【Pcolle】ケミカル赤リップクソミニJKのフチまでくっきり王道クシュリサテンこそ至高【兎さん】


こんばんゎ、ムラサメです。
あの平成を代表するドラマ、『半沢直樹』の続編が製作されるようです。
すぐに続きが見られると思っていましたが、じつに7年もの間が開きました。
原作ファンに言わせると、次の展開こそがシリーズの最高潮とのことなので、
当時、毎週の放送を楽しみにしていた拙者も、今からワクワクしています。

半沢直樹と言えば、社会現象まで起こしたセリフ回しが特徴で、
やりすぎ感さえあるそれが逆に痛快で、多くの視聴者の心を掴みました。
いくつもの印象的なものがあった中で、拙者が最も好きだったのは、
やはり流行語にも選ばれたあのセリフ・・・ではなく、
見事、勧善懲悪が成就した時に主人公が放った、このセリフですね。

 
「土下座していただこう。」

 
 

(出典:*逆さ撮り35(盗撮の現場)*

いかがですか?パンチラ見たさに地べたにひれ伏す男の姿は。
滑稽ですか?しかしこれこそが、皆さんの心情そのものなのですよ。
たかが娘っ子の下着見たさに、恥もプライドもかなぐり捨てるその姿勢。
きっと親御さんや恋人などが見たら、情けなさで泣き崩れるでしょうね。
今は衆人環視の時代ですから、こうしたやめましょうやぁこういう潰し合いはぁぁ(体中の毛穴という毛穴から滝汗)

 
しかしまぁ、盗撮犯ってのは、案外若い兄ちゃんが多いものなんですね。
おじさんばかりかと思っていましたが、彼らはもっと狡猾に仕込むか、
あるいはこういう無謀な連中に辟易して、現場を離れたのかもしれません。
なりふり構わない彼らが、取り返しのつかないことにならなければいいのですが、
一度痛い目を見ないと、こうした悪癖は断ち切れないものですよね(苦笑)
なお本作では、変質者の容姿にはボカシ処理が施されています。よかったですね。

 
さて今夜は、なぜか深く安堵のため息をついたところで、
Pcolleより、兎さんによるJKパンチラ作品をレビューします。

兎44
兎44
収録時間:02分11秒
収録人数:1名

 
こちらは当サイトでは久々の登場となります、兎さんの最新作。
このサムネにイイ予感を募らせながらも、恐る恐るつまんでみました。
誰かが言いました。この世には、黒い兎と白い兎がいる、と。
意味はよく分かりませんが、拙者は何となく白い方が可愛いと思います。

 
(過去記事)当サイトの兎さんのレビュー一覧

 
そんなわけで、協会からも慎重に扱うようお達しのある氏の作品ですが、
今回は結果的に股間を射抜かれたため、ご紹介する次第です。
ともすると、皆さんの中には苦手意識をお持ちの方もいるかもしれませんが、
こうした方こそ、今の時代に適った作者様と言えるのではないでしょうか。

そして某氏に比重の掛かりすぎた現在の界隈のバランスを取る意味でも、
氏のような方が秘蔵のストックを開放して下さることを願いたいものです。

 
 

はい出ました。クソミニです。
クソミニ+斜め掛けバッグ+激安ジャングル。まずこの時点で満貫が確定します。
カゴの中の商品の量から察するに、この日は気合いの入ったお買い物のようで、
ともすると学校行事とか、誰かのバースデー絡みの買い出しかもしれません。
そうやってミッションに夢中なJKほど、注意力が散漫になっているんですよね。

で、肝心のお顔の方はと言いますと・・・

 
 

来た。可愛い。
ショートボブ+ケミカル+赤リップ。この時点で倍満まで跳ね上がります。
この化学的な出で立ち、それでいながらアイドルルックと言うと若干の齟齬があり、
特有の退廃感を携えた、言うなればクソミニ然としたJKといったところでしょうか。

サムネに倣ってモノクロ加工しましたが、この斜め掛けバッグにぶら下げた、
ゴチャゴチャとやかましい飾りにも、いかにもな“らしさ”が表れています。

 

何なんでしょうね。黄金律と言うか。特有のプロポーションと言うか。
この感じのJKが、我々の胸を打って止まないのは。
露出による補正?そんなことを言うとカメラの専門用語のようですが、
とにかく街で出会ったら正気を保つのに苦労するであろう、扇情的なJKです。

姿撮りは50秒近くあり、顔バチもあるため人定は完璧
そしてこの狭い店内で、逆さへと移行します。

 
 

お嬢ちゃん・・・いけないよ、そんなスカートで街に出ては・・・
キミみたいなJKのせいでね、精神科に通うことになる男が後を絶たないんだ。
キミ達は何の気なくしているのかもしれないけどね、おじさん達は大変なの。
どんなに大切な予定があろうともね、それを台無しにされてしまうのだから。
そんな、お嬢ちゃんみたいなJKにはね、おじさん達から・・・・・

 
 

倍返しだ!

