る娘には悪戯part.2【PC用・縦動画】
収録時間:06分48秒
収録人数:9名

続いては、お久しぶりの登場となります、サイコパスさんの作品。
氏はデビューこそ2018年ですが、ここ一年ほどは新作が無かったため、
恐らくはもう、忘れておられた方も多いのではないでしょうか。
レビューまでしておいて、拙者も完全に忘れ去っていたことは内緒です。

 

本作には9名のJKが収録されており、すべて同じエスカで撮られています
めくり鳥師の方にとって、スポットの知識やストックは必須と思われますが、
ここは両側が壁で遮蔽されており、なかなか優秀なスポットと言えそうですね。
これで片側一車線なら、某氏の言うところの『洞窟』が成立します(笑)

そこで不運にも最後尾に並んでしまった、哀れなJK9名いただくわけですが、
残念なことに顔撮りは無く、こうして後姿を拝める程度に止まります
エア電話でもしながら、ちょいと追い越すだけでいいんですけどね・・・
まぁ、まぁ、この点は、徐々に改善されることを願いましょう。

 

スマホですからね・・・
その画質は、ヘタなアクションカムなどより、よほど優れているのです。
そしてその最大の武器は、やはり何と言っても、このフラッシュ照射

 

ぺろーん。

と言うより、チロッ、チロッ、と、つまみ上げると言う方が適切でしょうが、
ピンバチで決まった時のこの訴求力には、やはりエグいものがあります。
また本作、9名のJKは、ほぼ全員がリュックを装備しているのですが、
その防壁を打ち破れたという意味でも、達成感が湧きますね。

ただ本作、良Pは彼女一名のみ(もう一名、柄Pからのハミ毛あり)のため、
30秒ほどの持ち時間を鑑みると、ややコスパとしては振るわないでしょうか。
ただしサイコパスさんは、「この頃はまだまだ」と談話で語られていますので、
いずれとんでもないストックで界隈を賑わせる日も、そう遠くないのかもしれません。

 
 
 
 
めくり嗜好001
めくり嗜好001
収録時間:02分07秒
収録人数:5名

ここまでのお二方が、狂気の中にも、自身なりのルーティンが見受けられたのに対し、
わりと手当たりしだいで手癖が悪そう(笑)なのが、こちらのラスカルさん
きっとこの方も、まだ恐怖を知らない(=無敵)の鳥師様なのでしょうね。
余談ですが、めくり鳥師の皆さんって、なんとなくガラが悪い気がします。

今作でも、エスカや階段など、あらゆる場所でめくりを敢行されているのですが、
技術(と言うか度胸)は優れているものの、難P先行のため、ひとまず割愛とします。

 

その中で・・・ラスト50秒に登場するのが、ご覧の彼女。
えぇ、えぇ。この、質感ですよね。知ってます。
なんかもう、あえて何を言うまでもないでしょう(笑)

 

そんな彼女に、コンビニ内で水平めくりという無謀を働きます。
いやいや・・・しかしながら、進化とは常識を超越した先にこそあるもの。
思えばめくりだって、初めは誰も考えもしなかったものですからね。
階段でめくってバレないのであれば、水平でめくってバレる理由も見つかりません。
むしろ虚を突いているという意味で、こちらの方が気付かれにくかったりして・・・

 

残念ながら、ホールドというホールドは見られないものの(正味3秒)、
彼女が唯一、生らしい生であったことは不幸中の幸いでしょうか。
なかなかに使い込まれた下半身で、もう少しじっくり見たかったところですが、
さすがにこの状況において、これ以上を求めるべきではない気もします(苦笑)

 
 
 
 
【JKプリクラめくり5】スタイル抜群娘のスカートを執拗にめくり続けてみた
【JKプリクラめくり5】スタイル抜群娘のスカートを執拗にめくり続けてみた
収録時間:03分23秒
収録人数:1名

