無駄な抵抗はやめろ!ガードしているのに見えちゃう意味なし押さえパンチラ14連発www


こんばんゎ、ムラサメです。
コロナのせいか、セールのせいか、まるで新作が出てきませんね。
あまりにもネタが無くて、初音ミクのパンチラ特集なんて血迷った企画を練っていたら、
コメント欄にスパイシーなリクエストを頂戴したため、今夜はそれをやります。

名づけて、『意味なし押さえパンチラ』
丈を必要以上に捲っているJKに限って、階段でスカートを押さえやがるものですが、
そこに皆さんの多くが、「だったらそんなに短くすんなよ。アホなの?」などと、
失笑しつつも、巨大なフラストレーションを抱いておられるのは分かります。

そうです。それは後ろにいる男達を侮辱する、失礼極まりない行為。
奴らは我々全員をスケベ認定して、露骨にガードをかましていやがるのです。
ふざけんなし。べつにお前らのパンティごとき見たくねーし。
つーか誰が覗きやねん。誰が盗撮犯やねん、いてまうどゴルァ!!

今夜はそんな皆さんの怒りを代弁し、JK達に反省を促す企画となっております。
ぜひ皆さんの声がJK達に届き、悔い改めるきっかけとなってほしいものです。

 
なお以下は、すべて現在も購入できるパンチラ動画より抜粋しているため、
「動画で中身がもっと見たいゾ!」と言う方は、リンク先サイトを参照下さい。
今はセール期間で安く買えますからね。皆さんが本当に羨ましい!

 
 

case.1

この企画を行うに当たり、まず初めに注目したのがふみよへさんでした。氏の撮るようなヤンキーちっくなJK達にこそ、この愚劣なガードをしている印象が強くあったからです。案の定、そこにはいくつもそんな場面が見られましたが、その中で最も露骨だったのがこちらの瞬間です。彼女はふみよへさんから何日にもわたってストークされたJKですが、それだけの理由でこうも嫌味のように押さえるのは心外というものです。ちなみに恥ずかしながらノーマークでしたが、氏は今回のセールに初参戦されていますので、気になった方はラインナップをチェックしに行ってみましょう。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.2

理想を言えば、「押さえていながら見えている」方が企画の趣旨に合うのでしょうが、それでは数が稼げない生憎そこまで脇の甘いJKはごく少数のため、このぐらいのものも含めております。ただし、その前後でしっかりと生Pが見られるJK達です。奴らの姑息なガードには苛立ちを禁じ得ませんが、最低限の誠意を見せているという意味では大目に見ないこともありません。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.3

こいつら、後ろに男が乗ることを事前に把握しているのでしょうか。それともふみよへさんが、ただならぬ気配を発して(ry

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.4

こちらはkinsyo-eagleさんの、言わずと知れた青チェですね(笑)やはり生意気で扇情的なJKほど、警戒心がひときわ強い印象があります。狂ったような露出を繰り広げているブランドJK達も、ご多分に漏れず猪口才なガードは健在。本作ではお祭りシチュエーションを含め複数のJKが登場しますが、そのほとんどが露骨に撮影者を意識しており、彼女達のアンテナが研ぎ澄まされていることとは別に、何かほかに理由があるような気がしないでもありません。氏の作品は、事情があって当サイトではあまりご紹介できていないのですが、そのラインナップの中にはこの『意味なし押さえ』が頻繁に見られるため、そこにフェティシズムを見出されている方はチェックすべき作者様と言えるかもしれません。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.5

懐かしいところでは、John Doeさんの作品から。こちらは青チェと双璧を成す『赤チェ』で、やはり扇情的なスカートゆえに注目を浴びるであろう彼女達も、こうして露骨なガードをしていました。この日はたまたま重ねるのを忘れたから慌てて押さえているのか、それとも普段から意識せずとも押さえてしまうのか。折り入って彼女達に聞いてみたいものです。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.6

完全に気配を消してしまっているkakuregaさんの作品にも、意味無し押さえがありました。氏は階段シチュエーションが非常に多い鳥師様という認識でしたが、意外とこれをやっているJKの姿は多くありませんでした。これは後ろにいる者がどれほど“気配”を発しているかということとは別に、氏の撮影するJKが比較的お利口さんが多いためと思われます。意味無し押さえパンチラを狙うのであれば、やはり退廃感漂うクソ生意気なJKの後ろに張り付くのが最も効率的と言えるでしょう。お元気でしょうか。そろそろ、生存確認を・・・

