【Pcolle】お行儀の悪いポテニJK1ちゃんの股ぐらに滑り込んで得られたおぱんちゅの秘密【kakuregaさん】


メリークンニリングス!ムラサメです。
恋人たちがラブホを満室にし、イエスの生誕を冒涜する夜、いかがお過ごしですか。
一説によれば、この日のJKの『彼氏と過ごす率』は、JK総人口の23%とのことで、
そのうち『エッチをする率』は、驚くなかれ、なんと78%にまで上るそうです。
さらにその78%のうち、この日が『初夜』になるJKも、25%いるのだとか(全部嘘)

昨日から彼女のSNSを1000回ぐらいリロードしてますが、一向に更新がありません。
拙者はこの件で初めて、『子を持つ親の気持ち』が理解できたような気がします。
彼女は、本当に、特別です。初めて会った時から、異質なものを感じていました。
集団の中にいてもその魅力が秀でており、しかしそれは万人に見えるものではない。
ただ、拙者は確信していました。この子は、磨けば光る。まさに『原石』であると。
常々、色々なJKに目移りする拙者ですが、今期は彼女にしようと心に決めていました。

そんな、拙者が手塩にかけて、大切に大切に育ててきたJKが、
どこの馬の骨とも分からない、ヤリチンの小僧に喰われてしまうなんて。
拙者は早急に本日の更新を終えて、彼女のテリトリー内のホテル街へ行きます。
そこでパトロールを行い、彼女を保護し、淫行野郎を逮捕する必要があるのです。
ふぅ~、燃えてきたぜ。皆さん、明日の朝刊を楽しみにしていてくださいね。
一面の見出しは『JKに付きまとう変質者逮捕。マニアサイト運営か』に決定です。

 
さて今夜は、kakuregaサンタが届けてくれた4本のプレゼントのうち、
もうひとつの制服作品である、こちらのJKパンチラ動画をレビューします。

パンチラ小人目線☆☆(pa-to302)[お座り編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to302)[お座り編]
収録時間:04分20秒
収録人数:1名

 
昨日のギャル編から一夜明け、既に精巣が枯渇している中、こちらも買ってみました。
“芋”という事前告知がありましたが、『お座り』がどうしても気になったもので・・・
時に「座りパンチラ」には、芋やギャルといった宗派を超越する悦びがあります。
それは必ずしも、ケミカルなギャルが放つ光沢に幻惑させられるようなものではなく、
もっとこう、大草原で羊を見るような、平穏で牧歌的な“癒し”に似たものがあるのです。
無論、それを見ながら邪念を放出するという着地点は変わらないわけですが。

 

本作のモデルさんはこちら。芋・・・というより、ただ単に幼い印象がありますね。
薄藻がありますが、まずまず認証可能。一般的な家庭に育てられた、ごく普通のお嬢さんです。
舞台はkakuregaさんが時々スポットにされる『リアルお祭り』で、周囲はなかなかに騒がしく、
その中で、「普通のチョコあんじゃん」と、ちょっぴり荒い彼女の言葉遣いが印象的です。

お祭りが開催されていると言うことは、これは週末に撮影されていることが予想されます。
すなわち土曜日に授業がある学校。この時点で、底辺公立校である可能性は消えました。
ともすれば私立でしょうか。こちらの3人組からは、そんな育ちの良さを窺うことができ、
しかしそんな子達に限って案外ガサツであることを、次のシーンで思い起こすことになります。

 

どーん。お勉強はそこそこ出来るでしょうに、このM時ガニ股開脚
そしてその奥には、グレー地にドット柄の綿ぱんをゲット!
困りますよねぇ、おうちじゃないんだから・・・この辺の守備力は、底辺校の方が高いです。
なぜなら彼女たちは、Pが見えそうで見えない絶妙な塩梅を知り尽くしているからです。

 

サイドから覗いてみましょう。つくづく、kakuregaさんの動きは変幻自在ですw
そこには普通のドットに混じって、一つだけ大きめのドットがあることが見受けられますね。
ここへズリズリと、鞄を滑り込ませていくと・・・・・

 

はーん。いけませんねぇ・・・そこには大切なおぱんちゅを貫通した、シミが。
ここで我々は、彼女の育ちの良さに隠されていた正体を目の当たりにすることになります。
ダメじゃないかお嬢ちゃん。おしっこをした後はしっかり拭かないと、お母さんが大変だ。
あるいはこうした汚れを残さないために、オリモノシートを貼っている子だっている。
もうJKなんだから、自分のおぱんちゅは自分でしっかり管理しないといけないんだゾ!

