【Pcolle】退廃的ギャルのフロントに超粘着!そこに垣間見るギャルの秘められた乙女心【zombyさん】


こんばんゎ、ムラサメです。
ようやく寒さはピークを抜け、徐々に暖かくなるようです。
久しぶりに昼ごろまで寝坊して、YouTubeで可愛いネコの動画を鑑賞。
お腹が空いてきたので、近所に新しく出来たパスタ屋に行ってみることに。
朝夕はまだ冷え込むけれど、日中の気候は何とも清々しく、過ごしやすい。
そうだ、最近は更新ばかりしていたから、久々にマッサージにも行ってみるか。
どうせ大した新作も出ていないだろうし、今日は思いっきり羽を伸ばそう。

春の訪れを感じさせるような陽気に、うきうきしながら、
駅へ向かう角を曲ったところで、目に飛び込んでくるクソミニ。

 
邪、邪、邪・・・・・
自分の脳内が、一瞬で邪念に侵されていくのが分かりました。
なんだったら今日は、マッサージの後にゴミ拾いをしようとしていたのに、
そうした真っ白い心を、たちまち黒く塗り潰してしまうクソミニの有害性。

 
許さん・・・クソミニJK・・・許さんぞ・・・
そうした邪念に呑まれながら、今日もPcolleをさ迷っていると、
zombyさんという作者様を見つけましたので、今夜はこちらをレビューします。

【i luv jk】目の前にいるよ
【i luv jk】目の前にいるよ
収録時間:04分34秒
収録人数:1名

 
こちらは、この閑散期に突如として現れた、zombyさんのデビュー作。
サムネでは、既に新人離れした撮れ高が躍っているようですが、
氏もまた、ここ最近の市場を席巻している“チート使い”の仲間なのか、
それとも、BIGネームへと成り上がる大型新人様となるのでしょうか。

ところで、最近のPcolleの売れ筋の傾向として、
顔とPがはっきり映っていれば、一定数売れるんですよね。ヤでもガでも。
特に顔は、全身像よりも、胸から上ぐらいのアップのほうがいいみたいです。
それだけユーザーが、Pの主の顔に重きを置いているということでしょうね。
ヤ業者の皆さんは、せっかくなのでその辺りを意識されると良いかもしれません。

一方、Pは当然、まるで蛍光灯で照らしつけているかのような超絶高画質で、
画力の強いカットがあれば、これもまた一定数売れている傾向にあります。
顔とPが、しっかりくっきりはっきり。基本的なことのようではありますが、
ヤ業者の作品でさえ、どちらかを欠いているものが散見するように思います。
それほどにパンチラ撮影というものは、時の運にも左右されるのでしょうか。
そこへいくと本作などは、非常にリアリティがある気がするのですが・・・

 
まぁ当然、『顔出し』は、被写体が最も気にするところでしょうから、
やり過ぎてしまって、後からモメるのを恐れているのかもしれませんが(苦笑)

 
 

さて。本作の主演女優を務めていただくのは、こちらのギャル。
かろうじて制服を着ているから、「JKなのかな?」と分かるものの、
これで私服でいられた日には、間違いなく出勤前のキャバ嬢と見紛うでしょうね。

退廃感が強そうでありながら、鞄にはプリンセス系の飾りなどを着けており、
案外、『女の子っぽい一面』があることを窺わせています。

 

車内へ移っても、顔撮りは継続。
うん。この意識の高さは素晴らしいですね。
昨今のパンチラ動画は、顔とPがしっかり見られてナンボですから。

ところで、彼女のこの三角地帯。
非常にイイところまで行っている気がするのですが、
どういう理由か、あとひとつ成就しないのが、パンチラ七不思議・・・

 
 

と思ったら、見えた。
採光も微妙ですし、さすがに分が悪いかと思いきや、
鞄をリュック状に背負い、浅く腰掛けていたことで、
そこにしっかりと、尊いモノの幻影が・・・

 
 

JK、降車。
当然のように、後に続くzombyさん。

 

そして光量の良いところで、改めて・・・
彼女のこの、美しい純白を収めることに成功します。
ふむ・・・この退廃感でありながら、プリンセス系の飾りに、白とな。
こうしてJKの隠された本性を知ることができるのも、パンチラマニアの特権です。

 
 

乗り換えの車両待ちでは、前方から背面撮りを行うことで、
ご覧のように、フロントを収めることに成功。
激ミニスカート、かつ被写体がスマホに集中していることが条件になる高難度の技ですが、
このウルトラCを成就させてしまう氏は、いったい何者・・・

 
 

車内へ移り、ここでもなお執拗にフロント撮り。
多少リーチがあろうと、短すぎるため余裕で捕捉できます。
もうひとつパンチが欲しい。そう思ったのか、ここでzombyさんは・・・

 

彼女の真正面にIN。
ここでのフロントは、圧巻の2分超を記録します。
この攻撃性、そして胆力・・・
さすがにちょっと、駆け出しの飛行とは思えません。

 