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.7

ぱんの耳さんの大名盤にも、露骨な押さえがありました。やはりこれぐらい都会に慣れたJKは、当然に押さえますよね。もはやそこに、悪びれる様子とか、後ろの男に対する申し訳なさのような感情は皆無で、まるで挨拶でもするかのように手軽に押さえつけています。お嬢ちゃんね。それによっておじさん達が、どれほど傷付けられているか考えたことある?

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.8

ちょっと番外編。こちらはろっくさんによるめくり作品ですが、この方の場合には押さえられるだけの理由があります(苦笑)しかしそれでも構わずめくってしまうという、最近のめくり師の攻撃性を象徴するようなシーンです。画像下部の矢印を、ゆーっくり上に持ち上げてみましょう・・・。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.9

同じくろっくさんの作品より、氏が主食とされている青チェですね。この企画でも頻繁に顔を出してくる青チェ、恐るべし。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.10

ここからは全部クリオネさんです。やはりこの方の作品からこそ、本企画の趣旨となるシーンは最も多く見られました。氏の提唱する『オシャレで大人っぽいJK』、だからこそ、手で押さえるなどという悪習を作法などとして心得てしまっているのかもしれません。あどけないお芋ちゃんから、退廃的なギャルまでモデルの系統に振り幅のある氏の作品ですが、その中で彼女は「普通っ子」。しかしながら、狂ったようにスカートを短くしてしまうのは、やはり同調圧力によるものでしょうか。本当は恥ずかしくて仕方ないのに、みんながしているから、ハブられたくないからという理由でスカートを捲る。そして、階段では頑張って押さえつける。多くの友達が、しっかりと重ねているとも知らずに。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.11

彼女も普通っ子ですが、やはり同じような理由からスカートを短くしてしまうのでしょう。そして、ガードする。こうして両手で押さえつけていると、同じガードでも「本気さ」が伝わってきますが、あえてそこをビシッと密閉しないあたりには、ともすると彼女なりの誠意とか、申し訳なさのような感情があるのかもしれません。後ろのおじさんごめんなさい。本当は失礼なの分かっているんですけど、パンティ見えちゃうのは恥ずかしいので・・・。大丈夫だよお嬢ちゃん。今さら押さえなくても、その前後でしっかりと撮らせてもらっているからね。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.12

彼女も、必ずしも退廃的というわけではないんですよね。しかし、スカートの短さで可愛さを競うような組織に属しているからこそ、その競争に望まぬ形で参加させられるJKも多く、結果、そうした“あまり乗り気でない”JK達が、恥ずかしがってスカートを押さえているという節もあるでしょう。そのパンティは、恐らくは彼女にとっても相当なチャレンジであったろうトロピカルフラワー柄で、なおのこと誰にも見せたくないものだったのかもしれません。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.13

こちらは退廃感の象徴とも言うべき、灰チェックの組織に属するJK。一見、炉利っぽくもある彼女ですが、やはり所属する場所を間違えると、こうした狂った露出に付き合わされることになるのでしょう。そしてそれを恥じらうように、押さえつける。本気で退廃したJK達が、男達への意地悪や当てつけで押さえつけているのに対して、彼女のそれには「必要に迫られて」やっている感じがあります。だからと言って、それが我々に対して失礼なものであることは何も変わりません。たとえスカートを長くすることでボコられるような環境にいようと、己が正義を貫くべきではないでしょうか。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

case.14

ラストは、そんな退廃感の元締めのようなJKで締めましょう。こちらは例外的に階段ではありませんが、平地でもことごとく押さえつけるバチ当たりなJKであったことから採用することにしました。もはや確信犯的な露出をしておきながら、おじさんは一切シャットアウト。もはやそこには恥じらいとか、意地悪といった感情すら無く、「ここから先は有料ですよ」と課金を促しているようにさえ見えます。彼女達はJKでありながら、本能的にストリップ嬢さながらの“焦らし”や“魅せ方”を弁えているのかもしれません。JKというのは、つくづく恐ろしい生き物ですね・・・。