 

本作は尺のほぼすべてがこちらのアングルに終始するため、Pがじっくり拝めます。
その分お顔の捕捉がいまひとつ足らず、この点は残念なことにほかならないのですが、
本当に小人になったようなこのアングルは、あまり見られるものではありません。

ところで、こうした膝裏って、どことなく彼女たちの局部を暗示しているような気がしませんか?

 
 

モザイクをかけると、そこはもう下から見上げた股間部にしか見えなくなります。
夏場はJKのわきの下などを見て、「この子は下付きか」などと想像するのも一興ですよね。
まだまだあどけない彼女のその部分が貫かれるのは、もう少し先のことになるでしょうか。
今夜は家族と一緒に、テレビを見ながらケンタッキーでも食べてくれていると良いですね。
以上、マニアサイト運営者の独り言でした。

 

総評・本日のベストカット

いやはや、つくづく氏の仕込みが分からなくなる作品でした。座りパンチラと言うと、M字でP丸出しで、顔が同時に見られて・・・というものを想像されがちですが、本作はそのほとんどがこのアングルに終始するため、顔がいまひとつ拝めないことは残念なのですが、逆にそうした作品では疎かになりがちな『接写』は、このぐらいの匂い立ちそうな距離感で楽しむことができます。これもまた稀有な画であり、kakuregaさんのような異質とも言える鳥師様にしか撮れ得ない映像でしょう。モデル質は思っていたよりニュートラルのため、芋嫌いの方も許容範囲内ではないかと思われます。真面目っ子の意外とガサツなところ、そしてロリパンに浮かんだあどけないシミに萌えてしまわれる方は必見。パンチラ動画って、本当に色々な種類があるものですね(笑)

 
パンチラ小人目線☆☆(pa-to302)[お座り編]
パンチラ小人目線☆☆(pa-to302)[お座り編]

女の子 ★★
パンティ ★★★
画質 ★★★★★
耐空時間 ★★★★
実用性 ★★★

モデル質は並だと思うのですが、いかんせん顔撮りが『ちらっと』なんですよね・・・
ここがもう少し強化されていれば、全体的な実用性も底上げされていたように思います。
Pは好き好きありましょうが、拙者的にこうした綿地は、あとひとつ訴求力に欠きます。
しかしシミは高く評価。kakuregaさんは、何気に汚パンティの多い作者様なんですよねw
通し番号で言えば本作が年内最後となるでしょうか、氏には本年もお世話になりました。
デジにPにと、目まぐるしい展開に対応してくださったことは、ほとほと頭が下がります。
どうか来年も、あまり隠れることなく(笑)、我々に驚きと悦びを届けてほしいものです。

 
 

おまけ

まだ終わりません。最近のkakuregaさんは、オマケ動画を後ろに加えているのですが、
本作はこの時点で、まだ4分41秒もの尺が残されており、それは本編の尺を上回ります。
そして今回のオマケは、嬉しいことに制服娘限定、計5名のJKが収録されており、
これだけで並みの投稿者であれば1本の作品にしてしまいそうなほどのボリュームです。

 

ただ・・・オマケ編は、本編以上に顔の修整が濃厚ですので、その点はお含み置きを。
こちらの彼女、今風に制服を着崩して、なかなかに良い雰囲気を醸し出していますが、
その顔撮りは、スローや一時停止を駆使することで、辛うじて認証できる程度です。
まぁ、逆に修整されていた方が幸せになれる、なんてこともあったりして(苦笑)

 

しかしこのパンティは裏切りませんね。拙者が一番好きなパンティです。
薄手のピンクサテン。厚手の超合金と比べ、クシュリなどの微妙な表情の変化が楽しく、
光沢の中にも硬さが希薄で、やさしく包み込んでくれそうな寛容性、包容力があります。
まさに夏服JKに最も映える、春の訪れが待ち遠しくなるような、そんな一枚です。

 
 

彼女のイエローも良かったですね。少し厚みがありますが、こうした金属質もまた一興。
頬をつけるとヒヤッと冷気すら感じられそうな、これも夏にぴったりの一枚と言えます。
縫い目のニュアンスも良く、これぞJK!と言えるような、教科書にも載せたい代物です。
履いている本人は、そんな冷気とともに、締め付けられている感も得られそうですよね。

