【Pcolle】超高画質文化祭パンチラ!その柄Pのフロントに刻まれたJKの主張を見逃すな!【黒kさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
最近のJKは、互いの動向を監視するだけでなく、アプリで位置情報まで共有しています。
我々の世代であれば信じられない、また恐ろしいとすら思えるような機能ですが、
彼女達にとって、それは恐ろしいどころか、むしろ便利なものでしかないようで、
たとえば放課後に遊んでいる時に、近くに誰かいれば、合流して楽しんだり、
待ち合わせに現れない時も、それを見ればおよその到着時間が読めたりします。
それを恐ろしいと思うのは、そこにやましいことがあるという前提のある大人の発想で、
その辺りを明け透けに育った彼女達は、また違った大人に成長するのかもしれません。

何十年も前、当時まだ新しかった『電子辞書』を否定する教師がいたと聞きます。
そんなものを使うな。横着するな。紙の辞書を引けば、記憶はより強固なものになる。
今にして思うと、それこそが老害の発想だったようにも感じられます。
ただ単に新しいものや、変化を受け入れられないだけで、さらにはその意見を押し付ける。
電子辞書を使えば、一瞬で目的の情報にありつけ、余った時間を別の学習に回せるわけで、
効率が良いだけのそれを否定していた理由は、単に「気に入らなかったから」でしょう。
やがて時代は、英単語に限らず、あらゆる情報を親指一本で手に入れるようになりました。

数年前、拙者がとあるお祭りに遊びに行った時の話です。
と言っても、入口のガーディアンにビビって、周辺をウロウロしていただけなのですが、
楽しげに出てきた新社会人ぐらいの集団が、口々に今の世代を羨ましがっていました。
それは単に彼女達が若いことではなく、そこにスマホやSNSがあることに対してで、
自分たちの時代にそれがあれば、今のようにもっと楽しかっただろうと言うのです。
確かにスマホのある以前と以後で、JKの生活は様変わりしました。
日常生活にしても、学校行事にしても、さらに価値のあるものに高められ、
先のようなアプリを使うことで、『効率性』や『利便性』までを手にしている。
未だにスマホを使えず、キーボードを人差指で叩いているようなおっさんを出し抜いて、
彼女達は、来たる『新時代』を生き抜くために、着々と最適化されています。

 
そういうところが、気に喰わないんですよねェ~。
変化を受け入れられないおっさんを軽蔑するような、白けた目!
さながら、時代に取り残された我々を、追い出そうとしているかのよう。
「SNSに写真上げることの、なにがいけないんですかぁ~?」ってか?
いいかぁ?お前らが今いるのはな、おじさん達が繋いできた時代であって、
そこには様々な『歴史』というものがあったことを忘れるんじゃないぞ?
そうやって上げた写真がな、自分が望む範囲だけに見られるものではなく、
『望まざる客』を寄せ集めているということを、よーく覚えとけ!

お祭り騒ぎvol.6【文○祭】
お祭り騒ぎvol.6【文○祭】
収録時間:05分09秒
収録人数:1名

 
と言うわけで、Pcolleの黒kさんから、待望のお祭り作品が届きました。
お祭りなんて、かつては授業が潰れる程度の喜びしかなかったはずですが、
今では、一年で最もSNS映えする重大なイベントとして神格化されています。
こうした浮ついたイベントが、どれほどJKの学力を低下させているか心配です。

そして、心配と言えば・・・
JK達が、後先顧みずに、嬉々として上げた写真の数々・・・
その猥雑な写真は、必ず呼び寄せているはずです。望まざる客、すなわち変質者を。
言わば彼女達は、我らこそが一番!と、その青春を自慢し合っていながらにして、
実は全国の変質者に対してプロモーション活動を行っているようなものであり、
結果的にネット上には、“違うアングルからの写真”も出回ることになってしまいます。

 
まぁPcolleの作品は全部ヤラセのため、これは精巧に作り込まれたフィクションですが、
やがてそうしたことが現実に起こらないかと、おじさんは気を揉んでいるわけです。

 
 

さて。再生すると、映し出されるはこちらのJKちゃん。
うん。生活感がありつつ、なかなかにお祭りモード全開といった感じで。
普通っこいようでいながらガッツリメイク、スカートも普段より一回多く捲っていそうな。

お祭りというのは、偏差値によってその態様を変えるもので、
低くなるほど、不思議と猥雑に、カオスになってゆくものですが、
その中でもまだ正気を保っている彼女達や、周辺の状況から察するに、
恐らくは50前後とか・・・いわゆる、中流前後であることが窺えます。

 

あーほらほら。そんなにスカートを短くして・・・いけないんだぁ。
きっと普段であれば、短すぎて落ち着かないと思うはずですが、
この日だけはなぜか気にならなくなってしまう。それがお祭りクオリティ。

 

そんなイケナイ彼女に、そーっと後方からIN。
そこにはかなりトリッキーな、コミカル柄P(黒縁あり)がお目見え。
ンー・・・ちと狙いすぎでしょうか。確かにお祭りっぽさはありますが、
彼女は二つの意味で、履き違えています

黒kさんの機材は、ご覧のように近代の最先端を行く超高画質で、
本作は光量も多いことから、それがさらに火を噴いています。
仕込みは、靴とも鞄ともとれない、微妙な距離間からの打点で、
恐らくはこうしたハイリスクな環境において最適なものと思われます。

 