この作品の商品ページはこちら)(レビューはこちら

 

まとめ

というわけで、街角で散見する『意味なし押さえパンチラ』、その許されざる所業を一気にまとめました。同じような押さえですが、その心理を紐解くと、こうもバリエーションに富んでいたことには、皆さんも驚かれたのではないでしょうか。個人的にはどれも腹立たしいですが、やはり最もトサカに来るのは、あざと可愛い系のJKが嫌味ったらしく押さえつけるやつですね。コメント欄に、一件だけではなく定期的に何度かリクエストが寄せられていたため、それほどに彼女達のこの行動には強い需用があるのだと思います。なお、真のマニアは「押さえ付けるからいいんじゃないか」なんて仰るようですが、拙者はまだその境地には達していません。それは拙者が、坊やだからでしょうか。

16 Responses to “無駄な抵抗はやめろ!ガードしているのに見えちゃう意味なし押さえパンチラ14連発www”

  1. 淫欲の壺 より:

    case7の様な押さえ方は(映像として見る分には)むしろ好きです
    一応押さえておかなきゃという認識はありながら警戒心は緩く
    それ故に時折スカートから手を放してしまっているのですが
    そこに恥じらいと無防備さの丁度良いバランスがある様に感じます

    高校時代に社会科の教師が教卓で熱弁してました
    自分でスカート短くしておいて手で隠してんじゃねーよと
    勝手に覗き魔扱いされてる様で腹が立つと言いたかったのでしょうか
    彼が色んな教室で熱弁を振るったお陰かは知りませんが
    うちの高校ではスカートを押さえる女子はほぼ居ませんでした

    覗けば良かったです

    • ムラサメ より:

      > 淫欲の壺さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
        

      > 恥じらいと無防備さの丁度良いバランスがある様に感じます
       
      やはり皆さん、そういうところに興奮されているのでしょうか。
      彼女クラスになると、とりあえず脊髄反射的に押さえてますよね。
       
       
      > 高校時代に社会科の教師が教卓で熱弁してました
      > 自分でスカート短くしておいて手で隠してんじゃねーよと
       
      なかなかにパンクな師をお持ちのようで。
      今であればセクハラだと騒がれ、SNSで吊るし上げられそうですねw
       
       
      > 彼が色んな教室で熱弁を振るったお陰かは知りませんが
      > うちの高校ではスカートを押さえる女子はほぼ居ませんでした
       
      素晴らしい活動家と思います。支援したいです。
      その調子で、姑息な重ねも引っぺがしてもらいたいですね。

  2. 56 より:

    いやー、思ったより楽しかったです。テーマ別に作品を分類してみるというのは
    面白いかもしれないですね。ツボにハマる人にはハマるでしょうし。
    新作不足でネタに事欠くムラサメさんの為にも何かアイディアを出そうと
    3分ほど考えたのですが残念ながら何も出ませんでした。

    • ムラサメ より:

      > 56さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > いやー、思ったより楽しかったです。テーマ別に作品を分類してみるというのは
      > 面白いかもしれないですね。ツボにハマる人にはハマるでしょうし。
       
      さりげなくセールにも誘導できましたしね。
      色々と考えているのですが、ほとんどがパンチラHOLICのまとめ記事になってしまいますw
       
       
      > 新作不足でネタに事欠くムラサメさんの為にも何かアイディアを出そうと
      > 3分ほど考えたのですが残念ながら何も出ませんでした。
       
      では今日はその700倍ほど考えてみてください。
      思い付くまで家から出てはダメです。食事もなし。

  3. サイレス より:

    押さえは結構好きです。
    手で握ってもらう想像をしたり(何をとは言いません)、
    JKの手を自分の手に置き換えて尻を触る想像をするなど
    普段と違ったアプローチが出来るのがいいです。

    個人的にはろっくさんの004の24の子も好きです。
    005の28の方が順番としては先っぽいですけど
    JKの必死さが伝わってきます。
    後に(応援付き)になるあたり、相当の強者ですよねw
    撮影手記を出されたらぜひ読んでみたい作者さんの1人です。

    • ムラサメ より:

      > サイレスさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 手で握ってもらう想像をしたり(何をとは言いません)、
      > JKの手を自分の手に置き換えて尻を触る想像をするなど
      > 普段と違ったアプローチが出来るのがいいです。
       
      確かにあの手が、エロチックであることは否めません。
      あんなタッチで、触れてみてもらいたいですよね。何をとは言いませんが。
       
       
      > 個人的にはろっくさんの004の24の子も好きです。
      > 005の28の方が順番としては先っぽいですけど
      > JKの必死さが伝わってきます。
       
      そりゃ必死にもなりますよ。なにせめくられているのですから。
      しかし、それでも振り返れないんですよね彼女達は。
      自ら、短くしていると言うのに。
       
       
      > 撮影手記を出されたらぜひ読んでみたい作者さんの1人です。
       
      販売を終えた作者様は、撮影手記でもうひと稼ぎしてもらいたいですねw
      ついでに、仕込みの暴露も(ry

  4. ジェケ・パンチラーノ・シコルスキー より:

    自分で短くしておきながら、キモオヤジに見られたくないからと必死でスカート押さえるクソミニJKが大好物なので、今回の企画めっちゃ楽しめました。
    おかげでJohn Doeさんの赤チェで精子出す夫になりました。本当にありがとうございます。

    急な自分語りになるのですが、私はバードウォッチングが好きなんです。
    特にふみよへさんの「ふ その6」のような鳥を撮る映像が大好きなのです。
    でもそのような美しい映像をあまり拝見する機会がほとんどありません。撮影条件がシビアなので当たり前っちゃ当たり前なのですが(笑)

    ムラサメさんはバードウォッチングは好きですか?
    もしそれらの特集が組めるほど資料をお持ちでしたら、今回の企画のように発表していただけたら、私は泣いて喜びます。

    • ムラサメ より:

      > ジェケ・パンチラーノ・シコルスキーさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 自分で短くしておきながら、キモオヤジに見られたくないからと必死でスカート押さえるクソミニJKが大好物なので、今回の企画めっちゃ楽しめました。
       
      やはり重要あるんですねー。
      ある意味、JKパンチラに求められている重大な要素の一つなのかもしれません。
      赤チェちゃんも、数年越しに殿方の役に立てて喜んでいることでしょう。
       
       
      > 急な自分語りになるのですが、私はバードウォッチングが好きなんです。
      > 特にふみよへさんの「ふ その6」のような鳥を撮る映像が大好きなのです。
       
      わかります。これも相応に需要のあるコンテンツでしょうね。
      しかし・・・こればかりは、同士討ちがあり得ますからね(苦笑)
      そこらのザコなら、べつに構わないんですが・・・
       
       
      > 特集が組めるほど資料をお持ちでしたら、今回の企画のように発表していただけたら、私は泣いて喜びます。
       
      処方箋18、小人目線174、兎83・・・
      拙者の口から言えるのは、そんなところでしょうか。

      • ジェケ・パンチラーノ・シコルスキー より:

        ジェネリックは既に処方されていましたので、かくれんぼのお上手な方の作品を新たに購入致しました。

        買おうか迷ったのですが、私には少し毛並みが灰色に見えたので兎さんは保留に致しました。

        ムラサメさん大変に有意義な情報をありがとうございました。

        • ムラサメ より:

          > ジェケ・パンチラーノ・シコルスキーさん
           
          こんばんゎ、コメントありがとうございます。
           
           
          > 買おうか迷ったのですが、私には少し毛並みが灰色に見えたので兎さんは保留に致しました。
           
          毛色を重視されるのであれば、無難なご判断かと思いますw
          それにしても、かくれんぼはいつまで続くのでしょうねぇ。
          終わったことを知らされず、延々と隠れ続けておられるのでしょうか。

  5. ポルチーニ より:

    スカート押さえるJKは数えきれないほど見てきましたが、やっぱり胸糞悪いです。
    NINJAさんにブッカケられればいいのに。

    • ムラサメ より:

      > ポルチーニさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > スカート押さえるJKは数えきれないほど見てきましたが、やっぱり胸糞悪いです。
       
      そうですよね。実際に立ち会うと、愚弄されている気しかしません。
      そんなJKには、傍でおならをしてやります。
       
       
      > NINJAさんにブッカケられればいいのに。
       
      久々に、あの『ふうましゅりけん』にお目に掛かりたいものですね。
      これぐらい短いスカートも狙ってほしかった・・・

  6. 学会 より:

    ムラサメさん、ありがとうございました!