 
 

一人飛ばしまして、こういう特殊な案件はいかがですか?
拙者はあまり好きくないですね。もっとこう、普通でいいんだよ?っていう。
JKのパンティは、あまり奇をてらわず、王道を狙っておけば間違いありません。
普段は彼女たちの集団心理を糾弾している拙者ですが、下着においては話は別です。

 
 

逆にこれぐらいまで特殊だと、ちょっと微笑ましくすら思えてしまいます(苦笑)
背伸びをする方向を間違えているところに、思春期特有の『青さ』がありますよね。
仮に拙者に娘がいて、こんなパンティを買って来たら焦燥に駆られそうなものですが、
むしろそれは、彼女たちの純潔を証明していると言えるのかもしれません。

 
 
撮れ高としては必ずしも芳しくなく、『あくまでオマケ』という認識が良いですが、
本編にあとひとつを求められていた方は、検討材料にされてみてください。
こうした中から、ランキングを席巻するような名作が生まれてくるんですね。
それでは皆さん、素敵なクリスマスを。

4 Responses to “【Pcolle】お行儀の悪いポテニJK1ちゃんの股ぐらに滑り込んで得られたおぱんちゅの秘密【kakuregaさん】”

  1. 玉三郎 より:

    メリークンニリングス!キモメン代表の山下達郎の歌もうるさいくらいかかってますね。

    ザーメンは夜更け過ぎに~ティッシュへ変わるだろう~最低ナイ~ぼっちナイ~♪きっと誰もいない~ひとりきりでクリスマスイブ~最低ナイ~ぼっちナイ~♪

    さぁ!安酒と半額の惣菜でクリスマスパーティだぁ!!ひゃっほう!!

    • ムラサメ より:

      > 玉三郎さん
       
      メリークンニリングス!コメントありがとうございます。
       
       
      > キモメン代表の山下達郎の歌もうるさいくらいかかってますね。
       
      そうですね。キモいですよね。日本人なら般若心教だろうと。
      戦時中みたいに、外来語が禁止になればいいと思います。
       
       
      > ザーメンは夜更け過ぎに~
      > (中略)
      > さぁ!安酒と半額の惣菜でクリスマスパーティだぁ!!ひゃっほう!!
       
      楽しそうで羨ましいです。
      拙者はパンチラ動画の整理をしていたらクリスマスが終わっていました。
      ハードディスクが、だいぶ軽くなりました。

  2. ボッキ丸 より:

    高偏差値なのに汚パンティ。拙者、アホアホマンに扮したリューイチ=サカモト氏を思い返しましたよ。
    まるでkakurega 氏が戦場のメリークンニリングスになぞらえ「メリークリスマス、ミスターボッキンス」とでも言っているようで、なんとも心にくいクリプレです。

    それと妨害工作のアイデアですが、ドリフの大爆笑のテーマ曲を使いませんか。これはロマンティックが不可能になる呪いの曲なので、ことあるごとに聴こえてくれば、セックスを破壊できます。
    着信音にでもしてオキニの周囲で流せば、恋愛すらできなくなると思います。処女必至です!

    • ムラサメ より:

      > ボッキ丸さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 高偏差値なのに汚パンティ。拙者、アホアホマンに扮したリューイチ=サカモト氏を思い返しましたよ。
       
      案外、勉強に集中しているため、下半身は疎かになってしまうのかもしれませんね。
      美意識の高いギャル系が汚パンティというのは、あまり見られない気がします。
       
       
      > まるでkakurega 氏が戦場のメリークンニリングスになぞらえ「メリークリスマス、ミスターボッキンス」とでも言っているようで、なんとも心にくいクリプレです。
       
      そうかもしれませんね。
       
       
      > それと妨害工作のアイデアですが、ドリフの大爆笑のテーマ曲を使いませんか。これはロマンティックが不可能になる呪いの曲なので、ことあるごとに聴こえてくれば、セックスを破壊できます。
       
      ちょっと、ドリフって・・・世代が違いすぎますよ(苦笑)
      彼女はまだ15歳ですからね、加トちゃんすら知らない恐れがありますよ。
      なお、ホテル街で彼女に会うことはありませんでした。
      ようやく更新されたSNSには、某所にイルミネーションを見に行ったことが報告されていました。
      男と一緒に映る彼女の表情は、ものすごくいい笑顔でした。

コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolle最新投下10作品!

カテゴリー

このページの先頭へ