ラストは、当サイトでは何度かご紹介している、なめまわ師さん。
ここまでの三方が狂人なら、この方はさらにその上、キ●●イとでも言いましょうかw
プリクラという魔境に踏み込む時点で、その異常性は量り知れないわけですが、
そこでさらにめくるとまでなると、いよいよ飛んだネジの本数が数え切れません。

プリクラでは、その特性上、2回めくる必要があるわけですが、
それはつまり、こういうことですね。

 

①暖簾をめくる

この方は、何の迷いもなくバサッと行くのが凄いです
それだけ筐体の仕様を把握し尽くしているというのもあるでしょうね。
素人が真似をすると危険を極めますので、絶対におやめください。

 

中には、若い肉が。
暖簾をめくった先に、こうしてエロい世界が広がっているのを見ると、
岩をひっくり返して、ダンゴ虫が大量についていたのを思い出します。

 

おじさん達を締め出して、楽しそうにしているじゃないのよさ・・・
彼女達は、そこに侵入者がいるなどとは、夢にも思わないでしょうね。
まして、こんな異常が働かれているなど・・・

 

ぺろーん。

本作、P質こそ残念と言わざるを得ない代物ですが、
めくり以外にも、何度となく隙間から亀を突っ込んだりと、撮れ高は十分です。
ただやはり残念なのは、この方も顔撮りに乏しいことなんですよねぇ。
せめて、落書き中の画面をスマホで撮るとかどうでしょうか(笑)

 
(過去記事)壮絶バレ多数!なめまわ師さんのレビュー一覧は、こちら。

 
 
単なる『模倣』から、次々に『独自性』が見出され始めている、めくり芸。
いくら自分達が身勝手な露出をして、世間を混乱に陥れているからと言って、
その治験体にされるJK達が、少しだけ気の毒な気がすることも事実です(苦笑)

6 Responses to “【Pcolle】巷ではスカートめくりが大流行!?EGGさん、サイコパスさん、ラスカルさんなど【プチレビュー】”

  1. 勃花孝志 より:

    コンビニでめくるとは驚きでした。めくり鳥師もいろいろな手法があって花屋の店先に並んだ花のようですね。

    やめたくてもJKを見るとどんなときもパンティーのこと考えちゃうんでしょうね。まぁダメなんですけど好きなものは好きといえる気持ちだけは大切にしようと思います。

    • ムラサメ より:

      > 勃花孝志さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > めくり鳥師もいろいろな手法があって花屋の店先に並んだ花のようですね。
       
      そうですよね。ナンバーワンになんてならなくていいんです。
      えっ、売れなきゃ嫌だって?(苦笑)
       
       
      > やめたくてもJKを見るとどんなときもパンティーのこと考えちゃうんでしょうね。
       
      どう考えても、買う方より売る方が悪いんですよね。
      薬物は、売った方が罪が重いのに・・・

  2. クラン より:

    風さんがめくってくれるのが1番平和で大好きなんですけどねぇ…

    • ムラサメ より:

      > クランさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 風さんがめくってくれるのが1番平和で大好きなんですけどねぇ…
       
      風さんは、肝心な時にめくってくれないじゃないですか。

  3. 56 より:

    業界取り巻く諸事情はどんどん厳しくなっているというのに、
    流れに真っ向から逆らって先鋭化していっているこの方々は控え目に言って頭おかしいですね(褒めてます)
    というか頭がおかしくないとやれないジャンルなのかもしれませんが(褒めてます)

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 業界取り巻く諸事情はどんどん厳しくなっているというのに、
      > 流れに真っ向から逆らって先鋭化していっているこの方々は控え目に言って頭おかしいですね(褒めてます)
       
      怖れや痛みを知らないからこそできる芸当ではないかと・・・
      無敵状態が、いつまでも続けばいいのですが(苦笑)
       
       
      > というか頭がおかしくないとやれないジャンルなのかもしれませんが(褒めてます)
       
      同じ鳥師でも、これをやる人とやらない人で毛色が違いそうですよね。
      めくりをやる人っていうのは、やはりガラが(ry


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