いただきました。クソミニJKからは、教科書通りのライトブルーサテン!
彼女、リップは赤、マニキュアも赤、マフラーも赤と赤三昧なのに、
パンティは模範的で、こんなところは身の丈を知っていると言うか、
ハズさないところにもまた、クソミニJKたる矜持を感じさせられます。

 

店内でヒット&アウェイ。人の目もあって撮りづらそうですが、
彼女にそこまで警戒感がないため、着々と撮れ高を獲得。
もう少し明るさや、グッと掴んでホールドが求められるものの、
ハイリスクな被写体・シチュエーションでの頑張りは評価したいところ。

 

亀の性能を生かして、しっかりとキメの画も作ります。
イイですね・・・絶妙な縫い目、絶妙なクシュリ感。
パンコキをするなら、これぐらい柔いのが塩梅良いに決まっています。

 

動作がゆっくりのため、歩行時にも辛うじてピントはキープ。
そして彼女は、この肉感もまた、絶妙なんですよね。
ムチ、ムチ、ムチ・・・

 

ムチ(クシュ)、ムチ、ムチ(クシュ)、ムチ・・・
カーデによる押さえもあるため、決して分は良くないはずですが、
丈が短いことと、狭い通路でリーチを詰めやすいことを追い風に、
どうにかこうにか、及第点の撮れ高は確保します。

 

そして彼女のP質を一段と押し上げるのが、このフチのレース
このリングの一輪一輪が“旨味”となって、我々の股間を訴求するんですよね。
嗚呼、いいよお嬢ちゃん・・・お嬢ちゃんのパンティ、イイ45454545・・・・

 

無理な付きまといが災いしてか、少しばかり気にされるも、
ミッションに夢中な彼女は、それ以上追及してくることもなく・・・
素晴らしい時間を、我々にプレゼントしてくれるのでした。
お嬢ちゃん。お友達にも、そういうパンティを履くよう徹底しておいてね!

 

総評・本日のベストカット

なんだか久しく、いいパンチラにありつけた気がします。Mる夫さんやPルートさんの頃のような、オーソドックスで混じり気のないパンチラ。「こういうのでいいんだよ、こういうので」と唸らされる作品と言えるのではないでしょうか。良いパンチラ動画は不思議と“静と動”のバランスが均一で、その点について言うと本作ではもうひとつ粘り腰が求められるところではありましたが、スローや一時停止を駆使してでも味わいたい旨味がそこにはあります。クソミニJKは、晴れの日をどしゃ降りにして、傘を奪って膝鉄でへし折るようなとんでもない生き物ですが、こうして我々に富を還元する意思があるのであれば、特別にその存在を認めないでもありません。

 
兎44
兎44

女の子 ★★★★★
パンティ ★★★★★
画質 ★★★★
耐空時間 ★★★
実用性 ★★★★

JKは可愛く、ケミカル好きは間違いなく歓喜する案件です。
退廃感もあり、我々にとって最も需要のある系統と言えるでしょう。
画質は、氏の絶好調時のそれと比べると見劣りはするものの、
フチのレースまでを詳細に暴く精度に、限りなく5に近い4とします。
芋派は回れ右。そんな、ターゲットが明確な作品も最近は多くなく、
突き詰められたモデル質やディティールは、支持したいところです。
以上を踏まえた上で、この後24時よりEテレで放送の、
『性犯罪をやめたい』を見れば、より特別な感覚を味わえるでしょう(笑)

4 Responses to “【Pcolle】ケミカル赤リップクソミニJKのフチまでくっきり王道クシュリサテンこそ至高【兎さん】”

  1. 禁欲の壺 より:

    まだ見限ってなかったんですねw
    サムネイルでピンと来るとは何とアンテナが鋭敏なのでしょう。
    私にはどれも同じ様に見えてしまって区別が付きません。
    特に布の質感が水着っぽいのが多くてゾワゾワ来ないのです。
    制服の着こなしだけでなく下着まで地域性が出るという事でしょうか。

    ところで氏の作品一覧を見たら所々抜けがあるのですが
    そういう物こそ白兎モードだったのかなと気になっております。

    ちなみに犯沢で最も印象に残っているセリフは
    「これは一体どういう事なのか説明して貰おうじゃありませんか、ウサギー!」ですね。
    間違えました。「小木曽ー!」でした。

    • ムラサメ より:

      > 禁欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > まだ見限ってなかったんですねw
       
      見限るだなんて、めっそうもない(笑)
      時々こういうのが出てくるからこそ、この丁半博打はやめられません。
       
       
      > 特に布の質感が水着っぽいのが多くてゾワゾワ来ないのです。
      > 制服の着こなしだけでなく下着まで地域性が出るという事でしょうか。
       
      ともすると、この地域では綿が採れないのかもしれませんね。
      化学、化学、化学・・・メイクもパンティも、全部ケミカルです。
      それでいいのです。
       
       
      > ところで氏の作品一覧を見たら所々抜けがあるのですが
      > そういう物こそ白兎モードだったのかなと気になっております。
       
      そのようでいて、微妙に一致しないんですよねぇ・・・
      何年後かでいいので、鳥師の皆さんには正解発表をお願いしたいです。
       
       
      > 「これは一体どういう事なのか説明して貰おうじゃありませんか、ウサギー!」ですね。
       
      禁欲の壺、プレミアピープセレクションに出向を命ずる!

  2. 56 より:

    これ(盗撮の現場)売れてますねえ。みなさんこういうのお好きなんですね。
    もちろん私も買いました。自分が映ってなくて良かったです。

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > これ(盗撮の現場)売れてますねえ。みなさんこういうのお好きなんですね。
       
      怖いもの見たさの人って、一定数いますよね。
      しかしこれほど鳥師を狙って撮られた映像は、前代未聞です。
       
       
      > もちろん私も買いました。自分が映ってなくて良かったです。
       
      大多数の人は、その確認で買っているのではないでしょうかw
      ここをご覧の中に・・・1人ぐらい、いそうだなぁ(苦笑)


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