    ふみよへさんの11をすりきれるほど見ている自分にとって、ホリックはコンプリートしてましたが数が多く見落としていたのがあり、この記事を永久保存したいくらいです。

    見られないように押さえてるけど、それを強引に覗き込むのがたまらないのでGWでしっかり堪能したいと思います笑
    またお願いします!

    • ムラサメ より:

      > 学会さん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 数が多く見落としていたのがあり、この記事を永久保存したいくらいです。
       
      お役に立てたようでなによりです。
      ぜひ、プリントして玄関に飾っていただければと思います。
       
       
      > 見られないように押さえてるけど、それを強引に覗き込むのがたまらないのでGWでしっかり堪能したいと思います笑
       
      この手ひとつで、やはり皆さん各々に楽しみ方を見出されているのですね。
      拙者はむかつくので、その手をちょん切ってやりたいです(笑)

  7. ぽぽむ より:

    ありましたね〜、見逃していた名作が。きっかけを作ってくださってありがとうございます。今回自分はふみよへさんの「【再販】ふ その11」を入手したのですが、これは押さえパンチラの傑作じゃないかと。全く意味をなさない丈のスカートからこぼれる生尻・生Pが股間にキました。

    ところで、私の中で押さえパンチラは「必死で押さえても見えてる系」と「隠す気も大してないゆるゆるおバカ系」の2系統に分かれ、前者はその隙を突く支配感を、後者は頭と股の緩さを嘲笑う優越感を……といった具合に味わい方も異なります。

    ふみよへさんの狙うあの灰色スカート校はゆるゆるおバカ系の宝庫らしく、ぜひ聖地巡礼をしたいところですが、少々田舎にあることもあって、なかなか機会を得られないままコロナ禍に入ってしまいました……。

    • ムラサメ より:

      > ぽぽむさん
       
      こんばんゎ、コメントありがとうございます。
       
       
      > 全く意味をなさない丈のスカートからこぼれる生尻・生Pが股間にキました。
       
      とりあえず悪気もなく、ただなんとなく押さえているんですよね。
      その丈こそが、悪意に満ち満ちているわけですけども。
       
       
      > 押さえパンチラは「必死で押さえても見えてる系」と「隠す気も大してないゆるゆるおバカ系」の2系統に分かれ、前者はその隙を突く支配感を、後者は頭と股の緩さを嘲笑う優越感を……
       
      なるほど、仰る通りですね。言語化していただいてスッキリしました。
      ぽぽむさんは、商品解説文などを書くのもお上手そうですね。(チラチラ
       
       
      > ふみよへさんの狙うあの灰色スカート校はゆるゆるおバカ系の宝庫らしく
       
      ああいった属性の組織は、各地域に点在するものですね。
      クソミニ市とはまた違った、特有の退廃感があると思います。


コメントを残す(承認後に公開されます。非公開希望の方は記載下さい。)

サブコンテンツ

カテゴリー

プロフィール

murasameicon
管理人:ムラサメ

真面目なJKに興味なし。ギャル・ヤンキーも、ちょっと古い。右手にスマホ、左手にタピオカ、短いスカートに真っ赤なリップ、前髪の造形に命を懸け、成績よりも『いいね』の数がステータス。そんなアイドル気取りのJKを追求する管理人が、彼女たちのパンチラを通して世の中を良くしていこうとしている社会派ブログです。

はじめにお読みください



副管理人:ホーリーランス

あまり大きな声では言えませんが、Pcolleにはヤラセ動画に混じって、実は『ガチの盗撮映像』が売られています。僕がレビューするのは、そういうマニア達にとって本当に価値の高い作品のみです。真のマニアを豪語するなら、僕について来て下さい!!

僕が書いたレビュー一覧はこちら

あなたにおすすめの記事

アダルトサイトの決済には、Vプリカ!

オワコン過疎サイト。過去作の収集に。

logogcolle

管理人Twitter

このページの先頭へ