ほらやっぱり。短すぎて気になるんだべ?
ダメだよそんなに捲ったら。せめて学校の中だけにしないと。
・・・ってあれ、ここは学校の中なのか(苦笑)

 

彼女のPを、細部までご覧下さい。
よーーく目を凝らすことによって、そこにオリシーを敷いていることを確認
やはり猥雑さを演じていながら、きちんと躾のなったJKのようですね。

 

続いて、上履きも見てみましょう。
目の肥えた方であれば、これで彼女の学年や素行を推測されると思いますが、
ほどよく汚れていながら、そこに極端な傷みが見られないことからも、
やはり学校生活であまり無茶をしない、SJKぐらいかと拙者は見ます。
うーん・・・いい出汁が出そうな、理想的な熟成具合ですこと。

 
 

耐久は非常にお見事で、持ち時間の目一杯、ほぼずっと見えっぱなし。
彼女はこの位置から、ステージの催しを見ているようなのですが、
決して冗長とか、退屈と言ったことはなく、ちょこまかと動いてくれるため
そうなりがちな状況において、リズムを生み、映像を活性化させています。

 

うーむ、良い眺め・・・
昨今は、DKが在学中の目標として、
冗談か本気か、お祭り中の捕り物をすることなどを掲げているようですが、
そんなリテラシーの極まった状況で、微動だにせずこれだけぶら下がれる胆力は、
これまでのお祭り作品の歴史を振り返っても、そう見られたものではありません。

 
 

こんな風に、フロント側からの観測もあったり。
凄いですよね。ほぼゼロ距離で。一体どんな仕込みなんだろう・・・
彼女に警戒心がほとんど無いことも、追い風になっているのでしょうが。
ちなみに、ここでは彼女のぶら下げた鞄が、さりげなくパイスラしており、
その膨らみかけの胸の良さが味わえるのも、重要なポイントです。

 
 

ああっ、そんな、無邪気にはしゃいでしまったら・・・(汗)
次の瞬間、黒kさんの亀に向かってこぼれ落ちてくるのは・・・

 
 

パッカー。
見事、大股開きで、その急所を御開帳
あーあー、真面目そうなお嬢ちゃんにあって、そんなふしだらな格好をしては・・・

 

そして・・・そのプリントを、よーくご覧下さい。
彼女の、子宮への入り口に描かれている文字は、『I WANT ONE』。
・・・一体、何が欲しいというのでしょうか。

 
 

そうやってね、スマホばかりに依存して、辞書を引かないようになったから、
深く考えずに、とんでもないパンティを選んでしまうことになるんだよ。
それとも何かい?そんなに真面目そうで、ナンパなど拒絶しそうでありながら、
お嬢ちゃんまで求めていると言うのかい?この日、イケメンとのワンチャンスを。

 

総評・本日のベストカット

久しく見た、お祭り内における肝の太い映像です。黒kさんの動向は注意深く見守ってきましたが、ここに来て一皮剥けた感がありますね。胆力に欠く鳥師が多い昨今、パンチのある機材でどっしりとJKの前に構えており、そうしたメンタリティの面において、氏は現在の界隈において上位数名に入ると言えるのではないでしょうか。直近の界隈には「良いんだけど、●●がなァ・・・」という作品が多く、大抵その●●には顔撮りとP質が入るのですが、その例に洩れなかった黒kさんにあって、本作においてはなんとかクリアされており、今後の動向がますます楽しみになってきました。お祭りに限らず、様々なシチュエーションが見られることにも期待したく、またお祭りであれば、もう少し猥雑な階層からの映像などが届けられると、ここにいる人たちは喜ぶと思います(笑)ようやく、雪解けの季節が来たようです。

 
お祭り騒ぎvol.6【文○祭】
お祭り騒ぎvol.6【文○祭】

女の子 ★★★
パンティ ★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★★
実用性 ★★★★

ンーどうでしょうか。メリハリを付けるため、あえてこうした評点にしましたが、
ちょっと厳しすぎる気がするため、実用性を3.5からの切り上げとしました。
JKは、クオリティに異論はないものの、あとひとつ顔撮り時の角度が厳しく、
水平に近いアングルが求められたことから、心を鬼にして3.5からの切り捨て。
Pは・・・まぁ・・・結局のところ、これぐらいが妥当なんですかね?(苦笑)
もちろん、一定のシェアはあるもので、とんでもないプリントも評価できますが、
やはり王道のサテンなどと比べてしまうと、訴求力に欠くことは否めません。
あっでも、薄手ゆえに、恥丘の立体感が伝わってきたことは申し添えておきます。
この“あちらを勃てれば~”状態は、揚げ足取りのようで恐縮ではあるのですが、
そうした諸々が噛み合った時、黒kさんは『伝説』を残すことにもなるやもしれません。

2 Responses to “【Pcolle】超高画質文化祭パンチラ!その柄Pのフロントに刻まれたJKの主張を見逃すな!【黒kさん】”

  1. 56 より:

    I WANT ONE(笑)
    星の数ほどあるPの中から何故これをチョイスしたのか
    小一時間ほど問い詰めたいですね

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 星の数ほどあるPの中から何故これをチョイスしたのか
      > 小一時間ほど問い詰めたいですね
       
      単に、英語をよく理解していなかったから・・・と思いたいですが、
      やはり、欲しかったんでしょうかね・・・ONEが。
      1cm?失礼な。軽くその3倍はあります。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