ちらっ、ちらっ、と、顔を覗かせることで、
顔同時フロントも成立。じつにお見事・・・

 
 

最後は再び降車後を、ダメ押ししてフィニッシュ。
子供が避けて歩きそうなほど、痛烈なギャル性を漂わせておきながら、
『純白』という、慈愛に満ちたパンティをチョイスしている彼女・・・
本当は、自分の本質を理解してもらえずに、人知れず悩んでいるのかもしれません。

 

総評・本日のベストカット

と言うわけで、期待の新人様・zombyさんのデビュー作を見てきました。まとまりのある構成でありながら、そこに高難度のフロントを絡めつつ、一個体に対して顔撮りを含め4分超の撮れ高を獲得されていることは、やはり新人離れしていると言うべきではないでしょうか。被写体は、ある意味では前時代的とも言うべきギャルで、昨今では一部のスラム地域を除いて稀少になりつつある系統ですが、そうしたものを回顧したい方にとっても有用な作品となるでしょう。続々と作品数を増やしてほしいと思う一方で、なぜかすぐに消えてしまうような気もしてなりませんが、ひとまずは頼れる新人様がこの閑散期に名乗りを上げて下さったことを喜びましょう。

 
【i luv jk】目の前にいるよ
【i luv jk】目の前にいるよ

女の子 ★★★★
パンティ ★★★★
画質 ★★★★
耐空時間 ★★★★★
実用性 ★★★★

まずはこちらのご祝儀評点にて。
終始明るさには恵まれないため、画質は実質3.5ほどでしょうが、
60fpsでヌルヌル動く非現実的な映像には、やはり訴求力があります。
女の子は、系統はさておき、もうひとつ正面顔バチがあればなお良く、
されどこれだけそこに執着されている作者様は、昨今では貴重です。
レンズを剥き出しにして、対象の前で微動だにしない胆力はお見事で、
こうした実績のある人こそが、ヤ●セのパンチラなどを使った日には、
素人目には、とても見破れないものになるように思いました。
zombyさんには、ぜひこの作風を続けていただきたいところです。

6 Responses to “【Pcolle】退廃的ギャルのフロントに超粘着!そこに垣間見るギャルの秘められた乙女心【zombyさん】”

  1. エアー より:

    レビューありがとうございます。

    この退廃した界隈にAさんの帰還でしょうか?

    私をこの世界に引きずり込んだと言っても過言ではない、歴史を変えた人物がここにきて復活ともなれば胸が高鳴ります。

    • ムラサメ より:

      > エアーさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > この退廃した界隈にAさんの帰還でしょうか?
       
      どうでしょう。ちょっと様子を見に来られただけかも?笑
      氏が帰還すれば、退廃した界隈は一気に勢いづくんですけどね・・・
       
       
      > 私をこの世界に引きずり込んだと言っても過言ではない、歴史を変えた人物がここにきて復活ともなれば胸が高鳴ります。
       
      そうですか。やはり氏はそれほどに、カリスマ・・・
      その後のパンチラ作品のクオリティを一段押し上げた作者様ですからね。
      JK達にとっては、とんでもない人ということになるのかもしれませんがw

  2. 56 より:

    どうやら流れは来なかったみたいですね
    これはヤらしい動画だと思ってたのですが違ったって事でしょうか
    アレとかソレとかと同じ作風に見えたので…

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > どうやら流れは来なかったみたいですね
       
      あちらはちょっと、JKがその、強すぎて・・・・(苦笑)
      拙者的には、これぐらいのギャル感が丁度いいです。
       
       
      > これはヤらしい動画だと思ってたのですが違ったって事でしょうか
      > アレとかソレとかと同じ作風に見えたので…
       
      ガんばっていると思います。
      ク●オネ一強時代に殴り込みとなるでしょうか。新作が待たれますね。

  3. 禁欲の壺 より:

    記事が同じ作者4連発って何なんだろう…と思いつつ
    高いけど物は試しと一つ購入してみれば販売者名はゾンビで
    ファイル名はalive つまりは死んだと思われたが生きていた
    そして※欄のやり取りで色々と浮かぶ推測
    これはムラサメさんに個人的に連絡いれたかな?
    映像の中身よりもそういう所にガガガSP

    販売サイト・販売者・アフィリエイター・購入者
    win×4の関係がそこにあり嫌な思いをする人間は居ない
    バレさえしなければ

    • ムラサメ より:

      > 禁欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 記事が同じ作者4連発って何なんだろう…と思いつつ
       
      それほどに、新作が出ていませんでしたから・・・
      他の投稿者様に対する、当てつけの意味はあります(笑)
       
       
      > これはムラサメさんに個人的に連絡いれたかな?
       
      ないですw
      個人的に嬉しいaliveだったので、あえてオーバーリアクションとしてみました。
      提灯レビューの類はこれまで一度もしたことありませんです、はい。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

Pcolleリアルタイムランキング

カテゴリー

このページの先頭へ